裁判て

久しぶりにミステリー小説以外の本にハマった。



裁判長!これで執行猶予は甘くないすか


北尾トロの本はシリーズものも出ているし
お好きな方も多いのではないでしょうか。
この本は友人きなこさんが貸してくれたんだけど
実は私、これが初のトロ本。
予想以上に面白かったので
是非他のも読んでみようと思う。


簡単に言うと著者が裁判の傍聴へ足繁く通い
その様子をレポしたもの。
そこには生々しい人間模様が渦巻いていて、
この本を読んでるととにかく
「本当に、事実は小説より奇なり、だなあ」
としみじみ思う。


s-090812667.jpg

幸か不幸か裁判というものと
今まで縁なく暮らしてきた私には、
とてもためになることもたくさん書いてあった。

たとえば私が思っていたのは
反省の度合いとか状況によって
裁判の展開が変わるのは、もちろん分かる。
同じ万引きでも食べるものに困ってやったのと
ゲーム感覚でスリルを味わいたくてやったのとでは
裁かれ方も違ってくるとかね。

そういう面はあるにせよ、基本的に裁判というものは
判例を基準にこのパターンだと何年、という風に
公平に決まっているものだと思っていた。
そりゃ純な子供でもあるまいし、
私だって世の中には公平でないアレコレが
渦巻いていることくらい分かってる。
でも先進国の日本において、
変な圧力がかかるような事件でもない限り (これもどうなの)
金持ちも貧乏も美人も不細工も
法の下には平等であると
一応は信じたいではないですか。


s-0906089.jpg

この本を読んでいると
「こなると裁判も運だよな・・・」と思う面があることが
分かって腹が立ったり怖くなったりした。

当然弁護士も検察官も人間。
やり手の弁護士がいればそうじゃない弁護士がいるように、
裁判官だって人の子なんだから、性格も様々。
人によって判決を考える基準に違いが出るのも
当たり前かもしれない。

でも自分がもし何かの事件に巻き込まれたら
この人に当たりたくないなあと思いながら
読んだ事例もあった。
裁判だって人間がやっている以上、
当たり前のことかもしれないけれど。


s-0908137 copy

数え切れないほど裁判所に通いつめ
たくさんの裁判を傍聴してきた著者が、
裁判とは基本的に検察よりであると考える理由、
冤罪というのは我々が思っているより
多いのではないかと考える理由など
読んでいて興味深かった。

あと個人的には私の好きな漫画家
伊藤理佐さんの漫画付きだったのもグッ。(*`д´)b

裁判員制度も導入されたことですし、
読んでみると面白い一冊かもしれません。









意外と腰が低いぷく。
人気ブログランキング

にほんブログ村

↑上のバナークリックで10pt応援頂いてます。
気が向きましたらお願いします。





ディズニーの携帯公式サイト「Disney ペットクラブ」
ディズニーキャラクターとぷくの共演デコメ配信中!

PetblogQR.png

コメント

寝ずのバンビ

初めてコメントさせていただきます!
いつも楽しく読ませていただいているのですが・・・

ぷくくんが読んでいる漫画・・まさか「聖☆おにいさん」では!!??
さすがぷく王子ですね★
これからもずっと彼らのファンです。

mike

警察官も裁判官も判事も人ですからね‥
そう考えると怖いですね。。
日本は夏なので最近怪談本にはまってます。
夜のトイレがちと「…」ですが目から涼しくなってます。

yasu

そうですね。私も幸か不幸か裁判などとは縁無く暮らしてきてるんですが裁判員制度、始まってるし・・読んでみようかなぁ~
ところでソニックくんとぷくちんが読んでいる本は同じものでぷくちんは『漫画の部』を読まれてるのでしょうか??
ていうのは・・・本の大きさが微妙に違って見えたんで^m^

外食産業の裏側の管理人

押しますw
ブログランクの画像のプク王子の「押して下せぇ!」に
笑いましたw

押します^^

ico

 考えさせられます。話が多少それるのですが、最近日本では戦争の映画がTVで連日放映されています。
どんな態度を取っても、投降しても、捕虜になっても、殺される人は殺されるし、助かる人は生き残ってました。運だよな・・・って思いました。

 昨日読んだ本で、“殺人はいかなる場合でも大罪だ”と書いてありました。どんな怨恨があったとしても、正当防衛だったとしても、殺人を犯す瞬間は誰しも“殺したい”という気持ちでいっぱいだからって。殺人において、正義も悪もないと。平等に大罪だと。
 でも、もし家族が殺されたら、殺したい気持ちでいっぱいになっても仕方ないのでは・・・って、ド素人の私は思いました。

美代

あの~・・・
気になったのですが、8月15日のものは・・・?私のパソコンがおかしいのでしょうか?調べてみてください。

まめこっち

トロさん、いい味出してらして、好きな方です。
修学旅行本も出されてまして、面白かったですよ。

裁判ねえ・・・実は私、裁判に巻き込まれた経験アリなんですよ。親戚同士の土地をめぐる裁判でしたが、もう疲れ果てましたね。
裁判て、最初から勝敗が決まっている気がしましたよ。弁護士と裁判官がツーカーの仲だった、相手方が勝ちました。正義なんかありゃしない世界でした。

裁判には巻き込まれないのが一番ですが、巻き込まれたときに備えて、この分野ならこの弁護士さんという具合に研究しておくのに越したことはないなと思います。

ぷくさん、腰が低いですね。
さすが世渡り上手な校長!!

みゅー

そんな腰の低い王子に思わずぽちっとな♪

 私も裁判とは今のところ無縁できてますが、友達の弟さんが何年かずっと裁判をしてて大変そうです。1回2回ですぐ終わるってものじゃないみたいなので、本当に裁判も運ていうのもあるかもしれないですね・・・

さとー

トロ本、私も一冊もってます。
同じく裁判もので、爆笑したり、
こんな人もいるのかと憤ったり。。。

それにしても、ぷくちゃんたちは
上手に本を読まれますね!
うちはすぐビリビリに破いてしまうかもしれません。

ハラメグ

うーん
なるほど。裁判官も検察も弁護士も人間。やっぱり人によって進め方や考え方が違うと思うし、腕が良い悪いもある。アメリカの映画やドラマなんか見てると、けっこう取引も多いですよね。こうやるから、こう返してくれ、みたいな。日本も同じなんでしょうかね。私は某クレジットカード会社の管理課勤務だったので、弁護士や裁判と関わることが多かったです。弁護士にも色んな人がいるので、困ったことがあっても、この弁護士だけには頼まないぞ!とか、こういう人とは絶対に結婚したくないぜ!などと思ったこともありました。アメリカだと、疑いをかけられた場合、身の潔白を証明できないと有罪になってしまう…と言う怖い話を聞いたことがあります。何も悪いことをしていないのに、運悪く証明できない場合は、刑務所に送られてしまうのだろうか。それも弁護士の腕次第なのだろうか。そう考える度に怖くなります。

やん

久しぶりに大きい本屋さんに行った今日、ノリさんの影響か?「聖おにいさん」買ってしまいました。(すみません、ほとんど普段マンガ読まないのに・・・。)楽しみ!!「昨日なに食べた?」もすっかり愛読書です。

ソニックくんが来てから初めてのコメント。
1枚目のエンゼルの羽つきのお洋服、可愛い!!!
そしてラストのぷくさんとのツーショット!!すごくハンサムくんじゃないですか!!!!!

sayuki

あら?ぷくさん&ソニックさん、
お二人ともご本読むんですか??

ならば『変な家にきてしまった・・・』なんて
そんな事ないですよ♪♪ソニックさん♪♪
『来るべきして来たお家』ですよ♪♪

とは言え、やっぱ↑のバナーはツボにはまったまま・・・(笑)

ひろみ

いろいろと考えさせられる本みたいですね。
読んでみたいので今度本屋さんで調べてみます!

裁判て言うのは人間が人間を裁くわけですから
やっぱり人によって考え方が違うものなんでしょうね…。
そう考えると裁判て怖いものだなぁ。
私もぷくちゃんの腰の低さを見習うようにしなくては。

あんず

裁判長ここは懲役4年でどうすか!!
って本は2~3年ほど前に読みましたよん。
他にも裁判の本だしてたんですね。
今知りました。

青森りんご

あぁ…ソニックくんには文字ページが、ぷくさんには漫画ページがとてもしっくりピッタリ似合うように感じてしまいます。

偏見ではないのですが…あぁ!本当に似合いすぎる!!(T∀T*)

ゆゆ

気になる病
がたまに発症する私。
この間は天皇について延々

その前は死刑囚について延々したことがあります。

そして思ったのが冤罪について。
この方達は本当に本当に罪を犯しているのかなんて、本当の犯人しかわからないですもんね。

是非読んでみたいと思いますo(^-^)o


それにしてもぷくちゃんに習って?羽のついたそにちゃんも本が読めるなんてステキ兄弟ですね♪♪♪

しょうこ

コメントさせて頂くのは2回目です。
ノリさんが真面目なお話をされているというのに、プクちゃんが読んでいるマンガ本に釘付けになってしまいました。
あれ、面白いですよね。敬虔なクリスチャンや仏教徒の方には怒られてしまいそうですが‥。でも、私の中でキリストのイメージは、すっかり「イエス」になってしまいました。

やえ

ソニックさんの後ろ姿…チワワ型のティッシュケースみたい(笑)背中からティッシュがちょっと出てるの 羽ですよね?似合っててかわいいっ

ノリ@管理人

>寝ずのバンビ 様
そうです!よく気付きましたね~。
大好きな漫画です。


>mike様
この本読むと色々腹立ったりしますよ。
そりゃーないだろと思うこと色々。


>yasu 様
いえいえ違う本です。
ソニックのは文庫本でぷくはコミック。


>外食産業の裏側の管理人様
土下座ぷくにやられましたね。


> ico 様
何ていう本にそんなアホなことが書いてあったのか
逆に興味沸きます。正当防衛と強姦殺人犯を
一緒にするなんてアホらしくてまともに反論する気にも
なりませんわ。私死刑肯定してますし。


>美代様
15日を調べろってどういうことでしょう?
ご存知だと思いますが毎日更新じゃありませんよ?


>さとー様
面白いし、まさに「裁判所に行かずに裁判にいける本」
ですよね。他のも読んでみたいです。


>ハラメグ様
罪は罪で、弁護士によってその後の人生が変わるというのも
おかしな話ですよね。


>やん様
聖★おにいさん、大好きな漫画です。
早く4巻出ないかなあ。


>sayuki 様
こうしてどんどん我が家に染まっていくソニックなのです。


> ひろみ様
へぇ~、裁判ってそういうものなんだ・・・と思うこと
たくさん書いてありますよ。いい話も悪い話も。
面白かったです。


>あんず様
そうそう、それシリーズで出てるんですよね。
読んでみようっと。


>青森りんご 様
でしょ?ぷくはやっぱり漫画かなと。


>ゆゆ様
日本の裁判のシステムの落とし穴とか
いい面も悪い面も書いてあって面白いですよ。
甘すぎる判決にムカつく事例も。


>しょうこ様
漫画、分かりましたか!笑
面白いですよねぇ!早く4巻出ないですかね。


>やえ様
ほんとだーティッシュケースみたい♪
やえさんのコメントで気付きました。

henana

はじめまして。いつもぷくちゃんの活躍(?)をたのしく拝見させていただいております。

日本の裁判員制度は欧米のそれと比べて問題点が多く、なんと取り調べの現場を可視化するのを防ぐ言い訳に導入を考えついたと言われています。

だからとても不安なんです。
日本はまだまだ遅れています・・・。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ

2002年7月9日生まれの
スムースチワワ、ぷく(♂)と
2005年12月3日生まれの
ロングチワワ、ソニック(♂)と
15年暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。

2009年8月1日より
ソニックが家族に加わりました。
ソニックを引き取ったいきさつは
コチラ。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 

 

フォトブログ
 

たまにボソっと

過去記事

スポンサードリンク

ブログ内検索

ブログ村

スポンサードリンク