鏡花あやかし秘帖

2015-12-05




s-1512041.jpg

以前レビューを書いた『百鬼夜行抄』

妖怪や心霊が見える主人公が
鳥を式神として使い魔にしてるという
ホラーでありながらコメディでもある
コワ楽しいマンガです。



百鬼夜行抄 全巻セット


マンガでも小説でも
あやかし(妖)モノにここ2年くらい
じわじわハマっています。


s-1512043.jpg

この『百鬼夜行抄』と同作者の
あやかし新シリーズが出たと聞き
さっそく読んだよ。 ρ( ̄∇ ̄o) コレ



鏡花あやかし秘帖


明治30年代の帝都東京が舞台です。

幕末とか江戸とかを舞台にした
マンガや小説って多いですけど
意外と少ない気がするのが明治。

言われてみると明治時代って
ピンとこないとこありませんか?(・◇・ )

学校の歴史の授業でも明治ら辺は
ザーッと流してる感があったような。


s-1512049.jpg

時代背景が新鮮で面白かったです。

あとこちらは妖怪や心霊だけでなく
生きてる人間の怖さ、みたいなのが
『百鬼夜~』より際立ってました。
ゾクゾクスルネー。(▼∀▼)

とはいえがっつりホラーじゃないんで
怖いの苦手な方でも大丈夫だと思います。


s-1512045.jpg

夏だけでなく寒い冬もゾクゾク系の
マンガを読む私でした。

それにしても南半球でも北半球でも
冬のぷく家で見られる光景は
国が変わってもまったく同じだな。


s-1512046.jpg

ソニぼん、心配するな。


s-1512048.jpg

どんなに部屋を暖めようと冬のぷくは
毛玉だらけのハチセーター着て
丸まることになってんのよ。



おしゃべりぼん。
人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ 気が向きましたら応援してちょ。
不安いっぱいぷくトナカイ。(´・ω・`)




肌触り良かった♪


カテゴリ :読書日記
tag :
前のページ | 次のページ