蝶々の園で

バタフライクリークに行ってきました。



s-1111107 copy


何度か行ったことがあるという友達から
面白いよ~とは聞いてたんだけど、
時間見つけてサクサク訪れるような
積極性も計画性も無いので
未訪のままだった。



s-1111077 copy


だって蝶々はあんまりな~、
動物は好きなんだけどな~とグダグダし、
最近では存在すら忘れていたところ
偶然誘って頂いたのでやっと行くことに。


結果、良かったです。 ( ̄▽ ̄)b



s-1111108 copy


見えますでしょうか。

浮いてくると・・・、



s-1111109 copy


写真で大きさが伝わらないのが残念ですが
すっごく大きいクロコダイル。

私の記憶にあったワニって
もうちょっと小さかった気がするんだけど
ワニってこんなに大きかったっけ? ヘ(°◇、°)ノ

それともこのワニが大きいの?



s-11111058 copy


ワニっておっきいね~、
うん、巨大だね~、こりゃ恐竜だね~

・・・と知性の欠片もない会話をしていたら、
課外授業で来ていた中学生団体の中から
男子が一人やってきて、



s-11111046 copy


・・と、覇気の無い飼育員のおじさんが
さっきまでボソボソと説明していたことを
ハキハキと教えてくれました。


見知らぬ中学生に、風邪で

授業休んだ子扱いされるの巻。



しかしせっかく補習して頂いたのに
数字の部分を何一つ覚えてなくて
すいませんすいません。



s-11111028 copy


恐竜よりも古い時代から
この地球に存在していたワニ。

白亜紀末に恐竜が絶滅した後も
生き延びてきたってすごいなあ。
お前カッチョいいなあ。

そんなことを考えながら見つめていると、
故スティーブ・アーウィン氏が
あれほどまでクロコダイルに惹かれた理由が
少しだけでも分かるような気がするのでした。





あれ、蝶々は?(・◇・ )
人気ブログランキング

にほんブログ村

↑ よかったら押してけれ~。
タレ目ぼんちゃん。






このおっちゃん好きでした。

Steve Irwin

コメント

rouko

昔々、「クロコダイルダンディー」
っていう映画ありましたよね~。

私は基本爬虫類系はダメですが、
ワニは・・・
やっぱりダメです・・

後、記憶の片隅に
ワニの女の子(けっこう乙女)が
でてくる漫画があったような気がするんだけど
なんだったんだろ~

ま、いっか。

ぺぺかあちゃん

そう言えば、世界一デカイ凶悪ワニの親玉と言えば「ギュスターブ」が有名ですが、ヤツは8メーター超えの巨大ワニらしいです。 何十、何百のヒトがギュスターブの餌食になったとか…(~_~)
ちなみにこないだ、犬の散歩中に、キリギリス踏みました…(@_@)ブチッ☆て…………(涙)

鼻ほじ

わにか~。
やっぱり毛のない動物は苦手です。

最近日本では食用ワニの飼育というのが特に地方のおじいちゃん、おばあちゃんのビジネスとして成立っているようです。
テレビでは、おばあちゃんが妙に手馴れた気軽な雰囲気でワニに餌を与えながら「かわいいですよお」とか言っていました。ちょっと怖かったな。

ベリル

私もスティーブ・アーウィンさん好きでした!
ただそれだけを書き込みたくて初コメントですw
犬ブログランキングでお見かけしてからちょくちょくお邪魔するようになった、いつも読み逃げの一読者でっすwww
日々ぷくちゃんとボンちゃんの面白さとゆるさに癒されてます!!

しの&みー

テルマエ・ロマエに出てくるワニを思い出した(笑)

↑rouko様「イグアナの娘」という漫画では?ドラマ化もされた。

しーな

中学生ナイス解説☆
ぷく先生もお久しぶりですね♪

テレビで見た赤ちゃんワニだか小型ワニだかは可愛くてちょっと飼いたくなりましたよー。
目が透き通った黄色い宝石みたいでした。
でもワニって懐くのかな?

かとちゃ

ちょうちょ園こわいよ~。
ひらひら飛ぶし、粉ふくし!ワニ歓迎!
は虫類は、目がうるっとしていて好きです。
あとキューピーみたいなお腹とガニ股も、いい!
イチオシは、ヤドクガエルさん。きれいな生きものですよ。

しかし2枚目のぷくさん、見事なお顔ですね(笑)

rikushi

実録クロコダイルダンディーのアーウィンさんですよね。
アメリカに住んでいた頃、よくケーブルテレビの
番組で拝見してました。
彼の不幸な事故はニュースで見たのを覚えてます。
とてもキュートな方でしたよね~。

そういえば、フロリダに遊びに行ったとき
ワニが海を泳いでました(苦笑)
どっかからまぎれこんだらしいですが、
ムスコとムスメが泳いでいたので
アタシは半狂乱でした(-_-;)

私も海外の動物園のチョウチョ園行きました。

私は昆虫一般が嫌いなので、チョウチョに乗り気ではなかったのですが、色鮮やかな彼らには虫である事を気にさせない雰囲気がありました。
もちろんよく考えると「虫」なので、「きれいー」だけしか考えないようにしていましたが(汗)。

ノリさん、巨大ワニさんにも会えて良かったですね。
虫と違って爬虫類一般は大丈夫なので、私なら覇気の無い飼育員のおじさんの説明を目を輝かせて聞いたと思います。。。

まめこっち

ワニ!
起きてるのか寝てるのか、本当に生きてるのかわかんないワニが、行きつけの動物園にいます。
そうなんだー、ワニって神秘的な生き物なんだーと、数字がらみの情報がなくても納得いたしましたよ(笑)

私は昆虫が苦手なもので、バタフライクリークに行くことがあっても、蝶よりワニばかり見ちゃうと思います。
蝶は粉っぽいのが苦手なんだなあ・・・・蛾も同じく苦手。
あの粉がなければなあ・・・と、よくわからん理由で苦手です(笑)
なぜだろう、子供の頃から粉っぽいのが苦手です。
子供の頃怖かった近所の厚化粧のバアサンの、おしろいでも思い出すからだろうか(笑)

ももん

ちょうちょといえば
なんでも湿布薬には蝶が出すフェロモンと
同じ匂いがするらしく、湿布貼ったまま植物園とか入ると
ワッサーーーーーーーーと蝶が寄って来るらしいです。
どの蝶もなんですかね?今度実験してきます。

ぽんちゃん

蝶々苦手です。
足あるけど、ワニの方がいいです。
へびも平気です。
私の基準てなに?

eden-raku

断然ワニ
ワニ好きです。蝶々より断然ワニ。
レオポルド・ショヴォーの『年をとったワニの話』お薦めです。手に入りにくくなってますが、機会があればぜひ。

りびあーな

私もSteven好きでした。はぁはぁ良いながらワニから逃げつつ超オーストラリアなまりの英語で解説したり、本当に体張ってましたよね。亡くなったときはショックでしたが、亡くなった原因というか状況に、さすがSteve、と大いに納得したのでした。

リンmama

大阪の天王寺動物園には夜行性動物のコーナーがあって、薄暗い中、一番でかい展示室には大量の掌大のこうもりがいます。あいつらも可愛いですよ(^_-)-☆

私も昆虫よりワニの方に心惹かれます。触りてぇ~(^・^)

mimosa

顔幅が広いワニさんですねー
成長しまくってるのね^^;

わざわざ説明しにてくれるなんて、いい子だねー(笑)

ぼんちゃんはいつみても外股だねー(笑)

mike

ワ、ワニですか‥
昔放浪中のイグアナとへびっちを捕獲して駅前の交番まで運搬したことがあります。
イグちゃんはほんのり生温かいプラスチック、へびっちは意外となめらかでした。
両方ともペットが脱走したもので無事飼い主さんの元へ戻ったはず
ワニってどんな感触なんだろう
いくらなんでも迷子のワニと遭遇することがないことを祈りたいです。。

ぴぎー

クロコダイル、、、
河にたくさんいます。

うっかりすると
ビーチにも時々出現。

恐竜より長く生き延びてるんですね。
そう思うとちょっと尊敬の眼差しです。

ノリ@管理人

> rouko様
ワニ素敵ですよー。神秘の生き物ですよ。
ちなみに文中のスティーブは通称「クロコダイルハンター」


>ぺぺかあちゃん様
映像観ましたが、他のワニと大きさ全然違いますもんね。
ありゃ恐竜ですな。


>鼻ほじ様
毛の無い生き物は~って仰る人多いですねぇ。
私は毛虫より爬虫類のほうがいいなあ。


>ベリル様
あの元気で陽気なおっちゃんがいないのは寂しいですね。


> しの&みー様
テルマエ・ロマエ読んだことないのです~。
面白いですか?


> しーな 様
私も爬虫類飼いたいなと思うんですが
意外と世話が難しそうで。


>かとちゃ様
ヤドクガエル検索してみました。
鮮やかすぎるお姿に見入ってしまいました。
自然であの柄ってすごい。


> rikushi様
スティーブさん、かわいい人でしたよね。
てか海水浴に行ったらワニ泳いでるって!!
すごい体験ですね!


>楓様
私も蝶々苦手なんですが、珍しい綺麗な柄のがたくさんいたので
ここでは平気でした。気分の問題ですかね?w


>まめこっち様
動物園に「行きつけ」があるというのがいいですね。


>ももん様
実験されましたら是非とも結果を教えてください。


>ぽんちゃん様
蛇もオッケーですか。
私も虫はダメですが爬虫類は平気です。


> eden-raku様
ワニいいですよね。神秘的ですよね。
その本読んでみたいー。


>りびあーな様
ワニ見ながらビューティビューティ言ってた姿が
懐かしいですね。


> リンmama様
実はこうもりってよく見るとお顔かわいいんですよね。


>mimosa様
いますよね、説明きちんと聞いて覚えてる子。
ちょいお宅っぽい雰囲気がナイスでした。


> mike様
イグアナはともかく蛇も運搬したのですか!
すごい!


>ぴぎー 様
ええっ!と思ったらなるほど、オーストラリアにお住まいなのですね。
そう、太古の昔から生き延びてきた貴重な種なのですよ~。




非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ


ぷく スムースチワワ ♂
2002年7月9日~2017年7月9日

ソニック ロングチワワ ♂
2005年12月3日~

揚羽 スムースチワワ ♂
2017年9月28日~

ぷく、ソニックと15年
暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 

 

フォトブログ
 

たまにボソっと

過去記事

スポンサードリンク

ブログ内検索

ブログ村

スポンサードリンク