ファイナルステージ、上陸編。

2015-05-11



犬輸送の巻、ファイナルです。

(これまでの犬輸送の巻 →    )


数週間前に日本に来ていた私は
ドキドキしながら成田へ向かいました。

サラさんから渡された大胆に省略された
地図を見ながら犬の引き取り場所へ。

地図だと空港内に見えるのに
実際は空港の外へ出てさらに10分以上歩いて
それでもまだ目的地に着かないって何。 (。;゜▽゜)
どうなのこれ。どこに向かおうとしてんの。

思ってたのとだいぶ違う展開に困惑しつつ
やっと貨物エリア&検疫エリアに着きました。
知ってたらタクシー使ったね、の距離だった。

「犬を引き取りにきました」
「ここじゃないですよ、あの建物です」

という会話を向かった先々で繰り返すこと三回。

ヘロヘロになってようやくたどりついたオフィスで
「今連れてきます」 と言われて
ドキドキドキドキ・・・・、




s-1505091_20150509152842544.jpg


ぷくとソニぼん、日本にいる。


ああああ夢みたい! ヾ(@† ▽ †@)ノ
元気そうで何より!会いたかったよー。

フライト中はお水は飲めるけど
ゴハンは無しだったからお腹空いたでしょう!
持参したおやつをあげると大喜びで食べてて
職員の方の目が点になってました。

フライト後でナーバスになってるわんこって
普通こんなにガッツ食いしないものなのか。 (^_^;)



s-1505093 copy


それからあっちのオフィス、
こっちのオフィスに戻り、と
検疫チェックや輸入手続きをやります。

その間再びケージを閉めるのですが
一度会ったために私達が近くにいることを
知ってしまったぷく、号泣。



s-1505095 copy


ぷくがキューキュー鳴くので
荷台を押してるお兄さんが
「早く終わらせてあげないとかわいそうですね」
と苦笑いしてらっしゃいました。

最後の書類を待ってる間も
皆さんが静かに仕事をするオフィスの片隅で

きゅうぅ~くぅ~!きゅうう~ん!

と、海の仲間みたいな甲高い鳴き声が響き渡る。
お仕事の邪魔してすみませんすみません。

なんか女子の皆さんにケージ覗かれてた。 (;´▽`A``



s-1505101 copy


そんなこんなで、無事家に連れてきました。

ところで輸送用ケージに貼られていた
ステッカーなんですが



s-1505097.jpg


なにこのざっくりした四択。




猫はどこよ。
人気ブログランキング

にほんブログ村

↑ 押して下さると嬉しいです。 <(_ _*)>
ちゃんと一個ずつベッドあるから!






新居のお気に入り。



カテゴリ :犬と日本へ
tag :
前のページ | 次のページ