FC2ブログ

男子が持ち帰るもの

ついこのあいだ年を越したと思ったら
来週から3月ですって!

そんなわけで、今回は春を意識した川柳です。



※上のバナーをクリックするとページに飛びます。


「犬川柳」 更新しました。
よかったら見に行ってみて下さいね。


===============


今月はとにかく蒸し暑い日が続いたオークランドです。


s-10022277 copy

ウチの周辺のストリートは、お子様人口が高め。
夕方になると、自転車乗り回す子供とか
木の枝持って走る少年の群れなんかが出没する。
どうでもいいけど男子っつーのはなぜ棒を持ちたがるかね。 ( ̄ー ̄;)


昨日の夕方、犬たちの散歩のため家を出ると、
近所に住む男の子が、道路脇に植えてある
木の横に立って、何かやっている。
通り過ぎるとき、何気無く男の子を見たら

ビニール袋にセミの抜け殻詰めてた。 _| ̄|○ il||li



s-1002231 copy

分かるけどさあ。
虫が大嫌いな私でも、セミの抜け殻のあの
モロ蝉!の細部までまんま残った精巧な形は
見事だと思うけどさあ。
すごいわこのモビルスーツと思うけどさ。

でもそれ、何に使うの?
セミの抜け殻集めてどうすんの?


s-10022255 copy

ジジジッ!て聞こえたのでおやと思ったら
生きてる蝉も混ぜて入れてる。
少年よ、オバちゃんはますます
君のコレクションの意味が分からない。

袋の中身にゾゾっとしながら通り過ぎ、
ぷくとソニックを公園へ連れて行く。

で、犬たちを遊ばせ、来た道を戻ると
さっき見かけたときよりも、さらにたくさんの
セミの抜け殻(&セミ)が詰まったビニール袋
を持った男の子が庭に立ち尽くしている。
そして、般若みたいな表情になったお母さんが
玄関先に仁王立ちして

それ持って家入って来ないで! (;`O´)o

と大声で繰り返していた。


s-1002234 copy

ちなみに夫は子供の頃ハリネズミ持参で家へ帰り、
同じセリフを母親から叫ばれたそうです。







ぷくとハリネズミ。
人気ブログランキング

にほんブログ村

↑上のバナークリックで10pt応援頂いてます。
押しても針は刺さりません。

コメント

kana

夏がうらやましい!!
Torontoは雪です ストームです 暗いです!!!ああ夏が恋しい!!今すぐ南半球に行きたい!!!それにしても「蝉の抜け殻・・・大量」厳しいですね・・・・汗しかも時々生きた蝉が入っている所がまたポイントですな。私蝉見たことありません・・・北海道にもあまりいないので。そういえばTorontoもミーンミーン聞こえません。

choro

その気持ちすごくわかります。
僕も子供のころカマキリの子供を数十匹持ち帰って、家に放ったらすごくおこられました。
きっと男のロマンですね。

ももん

セミの抜け殻は確かに精巧ですごい
国が違っても世代が違っても
男子と言うのは変わらない生き物なのですねw

ちなみにその男子に良かったら、こうお伝え下さい
「チミたち、セミを集めたいならこんな住宅街じゃなく
梨畑に行きなさい。梨農家の人にお願いして。
セミは梨の木の樹液がすんごい好きだから死ぬほどいるよ。
梨農家にとってはセミも抜け殻も頭痛い虫だから
取りたいって言えば喜んで取らせてくれるよ」と。

そしてママンにますます怒られて家入れてもらえない、とw

私もコアラ

その子は袋に詰めてるだけえらいです。
うちのは直にズボンのポケットに入れてました。
点検せずに洗濯したらねぇ、それはそれはえらいこっちゃでした。
夏の男児は要注意です。

うさくん

うちの娘も。
こんにちは。 オーストラリアのシドニーからです。
いつも楽しく拝見させていただいてます。
うちに8歳になる娘がいますが、彼女もセミの抜け殻を集めるのが好きです。
近くのパークに行くと、あちこちにあのリアルな抜け殻があって、あっと言う間に何十匹分の抜け殻を収集できるのです。
そして、あの抜け殻は手のところのギザギザが綺麗に残っていて、洋服などに簡単にくっ付ける事が出来、素敵な?ブローチになるのです。
娘は朝 学校に行く前に帽子と制服に何十匹の抜け殻をくっつけて自慢げに登校していきました。
男の子達には分けてくれと言われ、女の子達からはあっちへ行ってくれと言われたそうです。

かよこ

我が家の甥っ子も抜け殻や蝉を捕まえるのが大好きです。しかし去年虫籠に入っていた蝉が瀕死のだった時は、大嫌いな私でも哀れに思いました(-_-;)

akka

ノリさんまたセミの抜け殻の写真がないです。
(男子は是非みたいのに)

子供の頃から謎なのが、なぜ昆虫やカニは脱皮して大きくなるのか。
だって、小さいものの中から大きいものが出てくるんでしょ。
ロシアのマトリョーシカだって大きい人形の中にちょい小さい人形が
入っているって決まってます。

Ray

男の子3人育てました。

蝉や蟷螂などは序の口、家の中に持ち込まれても何でもありません。
バケツいっぱいのがま蛙を庭に放置され、鳴き声に何気なく覗き込んだときには、
思わず絶叫したものです。

その息子たちも、今では夫々二人の子持ちです。

ぺぺかあちゃん

ああぁ、わかりますよ。その気持ち! お盆に里帰りしたら、ゴミ箱の一番上に大量のセミの抜け殻が捨ててあって、蓋を開けたとたん大絶叫で逃げましたもん 犯人は母親で、甥っ子が集めて下駄箱に飾ってたんだけど、もう飽きちゃったって、こっちは心臓止まりそうにビビりまくったんですけど。 セミは大嫌いです。

まめこっち

男の子恐るべし。
私の知り合いのバカ息子坊ちゃんは、夏になると、机の引き出しにセミの抜け殻コレクションを溜めるそうです。何も知らなかった母上が、うっかり魔界の入り口のひきだしを開けて、卒倒寸前になったとか(涙)
その坊ちゃんは、毎年カブトムシを100匹以上も、自宅の玄関先のクリアケース内にて成虫にしてしまう、ツワモノに成長されました(汗)


ぷくさんとソニぼんは寝床に、奇妙なコレクションとかお持ち帰りになりません??
うちの実家のワンコは、若い頃はとかげのミイラとかを持ち込んでは、うちの母に注意されてましたね。

さば

万国共通毎日かあさん!
うちは鰻犬ですが、赤ちゃんのときミミズの干物を収拾してました(;∀;)

抜け殻じゃなくて
夏のある夜の帰宅途中、大きな木の下を通ったら
上から「ジジジッ」という音ともに蝉がボタッと降ってきて
私にぶつかりました。
命の最期の瞬間に私のところに来るなんて・・・
コンクリートに直撃しなくてよかったなとも思いましたが、
虫嫌いな私には恐ろしい経験でした(><)。

ワタコ

ハリネズミ持ち帰るって!
初めて聞きました(笑)


でも子供の遊びって、日本とあまり変わらないんですね~

海外の子供って大人びてるイメージで、セミの脱け殻とか集めるっていうのがちょっとびっくりしました(こんなイメージ持ってるの私だけかも。。。)

トリカイ

うちの奴は、モグラを持って帰ったことがあります。

そして、大量のセミの抜け殻は、レースのカーテンに
うじゃうじゃっと飾り付るなどしておりました^^;

Susie

せみの抜け殻、うちのムスメも集めましたねぇ…
幼稚園のクラス全員に1つずつ持ってくのだと。
40個。
次の朝、幼稚園に送っていったとき、先生の顔、ちょっとひきつってましたけど…ちょっとだけですが。

高校生になった今、小さな虫にもきゃーきゃーいってます。これはこれで、めんどくさい。

しかし、子供ってどこの国でも同じなんですね。

青森りんご

こちらの田舎のガk…もとい…お子様達は今の時期、棒ならぬ『つらら』を持って遊びます(_Д_)

より大きいつららを持った子が偉いんだそうです(笑)

しの&みー

男子は何故、棒を持ちたがるのか・・・多分DNAに組み込まれてるんですよ(苦笑)
息子が中学の修学旅行先の京都、奈良方面へ行く前の事。ママ友に木刀を買ってくる子が多いから気をつけた方がいいよと言われ、私は絶対そんなもん買って来るなとクギを刺したのに愚息はちゃっかり購入・・・
帰りの新幹線では先生が木刀をまとめて預かってたそうです(振り回したら危険ですもんね)
で、安っぽい木刀の刃の部分に銀色のテープを巻いて喜んでたのは旦那ですe-350e-330

ico

 たけのこッ! 新春(旬)モノ食べたいです。

 蛇の抜け殻を財布に入れておくとお金が貯まるって信じて、実行してる女友達(大人)が居ました。NZに蛇が居なくて良かった。

bonny

我が家の向かいの家の男子兄弟は
ちょっとどんくさいみたいでセミ収穫率はかなり低め。
(ウチの犬の方が収穫率高いです。)
ああいうお子ならお母さんも安心?
いや、違う意味で心配なのかすら?

↓蓋壊し妖怪!私もそうです。
私の場合、小物は大丈夫。欠ける程度だから使用可です。
いつも壊すのは大物。
フライパン、土鍋の蓋があった期間は
その鍋の寿命の何百分の一ですの。
使えるからまだマシかすら~?

ゆきえ

セミの抜け殻って本当に精巧ですよね~。
私は一昨年の夏、お散歩中にちょうど今まさに成虫に脱皮しようとしているセミ君に偶然遭遇してしまい、思わず固唾をのんで見守ってしまいました。
そうこうしているうちに野次馬根性丸出し何にでも興味をもたれる関西のおば様達が次々にあつまってしまって・・・。
いちいち何をしているのか説明する羽目に陥ってしまいました(爆)

今回の犬川柳はちょっぴり哀愁が漂っていて素敵でした~。
王子もロケットみたいでカッコよかったよ♪

まきにょ

虫は大嫌いですよ、もちろん
私自身が子供の頃、好んで セミの抜け殻を集めておりました ( ̄∇ ̄;)
昆虫なんか大っ嫌いな 正しい大人になった今でも、セミの抜け殻は
ちょっと欲しいな♡なんて思う時が… (笑)。

細部にまでこだわった精巧な造形美を、この手でまじまじと
観察したいなぁ もう一度♪なんてウットリしちゃうのですが、
そんなことをしたら、私以上に虫嫌いなオットに 玄関先で
仁王立ちされちゃうな ( ̄ー ̄;) きっと。

ゆきにょん

はじめてコメントします。
蝉の抜け殻ですか…中川翔子ちゃん(しょこたん)はそう云う昆虫やグロいのが大好きと常々発言していたところ、ファンの方からダンボール箱一杯に詰まった蝉の抜け殻をプレゼントされたらしく、喜びの余り、所狭しと髪にセットして写真をブログに載せていました…

rikushi

昔うちの息子、両手いっぱいのだんご虫を
友達のお母さんに「それ、持ってて!」と・・。

持てるお母さん、尊敬。
でもアタシじゃなくてよかった・・・。

kei

マーシャル仲間からの質問です
ハリネズミはどうやって持つのでしょうか?

ゆりな

昔の職場にて、大きなアシナガバチの巣ができており


なじみの業者さんに駆除をお願いし


そのなじみの業者のおっちゃんに


大量の鉢の死骸をいれた45リットルの袋を


仕事真っ只中の机の上に置かれて失神しかけました○| ̄|_

うー

うちの近所にも棒が好きな男子がおります。
雨の日なんか友達と1本の棒を横に持ち並んで「わー!」って叫びながら走ってました。
ほんとに好きなんですね~(笑)

COCO

セミって怖いですよね…
昔、瀕死のセミをイタズラ半分につついたら(*・∀・)σ))エイヤッ
「ジジジッ!」って言って起き上がって
私の足を這い上がってくるように登ってきたのです。
「キィィィィヤァァァァァ!!!」という悲鳴をあげて
セミに止めを刺してその場から逃げてしまいました。

今でもそれを思い出すと寒気がします…ガクガク{{(;д;)}}プルプル



れもん

私は小さいときガチャポンのケースに抜け殻を3つか4つぐらいずつつめてコレクションしてましたw

今でも抜け殻は好きですが、生きてる虫は全般的に動きが予測できなくて苦手です;;

はね330

すみません・・・
初老女子の私ですが、棒を持つの好きです。
山なんかに行って、かっこがいい棒をみつけると、すかさず手に持ち振り回してしまいます。

ぱぴぐると

男子だけではないですねっ!
うちのチビ達も大量にビニールに入れて部屋に置いていました・・・orz
いつの間に・・っ!とショックでしたよ。
速攻処分してもらいました♪

外食産業の裏側の管理人

バロスw
さすがキウィ男児はw

すごいっすねw


みゅー

ぷくさんのタケノコかぶりもの見たら、タケノコご飯が食べたくなりました~

 ちっさい頃はセミのぬけがらもカブトムシもトンボだってチョウだってさわれましたけど、今は無理っ。うちに入れるなんてとんでもないざんす(`´)
 
 

mike

男の子を持つ友人は毎年夏にはかぶとむしやクワガタやザリガニの世話をすると嘆いてました。
うううっ 考えただけで背筋がぞぞっとします。

Corvallis

大阪の山の中に住んでいたとき、小3の息子の夏休みの宿題に「せみの抜け殻を集めなさい」というものがありました。何に使うのかな、と思いつつ集めて持たせたら、「分類しなさい」と抜け殻の種類と雌雄の見分け方が書かれたプリントを持って帰って来ました。「統計」の導入部だったようです。

何しろ山の中なので、抜け殻取り放題!ビニール袋が一杯になったところで本人も飽きたようでした(笑)

分類は子どもには難しすぎて親任せ。私はビニール袋いっぱいの抜け殻を分類し、ひよこの雌雄を分ける人のように、一瞬で種類と雌雄が分かるようになったものでした。すぐ忘れましたが。クマゼミが多かったですね~。声が大きくてうるさいんですよ~。

ハラメグ

うちの娘は
まだセミの抜け殻と言うのはないですが、石だの木の枝だの拾って遊ぶのが好きなんですよ~。家の中に持って来ようとするので、毎回、私と娘の間で小競り合いがあります(笑)。ほんとに良く聞きます、セミの抜け殻や虫をタッパだの袋だのポケットだのに詰め詰めして帰宅するお子さんの話…(汗)。般若のような顔で怒るお母様の気持ちが良く分かります。でも、セミの抜け殻を見たことがないので、もし見つけたら、後からブログのネタにしようと思って喜んで写真だけ撮りそうです、私の場合(笑)。
ハリネズミって言えば、ここイタリアでも、良く出没するんですよ~。庭で2回ほど見たので、うちの旦那が捕獲して、近くの草むらに避難させました。

まる

セミも好きだし、ハリネズミがすっごく欲しい~

ノリさまこんな私を許してくださーーい(~ー~;) 

ぷくそにちゃんもハリネズミ好きかなぁ~♪

ノリ@管理人

>kana様
寒そうですね!最近蒸し暑いのでその寒さが
なかなか想像しにくいです。


> choro 様
カマキリの卵を机の引き出しに入れるのも
男子のお約束ですね。


>ももん様
へぇ~!セミは梨の木の樹液が好きなんですか!
豆知識、覚えとこう。


>私もコアラ 様
ポケット・・・。要注意ですよね。
夫のポッケも色々入ってるので点検せずに洗濯して
よく悲劇が起きます。


>うさくん様
素敵、娘さん。そのまま大人になっても虫が苦手にならない
でいて欲しいです。


>かよこ様
男の子は虫好きですね~。
がんばれ世界のお母さん!


>akka 様
分かった分かった写真載せるから。


>Ray 様
バケツいっぱいの蛙・・・・。
想像しただけで眩暈が。


>ぺぺかあちゃん様
やっぱりみんな集めるんですね、抜け殻。


> まめこっち 様
あと男子のお約束としてカマキリの卵を机の引き出しに
入れとくってのがありますね。


>さば様
それぷくもやったことあります!


>桃様
怖いですねー。私もNZ来てからよくセミにぶつかられます。


>ワタコ様
ハリネズミいっぱいいるんでNZ男子はみんなやります。
海外の子供が大人びてるって、んなわけないです!笑


> トリカイ様
モグラ!!!!ちょっと見てみたい気がします。
抜け殻、確かにレースカーテンにぴったりですね・・・。


> Susie 様
クラス全員に1個ずつ持っていくっていうのが
いじらしくて可愛いです♪


> 青森りんご 様
確かに大きなつらら持ってるとカッコいいかも。
私も持って歩きたい。


>しの&みー様
買わずにいられないんでしょうね、木刀。
何の役にも立たなそうですが、でも男子は買うのです。


> ico 様
そのお友達はちょっとカッコいいですね。
迷信は信じない私ですが、そこまでいくとアッパレで
逆に仲良くなりたいです。


>bonny様
ウチの鍋類は蓋の取っ手部分がよく取れます・・。


>ゆきえ 様
脱皮の瞬間なんかに出くわしたらそりゃ見守るしか
ありません!でも野次馬の方々に説明するのめんどくさい
ですね。


> まきにょ 様
抜け殻画像を載せますのでそれで我慢してください。笑


>ゆきにょん様
しょこたんさすがだなあ!!!


>rikushi 様
だんご虫はきついです!しかも両手いっぱいとは。
男の子がいるとお母さんもたくましくなりますね。


>kei 様
手のひらに乗っけてもいいけど
上着で包んで持って帰るもよし、だそうです。


>ゆりな様
45リットル。なかなかのど迫力でございますね。


>うー 様
とりあえず棒を持ってたいんでしょうね。
それで松ぼっくりを打つ。


> COCO様
セミって死んだふりしますからね。
油断するとジジジって動き出してびびります。


>れもん様
子供ってガチャポンのケースに色んなもの詰めますよね・・・。


> はね330 様
それで松ぼっくりを見つけるとやはり打ちますか?


>ぱぴぐると様
やはりお子様はみな集めるんですね、抜け殻。


>外食産業の裏側の管理人様
セミもハリネズミもいっぱいいますからね。


>みゅー様
年齢とともにどんどん苦手になりますよね。


>mike 様
男子の母の必須科目でしょうね。


>Corvallis様
ほほぉ~!そういう勉強の仕方もあるのですね。
それはちょっと面白そうです。


>ハラメグ様
イタリアにもいますかハリネズミ!
私日本で見たことがなかったので最初はちょっと
びっくりしました。


>まる様
ハリネズミよく出没しますよ~。よく見ると
なかなか可愛いお顔をしています。

ごんぞう

俺の小学生時代
小学生のころ自由研究と称して、じじばばの家の
庭に何匹せみの抜けがらがあるか
数えて、それを標本みたいに箱につめて
展示したことがあります(120匹ほど)
あまりのグロさに他の学年の先生まで
覗きにきたくらいのインパクトがありました。
小学校2年のころの思い出です

tamo

はじめまして。
記事が面白くて笑ってしまいました。

うちの子は、カナチョロ(とかげみたいなヤツ)をポッケに入れてきました。
私が、「森に返してこい」というと、握りしめて「うわーーーーん」と泣き叫んで、返しにいきました。
返す間につぶれなきゃいいけど・・・・

また遊びにきますね。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ


ぷく スムースチワワ ♂
2002年7月9日~2017年7月9日

ソニック ロングチワワ ♂
2005年12月3日~

揚羽 スムースチワワ ♂
2017年9月28日~

ぷく、ソニックと15年
暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 

 

フォトブログ
 

過去記事

スポンサードリンク

ブログ内検索

ブログ村

スポンサードリンク