怪ほどき屋




今日の「P House」はシロムネ君です。→ 


のめり込んだこちらの妖怪シリーズ。



妖キ庵夜話(その探偵、人にあらず)


本当に、面白かった。
小説を読む楽しみを存分に味わった。 ( ̄-  ̄ )


s-15100541 copy

既刊分の4冊全部読んでしまったので
楽しみがなくなったよー。

それで再び面白いホラー小説を探して
角川ホラー文庫祭りを一人で開催してました。

でもねえ・・・。(-ω-;)

案外ハズレが多いもんですね、このジャンル。
帯や表紙のイラストや書店のポップに結構
騙されました。あくまで私個人の感想ですけども。

いっそ初心に返って
ジャパニーズホラーの火付け役、
鈴木光司先生のを読もうかとも思ったけど
本気で怖い心霊系はちょっと。 ( ̄∇ ̄;)

今はどちらかというと
推理系を楽しみたい気分なので。


s-15100542 copy

それでそろそろ角川ホラー文庫祭りは
終了しようかと思っていたところに



怪ほどき屋  


キタ。 (*゚∀゚*)


正直第1話目はイマイチかなと思いました。
いかにもラノベっぽいので
読みやすいけど文芸小説に比べると
軽くて物足りないように感じた。

しかし1冊読み終える頃にはどうしても
シリーズ2冊目が読みたくなりました。

で、2冊目を読み終わったら
3冊目を買いに走らずにはいられなかった。



怪ほどき屋(からむ因果の糸車)


なんという吸引力でしょう。


s-1510061 copy

怪事件解決業の通称「ほどき屋」を営む
霊能者グループが依頼人の様々な問題
をといていくという物語。

1話完結になっているので、
寝る前のちょこっと読書タイムに
ちょうどいいです。

でも1話読み終わるとつい
「もう1話だけ・・・」とさらに読んで
つい夜更かししちゃうパターン。


s-1510063 copy

主人公は「怪ほどき屋」の3人で、
三人三様異なる霊能力を持っています。
そしてそれぞれが魅力的で面白い。

でももし私が霊障に悩まされていたら
この人たちには依頼したくない。 ( ̄ω ̄;)
かといってこのひともちょっと。↓


s-1510068 copy

秋の夜更けに1日1話。
寝る前読書タイムにオススメ本でした。



唯一の依頼人。
人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ ランキングに参加しています。
プッケンジャー応援してね。<(_ _*)>



スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ

2002年7月9日生まれの
スムースチワワ、ぷく(♂)と
2005年12月3日生まれの
ロングチワワ、ソニック(♂)と
15年暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。

2009年8月1日より
ソニックが家族に加わりました。
ソニックを引き取ったいきさつは
コチラ。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 

 

フォトブログ
 

たまにボソっと

過去記事

スポンサードリンク

ブログ内検索

ブログ村

スポンサードリンク