夏の一冊

2015-08-09



こちらにもぷくとぼんいます。 → 


夏といえば、怪談です。


s-1508081 copy
この顔で怪談を語られても絶対ひとつも怖くない。


猛暑日はホラー小説を読む。
そんなんで涼しくなる気はしませんが
面白そうなので読みました。




妖キ庵夜話 (その探偵、人にあらず)



先日読んだ例の死神小説 → 
と同じ作家さんです。

よく行く本屋さんのレジ前の棚が
ホラー特集コーナーになってて
この妖怪シリーズがずらり並んでた。
「あ!あの死神の本と同作家さんだ」
と、まんまと手に取りました。


s-1508083 copy

ホラー小説ですが、心霊系ではありません。
妖怪です。なので安心してお読みください。
妖怪は安心なのかわかりませんけど。(。;゜▽゜)

推理小説的要素が多々あるので
ネタばれにならないようにしたいのですが
結論からいうとものすごく面白かったです。

「ここで死神から残念なお知らせです。」同様
ところどころコメディタッチで軽快に進むので
読みやすいわーと油断してたら
ある場面で一気に泣かされた。
不意打ち!まいった。

小説を読んで涙するなんて。
なんということでしょう。


s-1508086 copy

後半ある部分でいきなり心鷲掴み。

読み終わった後に小説世界の余韻に浸る
という経験も久しぶりです。
今年読んだ小説の中で一番面白かった。


s-1508089 copy

シリーズものらしいので
続きも揃えようと思います。

やー、しかしまさか妖怪もので感動するとは。
いい意味で予想を裏切られました。

ホラー苦手な方でもだいじょうですよ。
幽霊とかじゃなくて妖怪だから。( ̄▽ ̄)
お盆休みにホラー小説いかがでしょう。



皆さん夏バテてない?
人気ブログランキング

にほんブログ村

↑ 押して下さると嬉しいです。(^^)
なだめてぼん。




これも面白かった。

カテゴリ :読書日記
tag :
前のページ | 次のページ