ぷく籠

2007-11-30
友人のゆうさんがオークランドからワナカに引越してしまったので。

私たちに会えなくて、さぞかし寂しかろうと思い、
皆で飲みに行こうという件のメールを
わざとゆうさんにもCCにして送り、
地味な嫌がらせにいそしむ私たち。(* ̄m ̄)


しかし本人は、映画撮影現場を見学したりして、
南島での生活をこれでもかというくらい満喫中らしく、
この地味な攻撃がちっともこたえていないようだ。
寂しがらせるつもりが、逆に寂しくなってしまった初夏・2007。


ところで世間では「ネコ鍋」というのが流行っている。






ネコが土鍋にハマって寝ている姿が、実に可愛らしい。
ウチにはネコがいないので、しょうがないから



pukukago1.jpg


これじゃダメでしょうか・・・。(何が?)

思えば我が家には、過去に色んなぷく籠があった。
ダイジェストにお送りすると、こんなのとか


pukukago3.jpg


こんなのとか


pukuk.jpg


はたまたこんなのとか。


pukukago4.jpg


籠の中は居心地が良いらしく、
嫌がりもせずほっとくとそのまま寝そうになる。寝るんじゃない。
キャリーバッグは嫌がるくせに、籠は嫌がらないという
そのぷくのセンスがよく分からない。

しかも、キャリーバッグは嫌だけど


ecobag2.jpg


犬が快適に入れるように作られた機能的な犬用キャリーより、
スーパーで99セントで売ってるエコバッグに入りたがるとは
これいかに。

それから、犬がフガフガ齧ったりして遊ぶおもちゃを与えれば


s-P1140732.jpg


肘掛け枕として活用。
おっさんかよ。

犬として何かが間違っているような気がしないでもない、
そんな今日この頃・・・。




枕にクリックを添えて。
人気ブログランキングに性懲りもなく参加中。

←こっちもスーハースーハー参加中。


コメントは承認後に表示となります。
tag :

on the 水槽

2007-11-29
s-P1200133.jpg


「赤くなって、またすぐ白く戻っちゃう~」
という色白さんとは対照的に、どんなに日焼け止め塗ろうが
帽子被ろうが日陰歩こうが、みるみる茶色になっていく日々・・・。
メラ子なもんで。

でもやっぱり夏のニュージーランドは、気持ちがいいね。


s-P1200048.jpg


今はすっかり元気なのだけど、
先日夜中にどうにもこうにも具合が悪くなり、
たまらず明け方、近くの病院の24時間受付に駆け込んだ。
オークランド一のマハラジャ病院だよ。ヘ(°◇、°)ノ~

ニュージーランドの医療制度は色々と突っ込みどころ満載だ。
今回はその辺については書かないけれど、
とにかく自分の身は自分で守るしかないということで
我が家は高額の医療保険に加入していて、何かあるといつも、
公営の病院ではなく私立のこの病院に駆け込んでいる。


s-P1200058.jpg


この病院、そりゃもう気に入っているし信用しているのだけど、
とにかくドクターが個性的だ。

この日弱った私の前に現れたのは、

ストライプのピチピチパンツに

黒のコーデュロイジャケット姿の

ドクター。



白衣は着ていない。(着ろよ) そして、


髪型はベートーベンそのもの。



martin.jpg


先生!先生はいつもそういったファッションで!? (゚∇゚ ;)
先生のその髪型はやっぱりベートーベンを意識して!?
美容院で一体何て言えばそんな髪型になるのですか!?


など脳内では瞬時に色んな質問が飛び交ったけど、
具合の悪さを伝えるのが先だと思って口には出さなかった。
一応大人だしね・・・。
てか先生見た瞬間にびっくりして具合の悪さを一瞬忘れたし。
外見だけで治すとは、何て名医なんでしょう。


s-P1190180.jpg


んでまぁ検査して、あれこれ処置してもらって楽になったので、
ほっとひと安心して待合室で会計を待っていると。

先ほどのドクターマーティンが、
「ねぇねぇ、ボクの聴診器見なかった?
 デスクの上に置いといたのに、無いんだよ~ん」
とナースたちに聞きながら、ウロウロしてる。

聴診器なくすなよ・・・( ̄ー ̄; と思いながら
待合室の金魚が泳いでいる水槽を見ていると。


聴診器 on the 水槽。


聴診器が水槽の上にちょこんと乗ってるよ。

教えてあげたら
「あれー。何でこんなとこに?あはは(* ̄∇ ̄*)」


s-P1200081.jpg


医者としての腕はすごい人なのかもしれないが、
注意力散漫らしい。
てか注意力散漫の医者ってどうなの。
でもニュージーランドのこういうところが好き。




クリックして欲しいんだよ~ん。
人気ブログランキングに参加中だよ~ん。

←こっちもウロウロ参加中。


コメントは承認後に表示となります。
カテゴリ :NZ生活 コメント:(36)
tag :

お店紹介ごっこ、パートⅢ

2007-11-28
「ニュージーランドの歩き方」のコラム更新しました。
やっと最終回。


====


以前2回ほどやって、ゆる~く好評だった「好きなお店紹介」

たった2回でお気に入りの店が尽きたかに思われたところで、
久々に第3回です。
くれぐれも、これは管理人の趣味に走りまくったコーナーなので、
淹れてから5分後のお茶のように生暖かい目で見てくださるよう
お願いいたします。
オークランドにお住まいの方は、
「お勧めのお店っていうから行ってみたけど気に入らなかった」
などの苦情を送ってこないように。( ̄∇ ̄;)


s-P1200041.jpg


きなこさんも書いてたけど、大型ショッピングセンターなんかに行っても
欲しいものひとつ見つからないのがニュージーランド。
じゃあ私は最近どこで買い物してるかというと、
シティのHigh Street周辺だ。
この辺は良いお店がたくさんあるよ。

特にお勧めなのが、ここ。


s-collage1.jpg


High Streetのダウンタウンよりにある『brave』

ここはニュージーランドでは数少ない『DIESEL』や『MISS SIXTY』を
たくさん置いている貴重なお店。
この2つのブランドを置いてるお店はニューマーケット(地名ね)にも
あって、しかもそっちの方が若干品揃えも充実しているのだけど、
私はこのお店の方が好き。雰囲気的に。

洋服を見ていると、おされな男の店員さんが
「ダーリンそれ素敵でしょ。それにスキニージーンズ合わせると
 クールよね♪」などと、

いきなり客をダーリン呼ばわり

してくるけれど、そこでビビってはいけない。
まぁ私がこの店をお気に入りなのも、こういうNZには珍しく
「あたしホントに服が好きなの!」って感じの人が店員さんだから、
ってこともあるのだけど、苦手な人は苦手かも・・・。( ̄ー ̄;


s-P1190891.jpg


あ、このぷくが着ている服は『DogSkip』さんのもので
このお店もお気に入りです。(うまいっ)
ぷくがモデル犬をやっているので気が向いたら見てみてね。


そして今日のもう一軒のお勧めは、『mezze bar』


s-collage2.jpg


High Streetからちょーっと入ったところにある。
第一回第二回に続いてまたまた店内の写真が無い。( ̄∇ ̄;)
でも中はすごく広くて、快適なカフェ&バーだ。

何でお気に入りかというと、日曜はあちこちのカフェが早々と閉まる
オークランドにおいて、

なんかいつ行っても開いてるから。ヘ(°◇、°)ノ



s-P1190885.jpg


と言うと、ココしか行くとこ無いから仕方なく行ってるみたいに
聞こえるけど、(確かにそれもある)雰囲気は悪くない。
特に窓際のカウチ席に座って、
目抜き通りを見下ろしてボーっとするのが好き。
ここでカモミール茶を頼むと、すごく可愛いティーポットに淹れて
出してくれるのも嬉しい。


s-P1190953.jpg


日曜の夕方あたりにカフェでくつろぎたいなと思ったはいいが、
ことごとくいつもの店が閉まってたときなんかに行くと
暖かく迎え入れてくれるオークランドではありがたいお店だ。
今度は夜行ってみようかな。




慰めのクリックをください・・・。
人気ブログランキングに性懲りもなく参加中。

←こっちもふんがーと参加中。


コメントは承認後に表示となります。
tag :

キビシーッ

2007-11-26
s-P1190861.jpg


久しぶりに本格的な風邪をひいて寝込んでしまった。
普段35度台を常に停滞している低体温の私には、
たかが38度越えの発熱でも結構つらい。
ものすごい寒気と吐き気。
ニュージーランドは初夏だというのに
これでもかというくらい布団をかけ、
一人ガタガタ震えながらベッドで過ごした。

こういうときって何とも切ないものですな。

家には他に誰もいないし、
薬を飲もうにも、具合が悪すぎてキッチンまで行けない。
ベッドからトイレに行くだけで、
まるで成田空港から都内に出るほどの遠距離のように感じる。
たとえが微妙ですみません。

やっとのことでトイレにたどり着いたら、
今度は吐き気に襲われ、そのままトイレに篭城。
寒い。寒すぎる。早くベッドに戻りたい・・・。


s-P1200031.jpg


ところで犬って飼い主の異変をよく察知するもので、
私が落ち込んでいるとき、ピリピリしているときは
ぷくもそれを察してナーバスになるのがよく分かる。

特に私がどーんと精神的に参っているときは、
ぷくも様子がなんとなーくおかしくなるので、
あぁ、飼い主のことをよく分かっているんだな、と
じーんとしたりするものだ。

しかしぷくは、私の精神状態はよく察知するわりに、

健康状態はどうでもいいらしく、


s-P1180018.jpg


などと容赦ない。何この犬。

夕方になると「散歩だよ散歩!いつまでゴロゴロしてんだよ!」
と、自分は完全にスタンバイ。
ひどい!ひどいわ。
這うようにしてトイレに行ったり、
今日の私はどっからどう見ても普通じゃないことくらい
あんたにだって分かるはず!
大体朝から何も食べてない。
犬を飼っている方には分かっていただけると思うが、
私もよっぽどでなければ、体調が悪くても忙しくても
ぷくの散歩は欠かさない。
今日はどうしても歩けないんだよ!


s-P1200023.jpg


あんたこそリンゴでもむいてきてよ!ヾ(*`Д´*)ノ"

バファリンの半分は優しさでできていますが、
ぷくの半分は厳しさでできています。




病み上がりクリックください。
人気ブログランキングへGO!

←こっちもヨロヨロ参加中。
カテゴリ :ぷくソ日記
tag :

父ちゃんて

2007-11-24
初夏の日差しのなか、疾風のごとく駆け回るプークインパクトのような
速さで、私の受信トレイに一通のメールが舞い込んだ。


s-P1190505.jpg


チワワに似てるお父様って一体・・・( ゜ ▽ ゜ ;) 


メールを下さったゆみこはんさんによると、
おでこのラインが特にそっくりなのだとか。
「それは是非見てみたいです~」と返信したら、
なんと写真を送って下さった。


お見せできないのが残念ですが、

これがまたシュールな写真で。




なぜか上半身裸で一人黙々とお食事中のお父様の写真が
添付してあった・・・。

結論から言うと、確かにぷくに似てらっしゃった。
特にこの写真とか


20071123112736.jpg


この写真に雰囲気がそっくり。


s-P1180279.jpg


お父様のおでこにはなぜか「冷えピタ」が貼られていて、

「今年の日本の夏は猛暑でして、あまりに暑いので
 ちょっと貼り付けてみました。(^_^)」


だって。お父様思いの娘さんですね・・・。
お父さんも、貼られるがままかい。

ちなみにこれらのぷく画像は、「坂田師匠に似てる」という
コメントも頂いたことがある。


s-P1190762.jpg


こんな言い方をしたら失礼かもしれないが、
頂いた画像はとても優しそうで可愛らしいお父様で、
見ていたらなんだか急に、日本にいる父が恋しくなってしまった。

そういえば先週知人の結婚式に出席した。
新婦のお父様とちょこっと二人で話をする機会があったのだが、
日本から長いフライトでお疲れでしょうみたいなことを言ったら

「でも来た甲斐ありました。
 娘にこんなにたくさんお友達いるんだなって思ったら
 嬉しくて、安心しちゃって。」

初対面の年配の男性が静かに放ったそのたった一言で、
うかつにも涙が出そうになった。

父親の想いってのは、みんなそういうもんなのかもしれない。

私もたまには電話でもしてみようかな。




人気ブログランキング参加中★
ランキングへ応援クリックありがとう。

←こっちもゆるゆる参加中。


コメントは承認後に表示となります。
tag :

黄色いヤツ

2007-11-22
<今日のヒーロー>

s-P1200019.jpg


友人きなこさんが帰国したときの日本土産。
首都レンジャーは三人構成で、この他に東京タワーの『レッドタワー』
上野動物園の『パンダーマン』がある。

私は浅草が好きで、日本へ帰ると必ず浅草寺へお参りに行く。
なので是非ともこの『雷門イエロー』が欲しかった。

余談だが、今年6月に帰国したとき、
夫が浅草寺でおみくじを引いたら「凶」が出た。( ̄▽ ̄)ノ
外国人観光客も多い浅草寺、ご丁寧におみくじにも全て
英訳が付いている。
キレた夫、「吉」が出るまで引き続けると言って、
ありったけの100円玉握り締め、おみくじを引き続けた。
6回目くらいにやっと「中吉」が出て、そこで終了。
おみくじに600円使う夫って、もしかして
UFOキャッチャーやらせたら取れるまで何千円でも使うタイプ?
と、夫の新たな一面を発見してげんなりした、思い出の浅草・・・。


s-P1150491.jpg


きなこさんが、この首都レンジャーストラップ3種類を
私たちへのお土産に買ったとブログに書いたとき、
『雷門イエロー』を他の人に取られたら大変だわ!と思った私は、
「あたし雷門イエローがいい!」とコメントしようとした。
そしたら、


「イエロー」の「エロ」が禁止ワードに

引っかかり、コメント拒否される。




EROKAKKO.jpg


とにかくそんな苦難を乗り越えて、
無事私の元へやってきたストラップなのである。
きっと私のお守り的存在になってくれるに違いない。
と思ったけど、この『雷門イエロー』の説明を読むと、
根っからの江戸っ子で、祭りのときにテンションが最盛期を迎えるらしい。
普段はあまり役に立たなそうなヒーローね・・・。
しかも後頭部に「雷野郎」って書いてあるよ。
それじゃぷくも、


s-P1170879.jpg


ところで最近、財布の紐がゆるみっぱなしだ。
靴だのバッグだの服だのと、買い物が止まらない。
「自分へのご褒美♪」などと言っては買い物してるけど、

ご褒美もらうほどの頑張りを

見せた覚えは無い。
 



s-P1190959.jpg


ああっ、それはご勘弁を!
これから頑張るから! 多分。




あれまー。
人気ブログランキングへGO!

←こっちもヨロヨロ参加中。


昨日のコメント返信ちょっと遅くなります。しばしお待ちを。
カテゴリ :つぶやき
tag :

ウチにだって、ある。

2007-11-21
s-P1190933.jpg


先日ピロティと、グランディーババレエ団の公演を観に行った帰りに
撮った写真。会場となった建物の前が、ちょうど広場になっている。
昼間はここでスケボーやってる人がちらほらいて、
週末はマーケットの会場にもなる。
見慣れた場所だけれど、夜見るとまた雰囲気が違って見えて、
思わずシャッターを押した。
私はあまり夜遊びは好きじゃないけど、
たまにおめかしして、親しい友人と劇場なんかに出かけていくのは
とても楽しい。だからみんな、誘って。


ところで最近外を歩いていると、
街のあちこちがクリスマスのデコレーションになっているのに気付く。
街中キラキラして結構なことですね。(棒読み)

私、クリスマスってろくな思い出がない。


s-P1190915.jpg


学生の頃は、クリスマスってバイトしてた思い出しかないし、
社会人になってからは師走の忙しい時期に寝る暇さえなく、
デートだのパーティだのって浮かれてる場合ではなかった。

ニュージーランドに来てからは、夫の家族&親戚大集合の
クソつまんないホームパーティーで、一人アジア人で浮きまくり♪
よーし、そっちがその気ならと、2年前のパーティーでは
ぷくを連れて行った結果、


100_1791s-.jpg


親戚のお子様たちに

「近寄るな!」とぷくブチ切れ。



よって子供は誰も、半径1メートル以内に近寄れない。
・・・誰に似たのかしら。( ̄∇ ̄;)


去年はそのファミリーパーティーを見事バックれ、
ゆうさんちで開かれたホームパーティへ行ったのが、
私の人生で唯一楽しいクリスマスの思い出だ。

そのゆうさんも、今年はワナカへ引越してしまった・・・。

そんな今日このごろ、クリスマスだからといって
楽しい気分になれるだろうか。いや、なれない。(反語)


s-P1190918.jpg


ラファエル丸さんなんて、わざわざららぽーと船橋まで
クリスマスツリー買いに行って
しかも馬鹿デカくて重い箱を持って帰るのは無理だろうと
当然のことを思った店員さんに「配送できますよ」って言われたのに、
すぐ飾りたいからって無理して電車で持って帰って
ったくご苦労さんだわそんなめんどくさいことしちゃってって
優雅に小指立ててカモミール茶飲みながら
ブログ見てせせら笑っていたら。

画像見たら、すごいおされ。

・・・・白いツリーだって。おされ。
さすがラファエル丸さん。どこまでもハイセンス。


何よ!うちにだってツリーくらいあるんだからね!




20071120120416.jpg
言うまでもなくmimosaさんの作品。


どう、まいった?( ̄∇ ̄;)
ムチウチじゃないのよ。





頭上のツリーをポチっとね。
人気ブログランキングへGO!

←こっちもゆるゆる参加中。


コメントは承認後に表示となります。
tag :

色、いろいろ。

2007-11-20
私はラベンダー色、スモーキーピンク、くすんだ紫色が好きで、
洋服もそういった色のものがたくさんある。
ブランドによっては「ダスティパープル」ってカラー名で呼ばれてる
あの色も、とても好き。

ところで、色の呼び方ってもはや色々ありすぎて(シャレじゃないよ)
カラー名を言われても、それがどんな色なのか
イメージできないことが多い。特に車。

ガンメタリックとか、ホワイトパールクリスタルシャインとか(長い!)
ブラックマイカとか、ダークレッドマイカメタリックとか、

一体何色よ? ( ̄∇ ̄;)


このカタカナで長すぎるカラー名を、
もうちょっと和テイストを混ぜた名前にするのはどうかしら。
「さざなみレッド」とか「たそがれブルー」、「環境グリーン」
なんていいと思いませんか。
思いませんか、そうですか。


s-P1190204.jpg


話は戻ってラベンダー色。
今日ぷくが着ているのは、モデル犬をやらせていただいている
『DogSkip』のお洋服なんだけど、
これ実は、色違いで私が大好きなラベンダー色もある。
見た瞬間、ラベンダー色がいいなぁと思ったんだけど、
ぷくにはラベンダーより水色の方が似合うので、こっちにした。
ラベンダーだと、女の子っぽくなっちゃうしね。
そう、自分が欲しい色より似合う色を選ぶんだ!

私のワードローブに赤が一枚も無いのも

そういうわけなのさ・・・。



s-P1190214.jpg


それはね、ぷく。
シャレにならないくらい似合わないからだよ・・・。

「赤が似合わないコンテスト」があったら迷わず応募して、
審査員の目を釘付けにしつつ上位に食い込む自信がある。
どのくらい似合わないかというと、
学生のころ、赤のシンプルなニットを着ていたら、
母、彼氏、友達数人からそれぞれ別々に
「驚くほど赤が似合わない」と言われたほど。

これってちょっと、すごいと思いませんか・・・。
全員同じ場にいたわけではなく、
別々に総勢10人くらいから言われたのだ。
こういうことって、あまり無いと思う。( ̄ー ̄;


s-P1190211.jpg


母とか彼氏が「似合わないよ」とズバっというのは分かるけど、
辛口な女友達から、大人しい女の子から、男友達まで
「似合わない」と言うなんて、よっぽどのことであろう。
私だって友人が着てるもの、そうそう「似合わない」なんて言えない。

誤解のように言っておくと、
服のデザイン自体が似合ってなかったわけではなくて、
普通のシンプルな無地のセーターだった。
ちなみにカーディガンでもカットソーでも、定番ものであっても
それが赤である限り、周囲から同じ反応がくる。(-ノ-)/Ωチーン

自分でも「あたし赤はダメかも」と、鏡を見た瞬間思ったんだけど、
別に派手な服でもワンピとかでもなかったし、
定番中の定番みたいなアイテムだったから、
着る人を選ばない類のものだろうと言い聞かせ、着てしまったの。
若かったから・・・。


s-P1190209.jpg


そんなわけで、社会人になってからは
「赤」は一切私の人生から排除した。
今現在も、一枚たりとも持っていない。
夫もニュージーランドの友人たちも、私が赤を身につけているのは
一度も見たことがないはずだ。

先日お買い物に行ったとき、
服じゃなくて足元なら赤だっていけるんでないの?と思い、
それはそれは美しい赤のパンプスをお店で履いてみた。
そしたら足元だけなのに、言葉で表わせないくらい似合ってなかった。

やるな、赤。
どこまでもあたしを拒否する気らしい。





暴落中。せめて赤い花を飾ろう。
人気ブログランキングへGO!

←スイカも赤いけど食べていい?


コメントは承認後に公開となります。
tag :

男こそチュチュ

2007-11-19
「ニュージーランドの歩き方」のコラム更新しました。


====


s-P1190923.jpg


ピロティとバレエを観に行ってきた。
なぜバレエかというと、秋といえば芸術の秋ということで
バレエでも鑑賞して芸術に触れてる自分を演出♪という魂胆だ。
ニュージーランドは今初夏じゃないかとか
そういう細かいことはスルーしてください。

それで私達が観た公演は、コレ。


s-P1190934.jpg


そう!!あのグランディーババレエ団ですよ!
「Men in Tutu」ですよ!
文字通り、男がチュチュ着て踊りまくりですよ。

男性オンリー。
全員派手なお化粧して、数人のダンサーはあえて脇毛やすね毛
丸出しで、筋肉ムキムキの足をフワフワのチュチュから出して
踊る踊る。回る回る。


s-P1190896.jpg


グランディーバは日本でもよくツアー公演をやってるので、
ご覧になったことがある方も多いかもしれない。
公演は全体通して見事にコメディ仕立て。完全にウケ狙いだ。
観客も私たちも笑いっぱなしだった。
だけどその一方で、みんな素晴らしく高技術で、
当たり前だけどそれはそれは見事なテクニックの
プロのバレリーナたちだ。
2時間ちょっとの公演があっという間に感じたほど、魅了された。

私、すっかり彼らのファンになってしまいましたよ。

パンフレットを見ながらピロティと二人で 
「どの人が一番好き? (//∇//)」
「えー、あたしはねぇ・・・、(* ̄∇ ̄*)」
とか言い合ったりして。中学生か。
だいたい、どの人が好きも何も、みんな


s-P1190946.jpg


こんなだけどね・・・。 


日本人ダンサーも一人いて、この瀬川哲司さんがこれまた
すごくいい味出している。
最初はピンクのドレス着てメイクして踊ってたけど、
後半のプログラムでは男性役として登場し、
小柄な男性が馬鹿でかい女装ダンサーをサポートする、という
演出をしていて観客笑いっぱなし。
ソロでのパートも本当に素晴らしかった。

バレエに興味が無い人でも、グランディーバの公演なら
絶対に楽しめると思う。
是非たくさんの人に観て欲しいと思った。


s-P1190878.jpg


ただ初めてバレエを生で観たピロティは、
「今度は普通のバレエも観ないとな・・・。」と呟いてた。確かに。
じゃないとピロティにとってバレエ=グランディーバになっちゃって、
それはちょっと避けたい気もなきにしもあらず。
いや、それもアリだな。




グラグラ参加中。
人気ブログランキングへGO!

←ちっちさん作バナー。


コメントは承認後に表示となります。
tag :

もう一人の自分

2007-11-17
ビリーで一汗かいた後に食べるスイカが旨い。

これだけスイカスイカ言って、
しょっちゅうスイカ画像を載せてると、
さぞかしスイカ好きなんだろうと思われそうですが

実はそれほどでもありません。( ̄∇ ̄;)


私にとってスイカは、単に手っ取り早く夏気分を味わうための
アイテムにすぎない。
むしろ、こっちの方が好きです。


s-P1190770.jpg


ビリーで一汗かいた後に食べるイチゴが旨い。


s-P1190859.jpg


うっ・・・・。 


先々週、お気に入り小説として 『李歐』 を挙げたら、
この2週間、私も読んだよメールをたくさん頂いた。
「私も惚れました」というメールが多く、何だか嬉しかった。
でしょ!?惚れるでしょ?惚れるよね!(*/∇\*)キャー ←アホ


で、調子乗ってまたまたゆるりと週末読書日記です。





山本文緒作品はお気に入りがありすぎて、どれをあげたらいいのか
分からなくなったので、テキトーにこの2冊。( ̄∇ ̄;)
それくらい、あれもこれも好きだ。
サイン会とかあったら行ってみたい人ナンバーワンかもしれない。

でも私は、山本文緒の小説を好きと言ってしまうのは
実はちょっと抵抗がある。
この人の小説を好きと言ってしまうと、
自分の中の意地悪な部分とか、鬱っぽい部分とか、
その他色んな人には知られたくない自分の嫌な部分を
白状しているような気分になるからだ。
あくまで私の場合だけど。

でもこの人の本に出てくる登場人物はどれも、
他の本ではありえないくらい共感してしまう。


s-P1190806.jpg


仕事も私生活も平穏に順調で、
あまり怒ったり、誰かのことを憎んだりせず暮らしていたいのに、
現実にはなかなかそうもいかない。
大嫌いな人もいるし、こんなことを言ったら引かれてしまうだろうな、
なんて思って、誰にも口にできない悩みとか寂しさとかドス黒い想いも
私の心の中には常にある。

多分程度の差こそあれ、大抵の人がそういうものを抱えて
生きてるんだろうけど、普段は上手い具合に蓋をして、
前向きな自分と気持ち的につまづく自分の折り合いをつけながら
生活しているんだろう。

山本文緒の小説を読むと、
普段蓋をしてる方の、根暗なもう一人の自分に「分かるよ」と
言ってもらった気がして、ホロリとしてしまうときがある。
でもたまに「分かるよ」と言ってもらえるからこそ、
また蓋をして笑顔を作って頑張っていけるような気がするのだ。




気が向きましたらクリック。
人気ブログランキングへGO!

←よろよろ参加中。
カテゴリ :読書日記
tag :

ホジナシな人

2007-11-15
<今日の悪役>

s-P1190869.jpg


このブログを見て下さっているしぃさんからのメールで
初めて知ったのだけど、なななな、なんと!
あの秋田のヒーロー「超神ネイガー」が、フィギュアになって
発売されるそうだ!(ニュース記事はコチラ

すごい、すごいわ!フィギュアにまでなるなんて。

ネイガーストラップは前にも載せたので、
今日の画像はネイガーの適役、ホジナシストラップ。
ホジナシってどういう意味なのと、秋田在住のmimosaさんに聞いても
「ホジナシは、ホジナシな感じなんですよ~!」
としか言ってくれない。
標準語に訳しにくい、秋田の方言なんだそうな。
とにかく悪役で、秋田で起こる悪いことは全てホジナシのせい的な
雰囲気もあるらしい。
でもネイガーのオフィシャルサイトによると、
写真撮るよと言ったらポーズを取ってくれたそうなので、
意外といいやつなのかもしれない・・・。
「ホジー、ホジー」って鳴くんだって。
だからホジって何。


s-P1190841.jpg


ところでオークランドも最近初夏の気配がしてきた。
朝晩は相変わらず寒いのだけど、
日中の陽射しは結構きつい。
ニュージーランドは紫外線の量が日本の7倍とも言われているので、
日焼け止めと帽子は欠かせない。
「お肌が~、シミが~」なんて言ってるうちはよくて、
この紫外線じゃ気をつけないと、皮膚がんになっちゃうからね。


s-P1190329.jpg


実際皮膚がんにかかる人の割合は結構高いのだけど、
夏になると「やっぱり小麦色の肌にしなくちゃね♪」と言って
ビーチで昼寝するNZ人がわんさか。 夫も含む。 (-゛-メ)
オゾンホールの真下のニュージーランドのビーチで
半日寝転がったらアータ!
ったく、ホジナシな人たちだわ!


s-P1190542.jpg


違うかな・・・。
雰囲気で使ってみたんだけど、秋田にお住まいの方、
添削してくださいませ。

でも若い子が小麦色の肌にしようとビーチで寝転がってる
だけじゃなくて、中年のオバちゃんオジちゃんたちも
同じようにビキニなんかで寝転がってるのを見ると、(しかもデブ)
それはそれで、いかにもおおらかなキウイらしくて
あー、私はニュージーランドのこういうところが好きだなぁ、
とも思うの・・・。




まっさかさまに落ちてデザイア。
人気ブログランキングへGO!

←ベージュの背中をそっとクリック。


コメントは承認後に公開となります。
カテゴリ :NZ生活 コメント:(51)
tag :

ブタじゃない

2007-11-14
<今日のお花>

s-P1190712.jpg


私の好きなご飯がすすむぜメニュー、
「ナスとブタ挽き肉のぴり辛炒め」を作ろうと、
挽き肉を炒めていたら、何だか匂いがおかしい。
変だなと思い、挽き肉が入っていたパックを見たら


それはブタではなく、

ラム挽き肉だった。 (-ノ-)/Ωチーン




いけないね。これはいけないね。
同じ挽き肉でも、ブタとラムの差は大きいね。
このメニューに関しては特に、
そこ間違っちゃいけないトコだったね・・・。
さすがラムの産地、ニュージーランドだね、やられたね。
スーパーで手に取った時点で既に、ブタだと思い込んでたね。

ショックが隠せなかった、初夏2007。


s-P1190723.jpg


それでどうしたかというと、
私はdekideki主婦なので、慌てず騒がずに
急遽「ピリ辛炒め」をメキシカンに変更♪

したけどあまり美味しくありませんでした。


ところで引っ越してしまった友人のゆうさんですが。
無事着いたのメールもありゃしねぇわとふてくされていたら
やっとこさメールが来た。
やっぱりアレね。
ワナカからだとメールが届くのも数日かかるのね
などと呟きながら開いてみると、

「はっぴーばーすでーつーみー。
 誕生日プレゼントは洗濯機が欲しいです」

だって。

・・・・・・・あらやだ。忘れてた。
えーと、○○才の誕生日おめでとう。あはは、あはあは。

洗濯機をあげたいのは山々なんだけど、そんな大きなもの
オークランドからワナカまで送るのは大変だから、
「洗濯物を手洗いして荒れた手に塗るハンドクリーム」
でも送ってあげよう。そうしよう。


s-P1190728.jpg


ガーベラの間から見えるぷくが市原悦子バリの覗きっぷりなのは
あまり気にしないで下さい。




クリックを覗きぷく。
人気ブログランキングへGO!

←お手をしながら参加中!
カテゴリ :つぶやき
tag :

寂しくて、転倒

2007-11-12
<今日のヒーロー>

s-P1190766.jpg


ロック仲間のmanamiさんからの旭川の旭山動物園みやげ。
これはホッキョクグマホワイトで、得意技は水中ダイブって書いてある。
(水中ダイブって、得意技と呼べる類のものなのだろうか・・・)
ヒーローだけど可愛い風貌で、ちょっと頼りなさげなところが良い。
最近の私は寂しがり屋なので、ホッキョクグマホワイトには是非
私の慰め役として頑張ってもらいたい。


s-P1190484.jpg


友人のゆうさんが、オークランドからワナカへ引っ越してしまった。

まあ同じニュージーランド国内だし、
ご主人の仕事の都合で一年弱とのことなので、
来年中にはまたオークランドに戻ってくる。

とは言え、ニュージーランドの北島に位置するオークランドと
南島に位置するワナカでは、1,523kmも離れている。
今までみたいに毎週会っては茶をしばく、というわけにはいかない。
つまり何が言いたいのかというと、

ただでさえ友達少ないのに寂しい!(T▽T)

というきわめて私的なことをブログに書いてしまうくらい、
心にぽっかり穴が開いているわけです。
とりあえず本人には
「ゆうさんのいないオークランドで毎日涙で枕を濡らして寝てます」
と大嘘ぶっこきメールしておいた。


s-P1190487.jpg


で、こういう心に穴が開いた状態で過ごしていると、
ろくなことがない。

昨日用事があって、アポの場所まで足早に歩いていた。
足元は、慣れない8センチヒール。
そしたらあの、下水道の蓋とかにある小さい穴に
ヒールがはまってバランス崩し、
いい大人が公衆の面前で fell down.
校庭で遊んでる小学校低学年児童並の転びっぷり。

慌てて「あはは~♪」と照れ笑いしながら立ち上がったけど、
転んだ痛みよりも、周囲の私を見る哀れな視線の方が痛い。
そっちの方が私のメンタル的にどう考えてもクリティカルヒット。


s-P1190492.jpg


救いだったのは、スカートではなくて珍しくジーンズを履いていた
ことくらいか。
良かった、転んで世間様にパンツ見せて迷惑かけなくて・・・。

おかげでちょっと足首が痛いので、昨日はビリーを休んだ。
今までちゃんと続いてたのに。
ゆうさんが引っ越して心に穴が開いたせいで転んでビリー休みだよ。

と、ビリー休んだのもゆうさんのせい的な雰囲気に
うまくまとまったところで、皆様良い一日をお過ごし下さい。




同情するならクリックくれ!
人気ブログランキング安達祐実めいて参加中。
←こっちはひとつ後退~。


コメントは承認後に公開となります。
tag :

見習って、ぷく・・・。

2007-11-10
s-P1190688.jpg



二つ前の日記は一体何だったんだ

としか言いようがないくらい、オークランドはポッカポカしております・・・。

ニュージーランドに7年も住んでいるのだから
いい加減慣れてもいいようなもんだけど、
一昨日ヒーターをガンガン点けてたのに今日は半袖♪
ってのは自分の中の何かが納得いかないと抵抗するので、
長袖の薄いシャツを着て出かけた。

これまた一昨日はヒーターを点けながら運転していた車を
今日はクーラーにしながら走らせる。
すると、信号待ちの時、
歩道を歩いているアジア人の若い女の子が目に入った。
彼女、パーカーの上にさらに分厚い冬のジャケットを着て、
この炎天下、それはもう部活まっさい中のように汗だくの顔で
スーパーの袋を持って歩いている。


s-P1190753.jpg


多分留学生か何かで、まだオークランドに来て日が浅いのだろう。
そりゃこんなに日によって気温が違うとは思わないよね・・・。
分かる、分かるよ・・・。

というわけで、


s-P1190693.jpg


ところで夫はスイカが嫌いだ。
スイカやきゅうりが嫌いな人がよく「カブトムシの味がする」
とか言うのがありますな。
夫もまた、食ったこともないカブトムシの味が
どうこう言うパターンかと思いきや、
「タネがめんどくさいから」だって。
同じく「骨がめんどくさい」という理由で焼き魚なんかもダメ。
カニ、手羽先なんかもできれば避けたいんだそうな。


モノを食べるのに

めんどうくさいとは何事!?(▼▼メ)



と、年寄りめいて説教したくなるのは私だけだろうか。
見習いなさいよ、ぷくを。


s-P1190620.jpg


・・・・これもちょっと微妙。




大変!バナーが食われちゃう。
人気ブログランキングへGO!

←こっちもぷくレモンで参加中。


コメントは承認後に公開となります。
カテゴリ :NZ生活 コメント:(38)
tag :

肉、被って、春・・・

2007-11-08
きのう寒い寒いと言いながらスイカ食べて、
さらに冷えたと悪態つきまくったら、今日はなんだか


kaiseiegao.jpg


スイカの続き食べよっと・・・。
まったく極端すぎるわ、オークランドの気候。
日によって気温が違いすぎる。
暑くなったり寒くなったり、
かと思えば一日のうちに四季があると言われるほど
朝晩と日中では大きな気温差があったりして、
こんなんじゃ、ちっとも衣替えできやしないよ!


s-P1190643.jpg



ていうかぷくさん、

骨付き肉、被ってますが。



もはや犬なんだか何だか分かんないような風貌になってるけど、
この肉被り物は言うまでも無く、巨匠mimosaさんの作品。
まぁ他にこんな大胆なデザインの犬用被り物作る人なんていませんね。
つーかいないことを祈ります。

で、この肉は先日のレモン被り物と一緒に送られてきた新作。
つまり2007年mimosa春夏コレクションだ。


レモンを被ったぷくは、レモンを嗅いでうっとりしてたので、
肉を被ったぷくは、肉食わないとね、ってことで


s-P1190614.jpg


わー、すごーい。
肉かぶって肉食ってるー。わー。

・・・・・・・( ̄▽ ̄)


それより今写真見て「あ!( ̄∇ ̄;) 」と思ったのが、
このぷくが着ている水色のお洋服、
ぷくがモデル犬をやっている「DogSkip」さんのお洋服だった。
今度紹介しようと思っていた服で、肩にリボンが付いていたり
後ろにラインストーンでハートが描かれていて、とても可愛い。

それが、ちゃんと載せて紹介する前に


s-P1190629.jpg


こんな姿で載せちゃった。

巨匠の被り物のインパクトが強すぎて、
これじゃ誰もお洋服に目がいかない。

確信犯だと思われそうだけど、マジボケでした。
まーいっか・・・。




よくねーだろ、と突っ込みながらもポチっと。
人気ブログランキングへGO!

←ぷくレモンで参加中。


コメントは承認後に公開となります。
tag :

スイカ、戦って、夏・・・

2007-11-07
寒い。
11月だというのに、人をバカにしたみたいに寒い。

日本と季節が真逆なニュージーランドは、
これから夏に向かっていく。
先々週くらいからオークランドも大分暖かくなってきていて、
寒がりな私ですら半袖で出かけた日もあったくらいだ。

しかし昨日から

ヒーター、再び。



yutannpo.jpg


これだから参るよ、オークランドの気候は!
これじゃコートがいるじゃないか。
もうクリーニングに出しちゃったのに、(←やっぱり毎年学習しない)
それをまた着るなんて、そんなの絶対にできない。
一度クリーニングに出した冬物を、夏前にまた着たら負けだもの。


前に夏に日本に帰国したとき、成田についた日が39℃だった。
いくら夏が好きとはいえ、日本の夏の猛暑はさすがにきつすぎるなと
思ったものだった。
しかし、正直この中途半端な寒さと雨続きのオークランドの気候も
げんなりさせられるものがある。
やっと雨ばかりで悲惨な冬を抜けたかと思ったら、
11月に入ってもまたですか!みたいな。


s-P1190677.jpg


こんなに寒くても11月なので、
スイカも張り切ってスーパーに並んでいる。
ああそりゃあ並んでるさ、だって11月だもの!
そもそも先週までは暖かかったしね・・・。

あたしがこんなに夏を待っているっていうのに、
ホントにオークランドの気候ってやつは。
いいですよ、そっちがその気ならいいですよ。
こうなったらスイカでも食べて、無理やり夏気分を味わってやるから!

ということで、


s-P1190679.jpg



6℃のお部屋でスイカ食べたら

体の芯まで冷えました。



この薄いスライスを3分の1食べたところでギブ。
完全にギブ。タップタップ。
残りは冷蔵庫へ、そっとput it back.
どうかこのスイカが腐る前に、暖かくなりますように。




皆様の応援クリックで暖めて・・・。
人気ブログランキングへGO!

←冷えながらこっちも参加中。


コメントは承認後に公開となります。
カテゴリ :NZ生活 コメント:(41)
tag :

消費者考

2007-11-06
「ニュージーランドの歩き方」のコラム更新しました。


====


先週の「ビリー入隊宣言」、
ジョークだと思われて、コメント欄の常連さんには
軽くスルーされた感もあったけど、実はこの一週間毎日続いている。
誰も信じないかもしれないけど。( ̄∇ ̄;)


s-P1180805.jpg
※音声は変えてあります。


昨日、私はDカップ~なんてホラ吹いちゃったせいで、
この「ビリー続いてます」発言も「はいはい♪」って流されそう。
しまった。やっぱりウソはむやみにつくもんじゃありませんね。
でもホントにビリーは続けているのさ。

そう、実はマジなの。


そして自分でも信じられないのだが、今のところ結構楽しんでやっている。
ジムに通うのは嫌だけど、これなら続けられそうな感も
なきにしもあらず。






ビリー経験者から多く聞かれるのが
「しんどくなってくると、絶妙なタイミングでビリー隊長が
 励ましてくるからやる気になる」という声。

しかし私はあの励ましが、うっとおしい。


しんどいのになんだその笑顔は!みたいな。
励まさなくていいから黙々とやろう!と思ってしまう私って
意外とストイックなタイプ? (* ̄m ̄)


s-P1180804.jpg


ところで最近私の友人たちにもジワジワと浸透しているらしい
ボンヌ・ママンのジャム。
最近の私はジャム以外のボンヌ・ママンも食べてみようってんで、
前回のタルトに続いてコレですよ。


s-P1190565.jpg


チョコクッキー。
これもまたチェックのパッケージが可愛い。


食べた感想は、やっぱり普通。


タルトと同じで、美味しいけどごく普通のチョコクッキーという感じ。
輸入品だからか、やけにお高いので、
だったら何もこれじゃなくても他の似たような製品でいいいじゃないか
という感が否めない。
でもこのチェック柄のパッケージが可愛くて、
つい手に取ってしまうんだね。

ジャム瓶といい、チェックが可愛いというだけで
他の似たような製品よりはるかに高いものを買ってしまう私って

バカな消費者代表?



ahyahya.jpg
これはバカ笑い。


でもいいの。
ジャム瓶は入れ物として散々再利用して楽しんでるから。
そう言い聞かせて自分を納得させる、2007年春・・・。





ポイントガタ落ち。ぷく、寝てる場合か!
人気ブログランキングへGO!

←接戦のこちらもよろしくね。


コメントは承認後に公開となります。
tag :

認めない

2007-11-05
前日深夜遅くに帰宅した夫は、休日の午後、お昼寝をしていた。
昼寝をしている夫に
「○○に行かなくちゃいけないんだけど、まだ昼寝する?」
と声をかけると、慌てたように目を開けて
「寝てないよ、全然寝てないよ。ただ目を閉じてただけ」と、
絶対に昼寝を認めないのはなぜかしら。


nemuipukiu.jpg


いつもこうだ。

どういうわけか、夫は自分の昼寝を認めない。
別に休みの日に昼寝してたって、誰も文句なんて言わないのに。
好きなだけ寝たらいいじゃない。

それなのにいつもいつも
「ちょっと目を閉じてただけ」とか
「目を休めてただけ」とか
「瞑想してただけ」って


横になってイビキかきながらする

瞑想って何。




meisou.jpg


私が大好きなサイバラの漫画 『できるかなV3』 にも
旦那の鴨ちゃんが自分のうたた寝を認めない様子が描かれていたけど、
まさにうちもあのとおりなのだ。
世の中の旦那とは、うたた寝を認めないものなのだろーか。
どうなのっ?
ねぇお宅はどうです、奥さんっ。 (;`O´)o


それから夫は酔っ払っているときも、絶対にそれを認めない。

足元がおぼつかなくなるほど酔っていても、
「酔ってないよ o(゚◇゚o)」と言い張る。


yottenaiyo.jpg


そういえば、以前酔って帰宅した夫が、パジャマに着替えるために
履いていたジーンズを脱ごうとしていた。
一生懸命ボタンを外す動作をしながら
「あれ、何で脱げないんだろう・・・」と呟いている。

夫よ、なんで脱げないかというと、あなたの手元にあるのは

ボタンではなくてジッパーだからだよ。



hatidura.jpg


手元がジッパーなのかボタンなのかすら判断できないほど
酔っているのに

「ワイン一杯しか飲まなかったから全然酔ってないよ」


hitokuri.jpg


人間とは無駄なウソをつく生き物なのだろう。
私はDカップです。




瞑想しながら参加中。
人気ブログランキング

←接戦のこちらもよろしくねー!

tag :

今夜は久々に

2007-11-04
週末なので、ゆるりと読書日記でも。(~ ̄∇)~

私は本が好きで、毎日寝る前に何かしら本を読む。
と言っても前にも書いたように、
読んだ片っ端から垂れ流しなので、前に読んだ小説も
「どんな話だったっけ?(^▽^;)」と忘れてることもしばしばだ。

以前読んだ推理小説を、数年ぶりに読んでいたら、
一度読んでいるにも関わらず、
最後まで犯人が分からなくてドキドキしながら読み進め、
最後の最後に結末読んであらビックリ、みたいな。


s-P1190557.jpg


まるで初めて読んだみたいに、犯人が分かった瞬間、
新鮮に驚いたりして。
犯人が意外な人物だったことよりも、
自分の記憶力の乏しさにも2重でびっくりすることになるのである。
どうなのそれ。

そんな私でも、一度読んだだけで強烈にストーリの細かな部分まで
頭に残っている作品というのもある。
そういう本に出会えたときって、何とも幸せですな。

真っ先に思い浮かぶのは、高村薫の『李歐』





文句無しに、小説の中の登場人物に恋に落ちました。

ところで高村薫さんって女性なんですね。
この人の小説は他にも結構読んだけれど、
ずっと男性だと思い込んでいた。
コレを書いたのが女性だというのは、私にとってちょっと驚きだ。


s-P1190559.jpg


権力とかお金とか派閥とか健康とか体力とか学歴とか
コネとか外見とかトークのうまさとか長いものに巻かれるコツとか、
そういう生きる上で武器や鎧になるものって
あればあるだけいいな、なんて大人になればなるほど
私は実感することが多くなった。

だけど、そんなものよりも決定的に私が欲しいのが
とにかく総合した「タフさ」と「生きるチカラ」で、
そういう言葉にすると照れくさいような曖昧なものが
強烈に欲しくて仕方がなくなるときがある。
バカみたいだけど。

そして『李欧』は私にとって
「タフさ」と「生きるチカラ」の象徴のような小説だった。
あくまで私にとってはだけど。
自分に決定的に欠けていて、だからこそすごく憧れるものが
たくさん詰まった本、と言う感じ。

最近ちょっとイライラすることが多く、
小さい人間がさらに小さくなっていたから
今晩は久々にこれを読みたい気分だよ。




ぷく、起きんかい。
人気ブログランキング

←接戦のこちらもよろしくねー!
カテゴリ :読書日記
tag :

検査だよ

2007-11-02
重い腰をあげ、やっとニュージーランドに来てから初の(!)
婦人科系の検査に行って来た。

しかし検査というのは、
「受けなければ結果も分からないからとりあえず元気」
というか、つまり「臭いものには蓋」みたいなところがあって、
結果が出て何か問題があったら嫌だ、と恐れるあまり、
先延ばしにしてしまいがちだ。
これが良くないのだろうけど。

しかも私のように何年も検査をしないで放置していると
さすがにどこか悪そうでますます行けない、みたいな。


s-P1190371.jpg


前にテレビを見ていたら、明石家さんまが
「どこどこの数値がよくないです、なんて言われたら
それ聞いただけで『病は気から』で死んでしまいそうだから、
検査は絶対行かない」
と言っていたが、その気持ちがよ~く分かる私である。

しかしそんなことを言っていると、
病気も早期発見されずに手遅れになってしまう。
やはり検査は大事なのだ!
ダイジナノダ!

と必死に自分に言い聞かせ、行ってきましたよ。
2週間ほど前に。
でさっき郵便受け見たら、

検査結果キタ━(゚∀゚)━!!



結果は・・・・、




s-P1190380.jpg




頭が悪い


のは別に病気ではないので、結果は「異常無し」でした。
ああ良かった・・・。
こんなにドキドキしなくて済むように、
これからは定期的にちゃんと検査に行こうと心に誓ったのだった。
成人女性の4人に一人は子宮筋腫とも言われているし、
ヤングな若い子ちゃんも、検査は行ったほうがいいですよ。

しかし異常無しと聞いたら
何だかいきなり体調も良くなってきた気がする。

お腹もすいてきた。


s-P1190386.jpg


健康のためにビリーに入隊してみたけど、
ビリーなんかやんなくてもよくね?とすら思い始めてきたから
あたしってやつあーほんとに何ていうか


自分で自分に付き合い切れない。



s-P1190343.jpg


しかしスメアテストの結果だけで油断するのはまだ早い。
わたくし実は生まれてから一度も乳がん検査をやったことがないのだ。
これもやらねばならんと思いつつ、
噂によるとこの検査、随分痛いらしいじゃないの。
検査経験済みのきなこさんピロティからの情報によると、
私のような貧乳は特に激痛とのこと。何それ!

結果よりも検査そのものにビビっちゃって、行けないわ。
あたしゃ痛いのは苦手なんだよー。
誰かが痛くして欲しいとか言ってきたら、
そりゃ喜んでピンヒール履いて鞭とか振ってみたい気もするけど
自分が痛くされるのは嫌なんだよー。


s-P1190370.jpg


つまり今日は何が言いたかったかというと、
みんなも検査にはマメに行こうね。
なんだか説得力ないけど、ホントにさ。




よろよろ参加中ですよ。
人気ブログランキング

←こちらは今日はひとつ後退。


コメントは承認後に表示となります。
tag :
|