• 我が家のアナーキー事件
    友人のきなこさんの家の天井には穴が開いているそうで、
    なんでそんなことになったかというと、

    ご主人が家の中でゴルフをやったから♪


    monakapuku.jpg
    ぷくはなぜかハチヅラ着用中。


    この天井アナーキー事件を聞いたときは、
    「信じらんない!何で家の中でゴルフすんのよ!」
    と怒るきなこさんを見ながら、(* ̄m ̄)プッ と他人事のように
    笑っていた私であった。

    そんな薄情な私の脳裏に、突然ある記憶がよみがえる。
    ああっ!そういえばあたしにも似たような経験がある!と・・・。

    あれは約5年前、今とは別の家に住んでいたときのことだ。
    なぜきなこ家の「天井アナーキー事件」を聞いたときに
    このことを思い出さなかったのか不思議だが、
    夕べ寝る前に、突如思い出したのだ。

    正真正銘の実話なのだが、
    そう、あの日我が家の壁に、突然穴が開いた。
    なんでそんなことになったかというと、

    夫が家の中でアイスホッケーをやったから♪


    s-P1170703.jpg
    今もうちにあるアイスホッケー道具たち。


    あのとき頭にきて私は
    「信じらんない!何で家の中でアイスホッケーすんのよ!」
    ってきなこさんと同じ顔して言ったっけ・・・。(遠い目)

    てか家の中でやってる時点で、アイスじゃなくて、ただのホッケーかも、
    などと思いつつ、そんなことどうだっていいんだよ!
    怒りがよみがえってきた私は、ガバっと起きて
    「そういえば5年前に家の中でアイスホッケーして壁に穴開けたねっ!」
    とおもむろに夫に言うと


    え?そうだっけ?( ̄▽ ̄)


    ・・・・・・。
    5年前のことを今ごろ持ち出すあたしもあたしだけど、
    きれいさっぱり忘れてる夫も夫だわ・・・。


    s-P1160303.jpg


    否めないな。



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←ポイントがまっさかさまに落ちてデザイア。



    コメントは承認後に公開となります。


    本日もまたRead Moreをクリックすると、携帯カレンダーが。
    続きを読む
  • 生えてるものは使う
    笑った。
    笑っていいのか分からないけど、笑ってしまった。
    刑務所グラウンドに大麻草が生えてたというニュース。
    北海道網走市の網走刑務所のグラウンドに、大麻草が自生していて、
    受刑者が発見したんだそうな。

    よりにもよって、そんな場所に自ら生えてこなくたって、大麻。

    というか本当に自生だったのかしら。( ̄ー ̄;


    s-P1170446.jpg


    生えるというと、ウチの庭には大麻ではなく、レモンの木が生えている。
    さっきふと見たら、たくさんのレモンが生っていた。
    春が近づいてきた証拠だねー。


    s-P1170649.jpg


    このレモン、せっかくたくさん生っているけれど、正直あまり使わない。
    レモンの使い道が、イマイチ分からないのだ。
    揚げ物にちょっと絞るとか、たまにお料理に使う機会はあるけれど、
    それにしたってほんのちょっとでいいし、そうそう毎日使わないし。
    で、友人のゆうさんにレモンの使い道を聞いたら

    「ハチミツに漬けてタッパーに入れて、部活の後に

    はい先輩!どうぞ!(*゚∇゚)

    って出すんだよ!」

    としか教えてくれないし。
    てか部活入ってないし。
    てかオトナだし。


    s-P1170654.jpg


    どうでもいいことですが、
    レモンを見せると、ぷくはトロ~んとした顔になることが判明。


    s-s-P1170657.jpg


    何なのかしら。 半目こえーよ・・・。
    猫にマタタビ、ぷくにレモン。

    で、この豊作レモンをこのまま利用せずに腐らせるのも勿体無い。
    そこで私は作りました。
    美味しい自家製オーガニックレモンジャムを!
    この「自家製オーガニック」って、いい響きですな。もう一回言おう。
    自家製オーガニックレモンジャムを作りました!


    s-P1170697.jpg


    あたしだってたまには素敵な奥ちゃんみたいなことやるのだ。
    今日はつまり、それが言いたかったの・・・。



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←ポイントがまっさかさま。



    コメントは承認後に公開となります。


    Read Moreをクリックすると、携帯カレンダーが。
    続きを読む
  • 悩ましいドレスコード
    最近私は悶々としている。
    あぁ困った。非常に困った。

    来月どうしても出席しなければならないパーティーが二つある。
    今回のは、パーティー嫌いだから欠席とも言ってられないヤツなので、
    腹をくくってドレスコードを見ると、
    ひとつは「セミフォーマル」と書いてある。これはまぁ、よい。
    結婚式にでも出席する感じで、適度にきちっとしてれば問題無いだろう。


    s-P1170326.jpg


    そうだね・・・。( ̄▽ ̄)
    もうひとつの方のドレスコードを見ると、「テーマは80年代」


    出たー!!テーマもの! (゚ロ゚屮)屮



    s-P1170296.jpg


    海外のパーティーによくあるのだが、
    このように何かテーマを決められてコスプレするというのが、
    企業のきちっとしたパーティーなんかでも結構ある。
    私の友人は先日、やはり旦那様に同伴で「テーマが医療系」
    というドレスコードのパーティーに行くことになり、
    看護婦さんのコスプレをして行ったそうな。
    (企業同士が集まるちゃんとしたパーティー)

    こちらにはそういう衣装をレンタルするところもちゃんとある。
    日本だとそういう店は「コスプレ」趣味の人が行くような
    イメージがあるが、こちらは「テーマパーティー」のための店なので、
    普通にみんながよく利用する。
    こちらでは誕生日パーティーなどでも、テーマが決められることが
    よくあるからだ。

    しかし80年代とは・・・。
    80年代といえば、私は鼻水垂らした小学生。
    小学生の頃の私といえば、頭の中は

    おやつと北斗の拳とルパン三世

    しかなかったので、もちろん世間のオトナたちの間で
    どんなファッションが流行していたかなんて、知る由もない。
    「フジ子ちゃんはどんなに仲間を裏切っても、お色気だけで
    いつもルパンに許してもらっていいなぁ♪(*´▽`*)」
    とか、そんなことしか考えてなかったからな。


    s-P1170322.jpg


    ということで、早速ネットで調べると、80年代はバブル期。
    つまりボディコンだの何だのの、バブルくさい格好をしてればいいのかな?
    でも調べてみると「ジュリアナ東京」の営業期間は1991年~1994年だから、
    ボディコンファッションはどちらかというと90年代か?

    などと悩んでみたけどちょっと待って!

    それはあくまで日本でのファッションであって、
    欧米社会で流行ったものとは違うのでは?


    s-P1160046.jpg


    あぁもうどうすりゃいいんだかさっぱり。 



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←土俵際の日々・・・。



    コメントは承認後に公開となります。
  • 新しいヒーローのカタチ
    先日の日記で、私の携帯電話に付いているストラップは
    「超神ネイガー」だと告白したわけですが。

    あの日のコメント欄で判明したんだけど、
    実は他にもたくさんのローカルヒーローが、全国各地にいるらしい。
    いいなぁ、ローカルヒーロー!

    寄せられたたくさんの情報の中でも、特に私の興味を惹いたのが

    サドガシマン


           omote_men.jpg


    ダジャレかよ・・・・・_| ̄|○
    (画像の使用は管理人さんから許可をいただいてます。)

    言うまでもなく佐渡島のヒーローで、
    赤、青、黄と言う定番色で彩られた3人の戦士だ。

    なぜこのサドガシマンに私が興味を持ったかというと、

    ヒーローが前科持ちだから。( ̄∇ ̄)



    s-P1160743.jpg


    ヒーローなのに、ローカルヒーローなのに、前科持ちって
    何その無理がある新しい設定は!
    もう私のハートを鷲づかみさぁ!

    前科持ちなのは、三人のサドガシマンのうち、シマナガシーブルー。
    どうでもいいけど、すごいネーミングだわ・・・。
    "島流しの佐渡"ってことなんだろうけど、
    こういう地元のアピールの仕方もあるんだね、
    と学ばせていただきました。
    シマナガシーブルーのプロフによると、現在は更生し社会復帰してるとか。
    良かった良かった。( ̄∇ ̄;)
    過去の過ちを乗り越えてヒーローになるなんて、勇気をもらえるね。
    人生とは失敗してもやり直しがきくものなんだってことを、
    シマナガシーブルーに教えてもらった気がする。
    いや、教わってたまるか。

    ちなみにシマナガシーブルーと共にサドガシマンを構成する他の二人は
    トキレッド(佐渡島に生息する朱鷺をアピール)
    ザクザクゴールド(佐渡の金山をアピール)
    どうですかー!

    これを読んで、「俺、しばらく家には帰らないよ」
    と言い残し、バックパックひとつ背負い、サドガシマングッズを探しに
    新潟へ旅に出る若者がいても、一体誰が彼を責められようか。
    いつだって若者は、興味の探求に飽くなき情熱を傾ける
    ものなのだから・・・。


    s-P1160767.jpg


    私お気に入りの秋田のヒーロー「超神ネイガー」に話を戻そう。
    超神ネイガーの武器は、キリタンソード(きりたんぽ)に
    ブリコガン(鰤)で、ちゃっかり名産もアピールしてるところが粋。
    ものすごく、粋。
    普段は農業に従事していて、ときどきヒーローをやるというところも、
    しっかりと地に足がついている感じでいい。
    ヒーローなんていう、人気に左右される不安定な職業一本で
    生計を立てていこうとしていない堅実さが伺える。
    実は私、秋田行ったことないんだけど、
    是非いつかきりたんぽ食べに旅行に行ってみたいものだ。
    そしてネイガーショーを、お子様に混じって見る。いいねー!
    しかし三十路の夢として、どうなんだこれ。



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←ヒヤヒヤだね。



    コメントは承認後に公開となります。
  • 家族サミット
    s-P1160933.jpg


    寒い寒いと思っていたけれど、
    オークランドは確実に春が近づいているようで、
    最近天気がいいと、日中はわりと暖かい。
    それで久しぶりに犬連れでカフェへ行くことにした。
    オークランドはわりかしカフェが充実していると思う。

    夫いわく、美味しいものを目の前にしたときの
    ぷくの顔と私の顔が同じなんだそうだが、


    20070827072953.jpg

    s-P1170004.jpg


    私ちょっと、自分を見つめ直した方が良さそうね・・・・l|li_| ̄|○il|li


    今日の「かへ家族会議」では、
    先日ぶっ壊れた私の車のCDプレーヤーが、
    その後放置されたまま、いまだ運転中はBGM無しの生活が続いている
    という問題についてまず、話し合いが行われた。
    ただこの問題はいささか複雑で、車自体は何の問題もなく
    普通に乗れてしまうため、他の部分の故障と違って修理・交換に
    出す必要性のレベルが低く、そうなるとめんどくさくて
    ついつい放置してしまうという傾向がある。
    つまり問題なのは車よりも、怠惰な私の性格だと結論づけられて終了。
    悔しい。


    s-P1160964.jpg


    次に、オットは新車の欧州車に乗っているのに、
    ツマは9歳になる日本車を日々励ましながら乗っているという
    家族内格差についても話し合おうとしたが、

    それを言うなら我が家で一番の衣装持ちが

    ぷく(犬)というのは何なのだ


    と切り替えされてしまい、終了。悔しい。


    s-P1160950.jpg


    次回の家族サミットに備えて、今から戦術を練っておいたほうが
    いいだろうか。




    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←大ピンチじゃ。



    コメントは承認後に公開となります。
  • 犬生いろいろ
    大型犬を飼っている友人たちの話によると、
    散歩中とにかく気をつけているのは、
    猫に出会ったときの、犬たちのコントロールだそうだ。
    犬たちが猫を見つけると、捕まえようと興奮して
    急に走り出したりするので、飼い主が先に猫に気付いて
    しっかりとリードを握り直したり、
    先手を取って猫を避けた道を通ったりと、気を配っているんだと。
    なるほどなー。

    そういう私も犬を飼っているわけで。ちっちゃいけど。

    我が家のぷくの場合はこうだ。
    いつもの調子でルンルンで散歩していると、


    s-P1170496.jpg


    前方に猫ハケーン。


    s-P1170447.jpg


    するとそこで、ピタリと足が止まる。


    s-P1170482.jpg


    そして猫が去らない限り、どんなにリードを引っ張ろうとも


    s-P1170452.jpg

    s-P1170457.jpg



    あんた、犬としての尊厳は一体どこに。



    s-P1170470.jpg


    そりゃ大きさは、猫の方がぷくの三倍くらいあるけれど、
    ぷくは相手が犬となると、自分の何十倍の大きさの大型犬でも
    別に怖がらないのに。
    怖がらないどころか、告ったりするのに。(それも何か勘違いしている・・)

    コレにはわけがあって、ぷくは仔犬の頃、猫に猫パンチされた経験が
    何度かあるので、猫が怖いのだ。
    あの猫パンチされたときのぷくの呆然とした顔を、
    私は今でもハッキリと覚えている。

    女の子に平手打ちをくらってふられた瞬間の男の顔

    みたいだった。つーか生でそんな瞬間見たことないんだけど。
    でもそんな顔だった。

    誰にでも情けない過去のひとつやふたつ、あるものだ。
    人も、犬も。 




    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←ポイント激落ちのこちらもよろしく。



    コメントは承認後に公開となります。
  • 夜遊びしたくない
    s-P1160349.jpg


    「夫婦同伴」が当たり前の欧米社会では、
    パーティー以外でも、ちょっと飲みに行く、ご飯を食べに行く、
    友達とビリヤードしにいくって時も、夫婦で来る人が多い。
    外国人と結婚した私としては、夫が遊びに行くとき一緒に行くのが
    自然な形なのであろう。
    まぁそこは郷に入っては郷に逆らえ、ということで、
    私はほとんど、夫の夜遊びに付き合わない。
    つーかその方が夫は友人たちと楽しく飲んでいるだろうし、
    日本人の感覚からしたら、妻がいないほうが楽しめそうじゃーん、
    何でいつもいつもカップル単位で行動せねばならんのだ?
    連れションする小学生じゃあるまいし。
    というのがまぁ正直なところだ。

    しかし、もっと正直に言うと、夜遊びに行きたくない大きな理由は
    他にある。


    s-P1160345.jpg



    夜は、眠いから。



    s-P1160348.jpg


    ったくこのババァが!
    三十路になると、夜遊びする体力も無いのかよ!
    という皆様の罵声が聞こえてくるようだ・・・。
    しかしこの私、昔から夜遊びは苦手だった。
    とても、とても、苦手だった。
    二十歳の時点でもう、夜遊びは勘弁して欲しかった。
    と言っても当時大学生だった私は、徹夜で飲みに行く、カラオケ行く、
    クラブに行くのが人生の全てと言わんばかりの脳みそ溶けまくり大学生
    に混じり、遊びに行かないわけにはいかない。
    つらい。いや、クラブに行くのは楽しいんだけど、そうじゃなくて、

    おねむなんだよ!


    s-P1160341.jpg


    よく「若い頃は朝方まで遊んでて、始発で帰ってシャワー浴びて
    スキッと出勤、なんてできたのに、今は無理ー」
    なんてマダムたちが言っているが、私は10代の時点でもう無理だった。
    私はスタミナの無さにかけてはいつだって、初老並みなのだ。
    最近年のせいか体力が無くなって徹夜ができなくなってーなんて
    友人は言うが、私は体力なんて元々無いので、昔とそれほど変わらない。

    それでも12時前までなら、親しい私の友人たちと楽しく遊ぶのは好きだ。
    私は下戸だけど、たとえきなこさんが酔っ払って 
    ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ ←こんな風になっても、
    私もウーロン茶で負けずに~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~ こんな風になる
    自信があるからだ。

    しかしそれが夫の友人となると話は別だ。
    夫の多国籍な友人たちと、英語でしかもみんなかなり酔っ払ってるのに
    私だけジュースで朝までなんて、想像しただけで

    魂が削られる感じがする・・・。


    そんなわけで、夜遊びは苦手なのだ。
    私はやっぱり、ふかふかのベッドでパジャマに着替えて
    小説でも読んでゆっくり過ごす夜が好き・・・。



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←毎日が土俵際。


    本日レスできないのでコメ欄閉じます。
  • 超神!
    現在私の携帯に付いているストラップは、コレ。


    s-P1170431.jpg


    さち。さんが作って下さった、ぷくストラップ。
    愛犬の写真といつも一緒なんて、
    外出先の癒しアイテムとしていいわねー、と思わせておいて


    s-P1170434.jpg


    お馴染み近所の極道猫セツコ(仮名)が睨みをきかせているという、
    癒しと緊張が文字通り表裏一体となったストラップだ。
    アメとムチ。SとM、みたいな感じ。(ちょっと違う)

    そんなメリハリのきいた私の携帯電話に、
    最近新たなストラップが加わった。
    悪いけど、かっこよすぎて鼻血出るよ。
    「あたしもそのストラップ欲しいぃ!」と、
    デパートのおもちゃ売り場のガキのごとく地団駄踏むかも。
    そんな世間を嫉妬で狂わせる、新たなストラップとは
    コレです!



    s-P1170435.jpg



    超神ネイガーだよ、諸君。


    上のリンク先を見ていただくと分かるように、
    「秋田県民の、秋田県民による、秋田県民のためのヒーロー」だって。
    どんだけ?秋田以外のことも、ちょっとは考えてくれよー
    ヒーローなんだから!なんて言葉はネイガーには届かない。

    秋田県民でもない私が、なぜ秋田のヒーローを付けているかというと、
    あれは遡ること数ヶ月前。
    「地域限定キャラが好き」と、かる~い気持ちで書いたら、
    秋田にお住まいの巨匠mimosaさん
    「悪いけどその辺の地方キャラ、子供ヒーローと違って気合入ってます」
    と、自信満々で送って下さったのだ。
    これはもう付けるしかないでしょう。

    なんてったって、超神ですから。

    超人じゃなくて、超神。
    神も超えるって、どんだけあつかましいんだってツッコむ余裕も
    与えないくらいかっこいい。さすがヒーロー。
    キャッチフレーズは

    豪石せよ、アキタ・ケン..。


    s-P1170436.jpg


    超神ネイガーのオフィシャルサイトによると、

    豪石(ごうしゃく)とは、 主人公アキタ・ケン(秋田県在住・農業)が、
    謎の石の力によってネイガーに変身するときの掛け声であり、
    また、その超神変身現象を指す言葉である!



    ですって。
    普段は農業に従事していて、ときどきヒーロー。
    いい!すごくいい!
    もう大好きだーこのセンス!

    というわけで、超お気に入りですわ。
    皆様も秋田を訪れた際には、探してみてはいかがでしょうか、
    超神ネイガー。



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←しぶとく踏ん張ってみたり。


    コメントは承認後に公開となります。
  • おさしん心
    「写真UPされるの楽しみにしてますぅ~!」
    などと先週コメントしておきながら、
    すっかり忘却の彼方に吹っ飛んでいる方も
    さぞかし多いことと思われますが、
    例の写真撮影会での写真が出来上がりました。
    「楽しみだってコメントしたのは単なる社交辞令だよカス」
    という心のつぶやきはそっと胸にしまって、
    さあ、おさしんお披露目会へといってみましょう。

    ぷくをちゃんとプロに撮ってもらうのは初めてだった上に、
    結構有名な写真家の(スタッフ)の方だったので、
    飼い主として、ついはしゃいでしまうのは仕方のないこと。
    その辺は皆さん優しい目でみましょう。

    さあ!お待ちかねぷく画像はコレです!





    OKAGAMI.jpg


    うそですうそです。(^▽^;)
    これは正月に私が撮った「鏡餅 on the ぷく」
    お正月だから、ぷくもピシっとしてるでしょ。 (どうでもいい)

    まぁひっぱるほどのものでもないのだけれど、
    コレが撮影会での写真。


    s-P1170403.jpg


    これじゃあまりにも「だから何?」って言われかねないので
    一応スキャンしてみると。


    s-HALE.jpg


    プリントされたものをスキャンして、しかも縮小した画像なので、
    イマイチ実物の写真の良さが伝わらなくて無念なのだけど、
    実物を見ると、やっぱりあたしの撮るデジカメ画像と違って
    すっごくいい!と感動した。
    「すっごくいい!」なんて、脳みそ一ミリも動かしてないアホみたいな
    感想だけど、表現力に乏しいことにかけてはハニワなみなので
    仕方がないのだ。

    もちろんこの写真はお気に入りの大切な一枚となったので、
    お部屋に飾ろうと思う。
    私は写真の撮り方なんてなんも分かんないし
    使ってるのもごく普通のデジカメ。
    しかもそのデジカメの使い方すらよく分かっていない。
    説明書が読めないバカ女なもんで。 アヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

    だけど、ぷくの写真で一番のお気に入りをあげろといわれたら、
    間違いなく私が撮った写真になるだろう。
    ブレてたり、逆光だったりするけれど、
    人見知りの激しいぷくが、「飼い主の私にだけ見せる表情」
    というのがあって、その瞬間がやっぱり一番可愛いと思うから。


    okura.jpg

    s-egao.jpg


    この何ともいえない楽しそうな表情が好き。




    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←毎日が崖っぷち。



    コメントは管理人承認後に公開となります。
  • 犬ヅラの歴史に新たな1ページ
    s-P1170342.jpg


    犬の被り物を作らせたら右に出るものはいないとかいるとか、
    とにかく私が勝手に匠と呼んでいる、わんこ被り物職人の
    mimosaさんが、日本のお菓子を色々送って下さった。
    わーい。ありがとう。早速おいしいプリンを作って食べよう♪

    はい、ここまで読んで予想がついた方も多いのでは。
    私にプリンの素を下さったということは、そうです、ぷくには


    (*゚▽゚)


    (*゚▽゚)


    (*゚▽゚)



    s-P1170291.jpg


    プリン被り物。


    もう一度言いますよ。


    s-P1170278.jpg


    プリン被り物。・・・・_| ̄|○ il||li


    ホントにねぇ・・・。
    巨匠の作品のアイディアというか方向性というか、
    もう素人の私には難しすぎて解説すらできませんよ。
    何で犬の頭にプリンなんだとか、
    そういう愚問を巨匠に投げかけるのは、きっと野暮ってもんなんだろう。
    しかも今回もまた悔しいくらい、似合ってるよ・・・。

    我が家の愛犬ぷくは、今まで様々な被り物に挑んできた。
    そのほとんどはmimosaさんの作品である。
    過去の作品をダイジェストにお送りすると、こんな感じ。


    s-mimosa.jpg


    えー、ざっと説明すると、
    左上:イカ、右上:鯉のぼり、左下:クリスマスツリー。
    右下の雷様は巨匠の作品じゃないけど、
    一応ぷくの被り物犬の歴史として外せないと思い、入れてみた。
    どれもぷくの顔が得意気なのが、

    飼い主として微妙に複雑な気分。

    どれもこれも「何でこんなものが頭に!?」というものを
    乗せてくるあたり、巨匠の作品のテイストは芯がブレてない。
    さらに今回は、こんなのもありましたよ。


    s-s-P1170375.jpg


    コメント欄でおなじみのクマゴローくんをモデルにした、
    クマゴロー被り物。
    クマゴロー生息地も熟知している巨匠、
    浅草雷門を抱えているクマを作って下さいました。
    雷門は取り外し可能で、右はクマが桜餅を抱えてるバージョンだって。


    s-P1170320.jpg


    一体この先巨匠の作品は、流行とともにどこへ向かっていくのか。
    この秋冬も、巨匠mimosaさんから目が離せない。
    みんな、ついてきてる?( ̄∇ ̄;)




    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←いつも崖っぷち。


    コメントは管理人承認後に公開となります。
  • ヨウカンとの熱き戦い
    友人のブログを見たら、旨そうな大学イモが載ってたので、
    影響されやすい私は、気分はすっかり大学イモになってしまった。
    タイミングよく我が家の冷凍庫にも、
    こちらでお馴染みのKumara chipsがあったので、
    さっそく大学イモを作る。


    s-P1170333.jpg


    クッキング時間わずか5分でまいう~。
    簡単でおいしいので、ちょくちょく作ることにしよう。

    私は和食や和菓子が好きで、海外暮らしで国際結婚しているわりに、
    献立も和食が中心だ。
    こちらでもそれなりに食材は揃うのだけど、とにかく日本製品は高い。
    日本で買う数倍の値段がする上に、近くのスーパーではなく、
    日本食料品専門のお店に行かないと無いものが多い。

    なのでたとえばちょっと大福が食べたいなぁと思っても
    シティまで行くのがめんどくさいので、自分で作ってしまうことが多い。
    なんていうとまるでデキデキ奥ちゃんみたいだが、
    残念ながらそういう次元の話ではない。
    お菓子作りの趣味なんて無いので、日本にいたら死んでも作らないけど
    ここは外国なので、仕方がないのだ・・・。
    たまにみたらし団子をどんぶり一杯作ってしまうという
    暴挙に出ることもある。



    20070817210955.jpg


    そんな生活に嫌気がさしていた今日この頃、羊羹が食べたくなった。
    しかし日本の羊羹は高いし、シティに行くのがめんどくさいし、
    と思っていたら、近くのチャイニーズマーケットでこんなのハケーン!


    s-P1170243.jpg


    何とか羊羹だって。
    中国製品で、胡散臭く「手造り」なんて書いてある。
    日本じゃ最近中国の食材がどうのこうの言われているけれど、
    海外にいると、ハッキリ言ってあまり神経質になってられない。
    なんといっても、日本製品の○分の一の値段だから。
    それに羊羹なんて、日本も中国も同じようなもんだろう。
    というわけで、迷わず購入した。


    s-P1170209.jpg


    激マズでした。


    うそー!うそー! (゚Д;≡゚Д゚;)
    8個入りの箱だったから、値段も結構したのに!
    ヤダ何これ何かの冗談?
    マズイー!マズイわーーーー!


    あたし羊羹にこんな裏切られ方した

    の生まれて初めてだよ!(▼皿▼メ)



    頭にきた私はやってやった。
    自分で作ってやったわよー!


    s-kurimusi.jpg


    以前、お菓子作りの達人SATOさんが作ってくれて、
    美味しかったから作り方聞いたら意外と簡単そうだった栗蒸し羊羹。
    SATOさんも「簡単よ♪」って言ってたから、まにうけて作ってみた。

    結論から言うと、ちゃんと美味しくできました。
    あたしも、やればデキる子ですから。

    でもきっと2度と作らないでしょう。

    やっぱ私には微妙に大変だったというか。
    いいですもう。高くても日本のもの買います。


    s-P1170236.jpg


    つーかたかが羊羹でこんなに熱くなるあたしって一体。




    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←こっちはあれまぁ。


    本日レスできないのでコメ欄閉じます。
  • コスメ天国じゃぽん
    注文していたセバスチャン・バックのライブDVDが届いた。
    好きなバンド、ミュージシャンは色々いるんだけど、
    この人は「声」というただ一点において、
    私の針の穴ほどのストライクゾーンをぶち抜いた、と言っていいほど、
    ボーカリストとして私が一番好きな声の持ち主だ。
    スキッドロウ時代の細い声より、最近の少し太くなった声が
    断然いい。
    と、こういう話はメタラー以外はついてこれないだろうから
    このくらいにして。

    しかしこの年になってもこんだけロックに夢中になれる私って
    幸せなアホだなぁ。このアホっぽさが、自分でもえらいと思う。

    好みの声について語ったついでに、
    よくブログを見ている方から質問される、ぷくの声を公開します。
    随分前に載せた動画だけど、最近また「ぷくはどんな声ですか」
    と聞かれることが多くなってきたので載せてしまえ。











    とても男らしいファンキーな声ですね。(棒読み)


    さて。
    オークランド在住の友人ゆうさんの、日本帰国時の楽しみは
    文房具屋でのお買い物だそうな。文房具フェチなんだと。

    あたしはぷくのおでこフェチ。


    s-P1160365.jpg


    文房具フェチのゆうさんは、日本に帰ると文房具をあれこれ買いまくる
    のだそう。確かに日本の文房具は、安くて高品質だもんなー。

    いっぽう私の帰国時の楽しみといえば、

    ドラッグストア!!щ(゚ロ゚щ)


    s-P1160364.jpg


    欧米人向けのこちらのコスメがことごとく合わない私にとって、
    日本のドラッグストアは宝の山。砂漠のオアシス。ぷくのおでこ。
    ニュージーランドでは決して手に入らないあれこれを、
    目をランランとさせながら手にとってみる。
    「コエンザイム」とか「ヒアルロンサン」とか
    「ピーリングで角質がポロポロ取れる!」とか、
    とにかくニュージーランド人が聞いたら「一体何のこと?」と首を
    かしげそうな、魅力的な文句が書かれた製品にもう釘付け。シバ漬け。
    製品のキャッチコピーにうまいこと踊らされ、
    あれもこれも買いまくるのだ。その間瞳孔開きっぱなし。

    よく海外にブランド物のコスメを買い物に行く人もいるけれど、
    日本は世界に誇るコスメ大国だと思っている。
    あ、でも歯みがきはニュージーランド産のプロポリスじゃないと
    ダメなんだけれど。
    私が誇れる数少ないニュージーランド製品と言っていいかも。

    ところで先日趣味の歯みがきについて書いてしまったせいで、
    私の歯みがきバカに拍車がかかったような気がする。
    というのも、今までは
    「あたし歯みがきしすぎだわ・・・。少し抑えなくちゃ」
    と思っていたのに、ブログで公表しちゃったことだしー、と
    妙に開き直った感があるというか。( ̄∇ ̄;)  
    誰か止めて。

    さて、歯でもみがくか。



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←あれまぁ・・・。
  • シャチが好き
    夜テレビを見ていたら、
    シャチがアザラシを襲って食べている映像が流れていた。


    実は私、シャチが好きで。 ( ̄・ ̄*)


    すごく、好きで。

    昔々、鴨川シーワールドのシャチショーで見た生シャチの美しさ、
    迫力に魅せられて以来ずっと、シャチファンなのだ。
    あのバカでかいモノトーンの美しすぎるボディ。
    シャチトレーナーのお姉さんを乗せて、ジャンプしたり、回ったり。
    子供のころ鴨川シーワールドのシャチショー見てシャチ好きになった人、
    絶対いるはず!絶対いるはず!(2回言いました)
    私は当時からぬいぐるみ嫌いだったのに、思わずシャチぬいぐるみまで
    買ってしまった記憶がある。


    s-P1170166.jpg


    シャチはハクジラの一種で、オスは体長約9m、体重約10トンに及び、
    メスは一回り小さく、体長6~7m、体重は3~4トン程度だそうな。
    ご存知のとおり肉食で、食物連鎖の頂点に位置し、
    武器を使う人間を例外にすると自然界での天敵は存在しない。
    かっこええー!しかも知能が高いときたもんだ。

    しかしシャチショーで見たシャチの印象が強かった私には、
    テレビで見たアザラシを食うシャチの映像は、なかなか衝撃的だった。
    ええ!あのトレーナーのお姉さんを乗せて芸をしていたおりこうさんの
    シャチが!?てな感じで。私、アホっぽいですな。

    その映像ときたら、食われていたアザラシも
    ゴマちゃんみたいなやつじゃなくて、一瞬トドかと思ったくらい大きな
    ゾウアザラシか何かで、見るからに
    「コレを食べるのは大変だろうなー」といった感じのやつだったのだ。
    それをあっという間にパクパク食べてるんだから、
    シャチってこえー・・・。

    しかしそれより驚いたのが、アザラシの鈍臭さ。
    映像をお届けできない代わりに描くけど、こんなだったの。


    20070816090154.jpg


    相変わらず素晴らしいわたくしの画力。
    説明するまでもないと思うけど、茶色い線で書かれたごろごろしてるのが
    アザラシですから。(ここは優しい目で見よう)

    シャチってあんなに大きいのに、ビーチのあんな浅い波打ち際まで
    きたら、打ち上げられちゃうんじゃないかしら!?と心配になるほど
    ガンガン近づいてくるのだ!
    そりゃもう浅すぎて、シャチの体3分の2は水面から出ちゃってる
    くらいの勢いで。昔「ジョーズ」って映画があったけど、
    あれとも比べ物にならないリアルな迫力。

    逃げてー!今すぐ逃げてー!  L(゚ロ゚L ;)

    テレビの前で必死に叫んだのに、シャチはもうそこまで来てるのに、
    「わーい、泳ぎに行こう♪」と、アザラシ。


    s-P1170157.jpg


    そりゃ、捕まるっつーの。・・・・・・・_| ̄|○ il||li
    だって自ら泳ぎに行くんだもん、アザラシ・・・。

    その後の映像は、こんなでした。


    s-P1170150.jpg


    いや、ぷくとゴマちゃんと違って大きさの違いがあるので、
    実際は丸飲みに近い感じだった。
    アザラシの叫び声が、生々しかった。
    何というか、自然界のルール、厳しさを見せていただきました。
    アホな小学生みたいな感想だけど。
    当たり前だけど、昔私が鴨川シーワールドで見たシャチよりも、
    はるかに「本当のシャチの姿」だった。

    ウィキぺディアでちょっと調べたところ、
    シャチは「生物を捕食することから、獰猛で貪欲な捕食者として
    知られているが、知能が高く利益にならない戦闘は避ける傾向もあり、
    食べる必要のないものを襲うことは少ない」と書かれていた。
    改めて、自然界に生きるものはそういうものだよな、と。

    私は海の生き物が大好き。
    ああやって水族館にいる姿は本来の姿じゃないけれど、
    それでも大好きなイルカやアザラシやペンギンに会いたいから、
    またせっせと出かけて行くんだろうな。



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ブログ村はあ~れ~。

  • 終戦記念日に思う
    s-P1170089.jpg


    先日のペットショップでのイベントで見かけた猫ちゃん。
    くるくるの目がまん丸で、まるでぬいぐるみみたいで、
    とても可愛らしかった。
    ウチの庭を勝手にナワバリとして占拠してる誰かさんとは大違い。


    20070812092718.jpg


    あっ、いえー、何でもありませんー。 \(;゚∇゚)/



    家にいるときは、わりと音楽をかけっぱなしにしていることが多い。
    聞くのは洋楽ばかりで、ほとんどがロックかメタル。
    たまに、ポップミュージックが混ざる。

    私にとって音楽は愉しむものなので、政治色の強いアーティストのもの
    はあまり聞かないのだけど、一曲だけがっつり心に染みたものがある。
    思いっきりポップミュージックで、歌詞も結構ベタベタなんだけど、
    p!nkの 『Dear Mr. President』

    昔、ベンアフレック主演の『パールハーバー』という映画を観た時、
    まぁあの映画はもちろん日本人が思いっきり悪者に描かれていたけど、
    ちょうど近くに座って観ていたアメリカ人が「ったく日本人は!」と
    言いながら私をにらんでいたことがあった。
    戦争を知らない世代の私にとって、ああいう反応をする人に実際会うのは
    ちょっと驚きだった。
    そのアメリカンアクセントの英語を話していた人も、
    結構若い人だったから。


    s-P1160928.jpg
    ぷくを探せ!


    本日62回目の終戦記念日に、『Dear Mr. President』を
    聞きながら、そんなことを思い出した。
    同じような悲惨な出来事が、繰り返されませんように。



    人気ブログランキングに参加中◆
    ←お盆中ポイント急降下のランキング
    ブログ村は逃げ切れるか大変びみょー。





    <おまけ>
    さち。さん作の携帯カレンダー。湯たんぽとぷく。
    猛暑の8月に湯たんぽカレンダーなところがさすがさちさん。
    心頭滅却したい方にぜひ。

    puku-82.jpg


  • 顔が大きくて、冬。
    日本はお盆休みに突入したけど、
    お盆など何の関係もない南半球ニュージーランドで
    今日も一人、どんよりと曇った空を眺めながら
    ブログなど更新してみる、2007年冬。
    今日はちょっと、詩的な書き出しだわ・・・。(どこが?)

    情報通のきなこさんによると、近所のペットショップで何やらイベントを
    開催中とのことなので、いそいそと行ってきた。

    お目当ては、愛犬写真撮影大会。
    20ドルで、プロのフォトグラファーが撮影してくれるんだとー!
    ぷく!おめかしして行かなくちゃー!
    あ、そういえば。


    s-P1170136.jpg


    ブログはさっぱり更新されてませんが、ぺこりんは元気でした。ヽ(゚◇゚ )ノ
    辛抱強く待っていると、いつか更新される日が来るかも分かりません。
    あまり期待せずに、たまに覗いてみるといいかも。
    徒労に終わるかもしれませんが。

    それにしても、この写真・・・。
    体重的にもぺこりんはぷくの4倍あるので、
    実際この2匹の大きさは、このくらい違うのだけど。


    20070811143213.jpg


    それが正面から見ると、ア~ラ不思議、


    s-P1170139.jpg


    ぷく、どんだけ巨顔? ( ̄△ ̄;)


    白は膨張色だから大きく見えるのかしらとか色々考えてみたんだけど
    やっぱりどう見ても顔のデカさは否定できないような。



    20070811144437.jpg


    まぁ人間界と違って犬界は別に小顔が流行りってことは
    ないだろうからいっか・・・。

    唯一自慢できるのは、この日行われてた「おやつ早食い大会」で、
    ぶ厚い犬クッキーを食べる競争にエントリーしたんだけど、
    ショップスタッフに、「大型犬よりいいタイムよ!」と褒められたこと。
    早食い競争だってー、タダだし、ここでおやつ食わせちゃえー、と
    何とも貧乏くさい理由で参加させてみたら、思わぬ好成績だった。
    自慢になるのか微妙だけど。
    ぺこりんなんかは、クッキーが厚すぎて
    途中で食べるの止めちゃったんだそうな。
    やーい、根性なしー。 ←とてもいい年したオトナの言葉とは思えない。


    s-P1170124.jpg
    社長一家もいらっさいました。


    肝心の撮影会の写真ですが、来週現像して渡されるんだそうな。
    犬の写真なんか、飼い主の私以外別に誰も興味ないでしょうけど、
    一応できたら載せますので、お楽しみに。
    あ、でもやっぱりスキャンするのがめんどくさいので
    載せないかもしれません。( ̄▽ ̄)

    それでは皆様、良いお盆休みを。



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    バナラーぱぴこさんの作品。

    ←下り坂のブログ村は今日は何位かな?



    コメントは承認後に表示となります。

  • 動かない動画
    s-P1150907.jpg


    以前この湯たんぽの上に乗って暖をとるぷくの画像を載せたら、
    動画で見たいというリクエストがあったので、
    それじゃあってんで、撮ってみたのですが。







    動画の意味、なくね?


    久しぶりの動画でアップロードするのがめんどくさかったわりには
    ちっとも報われた気がしない。
    一番上の画像とはまったく別の日に撮ったものなのだけど、
    これじゃまるで一緒じゃないの。
    動画っていうからには画が動いてないと、と思うけど、
    リクエストがあったわけだし、とりあえず載せることに意義があるのだ。

    動くべきはずのもので動いていないのは、ぷく動画だけではない。
    私の愛車、さざなみ号のCDプレーヤーが、
    ぶっ壊れることをお決めになられたようだ。
    電源すら入らないその寡黙な姿は、まるで高倉健のよう。
    よく分かんないけど。
    私の母ちゃんがよく、「高倉健は無口っぽくて素敵」って言ってた。
    でもわたくし別に、「寡黙な男がタイプ~♪」ってわけではないので、
    さっさと動いていただきたいのに、再生するつもりはこれっぽっちも
    なさそうよ。


    20070810064131.jpg


    何が困るって、中にはレッチリのベストアルバムが入っているので
    せめてそのCDを吐き出してから、今後の活動を停止することを
    決めてもよかったのでは、と言ってみるも、びくともしない。
    強情だな。ていうか

    出せよ!あたしのレッチリ! 凸(`◇´メ)


    そんなわけで、現在私のドライブ中のBGMは、ぷくの歌声。


    20070810065658.jpg


    家電とかオーディオ類が壊れると、気分的にサガりますね・・・。



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ブログ村は今日は何位かね?


    コメントは承認後に表示となります。
  • 低血圧がどうした
    バナナが無いとバナナが無い無いって文句言うくせに
    買ってあったらあったでちっとも食べないじゃないの!
    見なさいよこの腐りかけのバナナたちを!


    食べるよ!今食べようと思ってたとこなんだよっ!


    と、朝っぱらから世界一くだらない夫婦喧嘩をしていたのは、
    他の誰でもない私たち。これもきっと、寒いからね。(そうか?)
    週末代々木公園が42℃だった、銀座は43℃だったなんて話を聞いても
    その暑さがまるで想像できないほど、オークランドはまだまだ寒い。
    夫婦喧嘩の内容も寒い。


    s-P1160885.jpg


    ところで私、寝つきはめちゃくちゃ悪いが、寝起きはそれほど悪くない。
    ちなみにどうでもいいことだけど、正真正銘のド低血圧である。
    実は先日久しぶりに血圧を測る機会があったのだけど、
    やはり相変わらず上は100に遠く及ばぬ数値であった。
    朝起きるのはつらいけど、特別人よりつらいとは思っていない。
    みんなきっとこんなもんだろう。

    低血圧=寝起きが悪いという神話が通用するのは、
    おそらく日本だけではないかと思う。
    こちらでそんなことを言っても「はぁ?」と言われるのがオチだ。

    医学的に言ってホントに低血圧は寝起きが悪いもんなのか知らないが、
    基本的に私は「朝は誰でも眠いもの」だと思っているので、
    血圧の低さを言い訳にされるのが、どうもしっくりこない。
    私の夫なんて、血圧はいたって正常値だけど、


    朝起きた瞬間は、地獄 (´д`)


    と本人は言うほど、寝起き極悪だ。
    機嫌が悪いというより、テンションが地を這うように低い。
    眠くてしょうがないんだって。
    そういう人を結構知ってるので、寝起きが悪い人は血圧関係なく、
    「あたしゃー寝起きが悪くて・・・。」と言ってればそれでいいと思う。
    低血圧を楯にしなくても、と思うのだ。


    s-P1160648.jpg


    あれは昔私が日本で会社員をしていた頃。
    同僚の女の子で「低血圧で寝起きが悪い」が自慢の人がいた。
    とにかく血圧が低くて、それゆえ朝は苦手。
    あたし午前中はとにかく機嫌が悪いからぁ~、というのが彼女の口癖だった。
    正直それを聞いたとき、えーそんなんあり?と思ったさ。

    だって、朝はみんな眠いもんじゃね?
    仕事場に来て、血圧が低いので午前中は機嫌が悪いのを公に許してもらう、
    なんてーのは、社会人としてアリなのか?
    みんな職場では、機嫌の悪さを隠して振舞っているものではないだろか、
    というのが正直な気持ちであった。
    何か偉そうな言い方だけど、でもやっぱり、そう思うよ。
    実際彼女は、午前と午後では別人だったけど、
    午前中にムスっとされてるのって、結構周りに迷惑だったぜ。
    ちなみに低血圧が自慢(?)の彼女の数値より、
    私の血圧がはるかに低かったけど。


    s-P1160850.jpg


    で、「低血圧は朝弱い神話」が存在しないNZに来てからは、
    そういう人にはまだ出会っていない。
    しかし通用しないのは低血圧だけではなくて、
    「冷え性」にも馴染みが薄い、欧米人社会。
    冷え性なので足先がいつも冷たい、というのもなかなか分かって
    もらえないのは困りものだ。

    だからね、あたしは足が冷たいからね、5本指ソックス履いてるの。
    普通の靴下より保温性が高いのよー! щ(゚ロ゚щ)


    と言っても
    「足先冷たいって、意味わかんねー」
    「何それ変なソックスー!(笑)」
    とニュージーランドの女ども。

    NZで5本指ソックスが普及することはなさそうだな・・・。


    kutusitap.jpg


    でも冷え性で足が冷たいからあたし機嫌が悪いの~
    なんてことは決して言わないから、
    5本指ソックスくらい許しておくれよおまいさん。
    そんなことをニュージーランドにて思う、2007年冬・・・。
    今日も足が冷たいぜ。




    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←犬カテ接戦のこっちも応援しとくれよ。
  • 買い物 ~苦難の道のり~
    寝る前にベッドで読書をする時間が、至福のときだ。
    特にこれといった趣味も無いけど、本だけは無いと生きていけない。
    日本のバラエティ番組を見るときも楽しいけれど、(NZじゃ貴重だし)
    日本から届いた本を開く瞬間の、あのワクワク感にはかなわない。

    しかし「趣味は読書」なんて偉そうに言ってるわりには、
    このブログの右下の方に貼ってる愛読書って


    全部漫画じゃねーか。



    P1060619s-.jpg


    小説も色々読むんだけど、これ以上にお勧めしたいものが
    頭に浮かばなかったのさ・・・。

    本が好きなので、もちろん本屋は大好きだ。
    新刊をチェックしたり、写真が多いムック本などは
    買う前にちょっとめくってみたり、とにかく本屋に行きたいの。
    でもニュージーランドにいるので、そういうわけにもいかず、
    仕方がないから本は全て、海外発送も対応してるアマゾンで買っている。


    hitsuji.jpg
    マーティンさんの「羊の国のラブラドール絵日記」 私もちょこっと出てます。


    6月に帰国したときは、真っ先に本屋へダッシュ。ダルビッシュ。
    帰国前2ヶ月ほどは、本屋で直接買いたいがために、
    注文したくて仕方なかった本をぐっと我慢していたからだ。
    ネットで買っても同じことじゃーんと思われるかもしれないが、
    いつもいつもネットショッピングだけってのも、何か味気ないじゃないの。

    3週間の日本滞在中、それこそ本屋は何度となく行った。
    お友達と買い物してる最中も、本屋を見かけると必ず立ち寄った。
    しかし結論からいうと、本屋で本を買った回数はゼロ。(雑誌を除く)

    欲しい本は山ほどあったハズなのに、本屋に行くと見つからない。
    あるのかもしれないけど、探せないのだ。
    あれほど「直接本屋で本を探したい」と思っていたのに、いざ行くと
    「こんなのどこ探せばいんだよ。ネットだったら検索して一発なのに。」
    とぐったりしてしまう。

    大型書店で、出版社名などを覚えていないと本が探せないというのも
    あるけれど、最近の出版サイクルというのはやけに早くて、
    ついこの前発売になったと思った本が、のんびりしてるとすぐ書店から
    消えてしまう。やはり本を買うなら、ネットが一番だね・・・。
    焼き肉屋行くなら、黒い服が一番だね・・・。

    昨日CDを買いに行った。
    私が聴くのは洋楽ばかりなので、NZでも不便は無い。
    今回買おうとしていたのは、新譜ではなかったけど、
    ていうか結構古いアルバムだったけど、世界的にメジャーなバンドの
    ものなので、あるだろうと思ってたら

    無い~。 (ノ´∀`)ノ(ノ´∀`)ノ


    s-P1160528.jpg


    普段お洋服の買い物なども、NZにあまり好みのブランドが無いので、
    海外からのネットショッピングに頼っているわたしとしては、
    せめてCDくらいはお店で買いたいのに!
    意地になって色んなCD屋に行ったけど、無い。(ノ´∀`)ノ
    ロック・メタル系が充実してるデカイ店にも行ったけど、無い。(ノ´∀`)ノ
    結局家に帰り、アマゾンで注文した。


    つまらんっ、何だかつまんないわ! щ(゚ロ゚щ)


    本と同じくCDも、ネットが一番見つかりやすいというこの現実。
    ネットでお買い物ってすごく便利だけど、
    ネットでしかモノが見つからなくなるのって、
    何だかすごく寂しい気がするのは私だけだろうか。
    時間の節約にはなるけれど、そもそもお買い物って、ぶらぶら見て回って
    無駄な時間も使うことも楽しみに含まれているところがないかしら。
    不便を淘汰していくと世の中つまらなくなると、
    山田詠美姐さんがピーコとの対談で言ってたのを読んだけど、
    妙に納得したのだった。

    ちなみにこの日は、靴も買わなければならなかったんだけど、
    これまた靴ショッピングも玉砕しました。


    s-P1160549.jpg


    いーえ。店に入った瞬間、


    5本指ソックスを履いてたのを

    思い出したから。



    無理、無理です。
    いくらオバちゃんのあたしでも、店員さんの前で5本指ソックスで
    靴のためし履きとか、無理だから。
    つーかそもそもパンプス買おうとしてんのに、5本指ソックスて。
    もうなんていうか、パンプス履く資格無いね。微塵も無いね。
    ああ冷え性ってつらいわ。



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←ポイント落ちまくり!応援して下さると嬉しいです。






    E-petwebというサイトでこのブログを取り上げていただきました。




    <おまけ>
    さち。さん提供の携帯カレンダーに、ピロティナビ登場。

    puku-83.jpg

  • ジャム瓶と私
    最近読者の方からたくさんメールを頂くのですが、
    全てにお返事できなくて申し訳ないです。全部読んでますからね~。
    ありがとうございます。


    ==

    前にも書いたことがあるが、私はジャムの瓶が好きだ。
    あくまで、好きなのはジャムではなく、瓶のほうね。
    「メシは銀シャリ!」のわたくし、トーストなんて食べないくせに、
    可愛いジャム瓶を見ると、吸盤のごとく吸いつけられる。
    夫がトースト好きだからいいのさ、と言い訳しながら買ってしまうのだ。


    s-P1160801.jpg


    でもここ数ヶ月は、実はジャム瓶病も治まっていた。
    というのも、色々可愛いジャムを買ったとこで、
    食べ終わった後に入れ物として使える瓶というのは非常に限られている
    ことに気付いたからだ。
    たとえば下の写真の、蓋にフルーツの絵柄が入った3つは、
    瓶の口が狭くて非常に使いにくい。ゴミ箱行きの予感。


    s-P1160856.jpg


    そもそも私がジャム瓶なんてしょーもないもんにハマったのは、
    このフランスの「ボンヌママン」というジャムがきっかけだった。
    日本でも人気があるジャムなので、ご存知の方も多いだろう。

    蓋がチェック柄で可愛くて、しかも瓶の口がすごく広くて
    小物入れとしても使いやすい。
    以前おされなイギリス人の知人の家に招かれ、遊びに行ったら、
    渋いアンティークでまとめられたインテリアのあちこちに、
    このボンヌママンのジャム瓶があって、その渋いインテリアの雰囲気と
    このジャム瓶の絶妙なマッチングに、すっかり心を奪われたのさ。
    それから意識してみると、私が好きなインテリアの本にも
    なぜかこの瓶がよく登場しているのを発見した。


    s-P1160810.jpg


    日本の素敵な奥ちゃんたちがよく雑誌で
    「ボンヌママンのジャムは本当に美味しい♪フランスのジャムはやはり
     味が違います。」
    などとウンチクたれおっさっているのを読んだことがあるが、
    味に関してはわたくしハッキリ言って、そこらのジャムとの違いが
    全く分からない。他のジャムと食べ比べても、「一緒じゃね?」としか
    思えないんだけど、ぐるめーで、せれぶーな奥ちゃん方には
    違いが分かるもんなんでしょうね。 ┐(´-`)┌


    s-P1160837.jpg


    で、そんなたかがジャムのくせしてやたら偉そうなボンヌママン。
    日本ではデパ地下なんかで普通に買えるんでしょうけど、
    ここぬーじーらんどぅでは、フランス製品が売ってる専門のお店でないと
    売ってない。それで、そんなタカビーフレンチの店になんか
    しょっちゅう行きたくないもんだから、最近私のジャム瓶病も
    治まっていたというわけだ。

    ところが!

    先日最寄りのスーパーに行ったら何と、
    フレンチコーナーの棚ができていて、そこにたくさんボンヌママンのジャムが
    並んでいるではないか!

    そりゃ買うって。
    仕方がないって。
    ぷくは丸顔だって。

    近くに住んでいるのでいつも同じスーパーを利用しているきなこさんに、
    「ボンヌママンのジャムが売ってたよっ」と教えてあげたら
    「ふーん。」とどうでもよさそうな返事をされた。あは♪



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←逃げ切れるかな!?




    <おまけ>
    さち。さん提供の8月の携帯カレンダー。NZは冬なのよ。

    puku-81.jpg

  • さよなら爺チャン
    この週末、日本にいる両親から、祖父が亡くなったという知らせが入った。

    数年前に祖母が亡くなったときも、やはり私はニュージーランドにいた。
    海外にいて身内の訃報に接するのは、何とも切ないものだ。
    どこにいたって身内の訃報は、悲しい知らせには違いないが。


    s-P1140126.jpg


    プライベートなことはブログに書かない主義だったけど、
    (主義なんて偉そうなもんでもないけど)
    今日はちょっとだけ、書いてみるよー。

    実はここ一年間、私の心配事といったら
    日本で祖父の介護をしている母の、「介護疲れ」だった。
    といっても自分は海外で生活していて、
    母の手助けができるわけでもないのだから、
    私が心配したところで何の助けにもなりゃしないのだけど。
    現場を経験していない私がこんなことを言うのは奢っているが、
    介護というのは本当に難しいものなんだということを
    つくづく考えさせられた。
    はっきりいってここ一年は、何をしていても頭には
    「母は大丈夫だろうか」という心配が常にあった。
    私たちはそんな仲の良い母娘じゃないケドね。(おい)

    最後の3ヶ月は、祖父は病院に入っていたけれど、
    それまでは「とりあえず」元気だったし、
    90歳を過ぎて「半・寝たきり」になり介護が必要になっても、
    本人が「絶対に施設・病院に入らない」と癇癪をおこしながら
    断固拒否しているのを、預けるわけにもいかない。
    そんな、気持ちはピンピンしている祖父を受け入れる先もない。
    そうしているうちに、祖父の介護をしている母が、
    心身ともにすっかりまいってしまったのだ。

    最後の数ヶ月はものすごいスピードで痴呆が進み、
    それでも母以外の人から介護されるのは一切拒否する祖父。
    たまに老人介護施設へ預けても、「帰る!」とわめいて
    帰宅してしまう。そして帰宅したらしたで、手に負えない。
    祖父の名誉のために言っておくと、元々は娘である母に暴言を吐いたり
    暴れたりするなんてもちろんしない、普通の優しい爺ちゃんだったのだ。
    ほんの2年前までは。

    上手に老いる、ということは何て難しいことだろう。
    あれはもう、祖父本人がコントロールできるものでは無いのだろう。
    詳しいことは書かないが、それはもう壮絶としか言いようがないくらい、
    ああいう状態になった老人の面倒を見るのは大変だったと思う。
    2年前の元気だった頃の祖父しか知らない私にしてみれば、
    ここ一年、母との電話で聞かされる祖父の様子は、完全に別人だった。
    このままでは私の両親が、祖父より先にまいってしまう、
    という状況になったとき、祖父の食欲が落ちたりして、入院した。
    入院したまま三ヶ月。
    94歳の誕生日を迎える一週間前に、亡くなった。

    数年前に祖母が亡くなったときは、大往生ではあったけれど、
    今度帰国してももう婆ちゃんと会えないのかと思うと寂しかった。
    でもこの一年私が思っていたのは、祖父が亡くなるときは
    そんな風には思えないだろうということ。
    不謹慎な言い方ではあるが、家族全員がほっとするに違いないとすら
    思っていたから。でも実際は、悲しかった。
    何ていうか、普通の優しい爺ちゃんだったのに、
    最後あんな風に家族との気持ち、関係がめちゃくちゃになり
    死んでいったなんて、なんとも切ないではないか。


    s-P1160544.jpg


    介護に疲れた家族が老人を殺害した、なんていうニュースを聞くと、
    胸がしめつけられる思いがする。
    そこまで家族が追い詰められる前に、何とかならなかったのだろうか、
    介護のプロに頼む、施設に預けるなど、いくらでも方法はあったはずだ
    と思う一方で、それがなかなかうまくいかない場合もあるという現実を、
    私は知っている。
    実際私の母自身が一番、プロに任せてしまいたいと思っていたし、
    ウチの場合はそうするにあたって経済的な問題は全く無かったのに、
    それでもなかなかうまくいかなかったのだ。


    昨日ふと、私が結婚したときに、夫に「ナイス トゥー ミーチュー」と
    笑顔で言っていた祖父を思い出した。
    80代の祖父が、ニュージーランド人の夫に英語で挨拶する姿は、
    とても可愛らしかった。
    大人になってもあたしのことを可愛がってくれた爺ちゃん、安らかに。

    そして母には、これからはどうかもっと自分のために時間を使って、
    ゆっくりと過ごしてもらいたいと思う。



    ランキングに参加してます。気が向いたらクリック。

    ←接戦のこっちも何とか。

  • おえかき楽しいな
    s-P1160514.jpg

    s-P1160515.jpg


    あんたうさぎか。


    公園の画像を載せるとよく、
    「冬なのに芝生が青々としてるのですね」というコメントが来るのだけど、
    オークランドは夏は日本の夏ほど暑くなく、
    冬は日本の冬ほど寒くないので、一年中芝生は青々としていて
    それほど変化がない。
    でもさすがに木は、今の時期はこんなんですよ。


    s-P1160541.jpg


    芝生の緑と、葉がついてない冬の木が対照的で面白い。
    オークランドの冬は、こういう風景なのだ。
    猛暑の日本にいる皆様にこの寒々とした画像を見ていただき、
    少しでも涼んでもらいたいというこの私の優しさ!全米も泣くね。( ̄▽ ̄)
    じゃあ昨日の湯たんぽ画像は何なんだと言われそう。


    昨日わたくしの力作「きなこ画」を載せたところ、
    幼稚園児のような絵をお描きになることで有名なumeさんから
    下手くそ呼ばわりされて、大変遺憾である。
    自分としてはあの「きなこ画」、あまりの芸術性の高さに
    バチカン美術館あたりに展示されたらどうしようとドキドキしてたのに。
    つーか、

    eharasan.jpg


    こんなのお描きになるumeさんに言われたくないわ!
    (勝手にパクってやったぜ!)
    と思ったけど、コレよく見ると結構似てるのが悔しい。
    どうしよう、オークランド美術館あたりに展示されるかも。


    こんな醜い争いを繰り広げている私だが、お絵描きはわりと好きである。
    パステルを指につけて、指でちょこちょこ紙に色を乗せて。
    筆とか一切使わず、指で直接色をちょこちょこ。
    楽しいでないの。アヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

    これは、パステル指に付けて描いたモモマルルさん家の猫三匹。


    s-3cat.jpg


    指先がパステルで真っ黒だよ~。
    この写真見て描きますた。

    20070802091207.jpg


    似てるかな?
    私のお気に入りは、左下のマルルちゃん。
    3匹一緒に飼ってるのに、なぜか一匹だけデブ街道まっしぐらの
    ムチムチ体型で、犬派の私のハートを見事ぶち抜いたのだ。
    でも最近ダイエットに成功してほっそりしてきたようで、ちと残念。
    健康のためには仕方がないね。


    s-P1150272.jpg


    あっ、セツコ・・・!



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。
    ←また抜かれそうだよ~。


    コメントは承認後に表示となります。
  • 冬のおされ考
    ゆう画伯きなこ画伯が「お絵描きの仕方」を公開していた。
    そんなの見たら、あたしも何か描いてみたいと思うじゃないですか、
    自然の流れとして。

    そんなわけで、お友達のお顔を描きました♪
    ペンタブ持ってないので、マウスで一生懸命描きました。


    s-kinako.jpg


    ブログを見てる皆様は本人の顔を知らないので、
    似てる似てないのジャッジができない対象を選んでくるあたりが
    我ながら姑息だな、と。
    しかも彼女の家にあるゲーセンでとった人形だし。
    でも頑張って描いたので、はなまるをください。


    さて、相変わらずニュージーランドは寒いので、
    私の生活にはコレが欠かせない。


    s-P1160473.jpg


    右、湯たんぽ。 左、愛犬。

    どちらも私を温めてくれる大事なアイテムだ。
    これ無しでは、とても冬を乗り切れそうにない。
    早く春が来ないかしら。

    思えば日本にいた頃は、それほど冬が嫌いではなかった。
    寒いのは嫌だけど、冬は冬でそれなりに楽しみがあったというか、
    コートだとかブーツだとか、冬のオシャレが楽しめたし、
    そんな冬がわりと好きだったのだ。

    それが結婚して主婦になり、仕事は自宅でするようになり、
    ブーツを履く機会など、めっきり減ってしまった。
    カジュアル一辺倒の生活に切り替わったのだ。
    そうなるともはや、冬なんてただ寒いだけ。
    何の楽しみもありゃしねーわよ。
    男性から見たら、なんとくだらないと思うかもしれないが、
    女ってこういうことで生きてるところがあるのだ。


    s-P1160466.jpg


    それで、最近めっきりおされする機会が無くなってしまってつまらない、
    という話を夫にしたところ、
    「じゃあ僕の仕事関係のパーティーとか、一緒に来ればいいじゃないの。」
    だって。
    海外では、何かといっちゃーパートナー同伴なのだけど、
    この慣習があたしは嫌いで、国際結婚したものとしてはあるまじきこと
    であるが、夫の出席するパーティーなどに一緒に行きたがらないのだ。

    「ほんとにねぇ!僕くらいだよ!既婚者なのに、いつも奥さん無しで
    来てるのって!」
    「あらまぁ、それはすみませんねぇ・・・。」
    「じゃあ今度何かあったら、一緒に行く?」



    それは、イヤ。 ( ̄▽ ̄)



    s-P1160464.jpg


    「何で?オシャレする機会が欲しいって、今言ったじゃん。」
    「だって、最近おされする機会が無かったから、着ていく服が無い。」
    「・・・・・・・。」

    堂々巡りである。



    人気ブログランキングに参加中◆
    人気ブログランキングに参加中。

    ←ひええ~!先生っ、僕ピンチです!


    コメントは承認後に表示となります。

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ

2002年7月9日生まれの
スムースチワワ、ぷく(♂)と
2005年12月3日生まれの
ロングチワワ、ソニック(♂)と
15年暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。

2009年8月1日より
ソニックが家族に加わりました。
ソニックを引き取ったいきさつは
コチラ。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 

 

フォトブログ
 

たまにボソっと

過去記事

スポンサードリンク

ブログ内検索

ブログ村

スポンサードリンク