涙の動画

2016-12-26



訴えるぼん! → 「P House」


14歳のぷくは元気なんですけれど
やはり年齢なりに目やら心臓やらの
薬を処方されているので、毎月
獣医さんへ行かなくてはなりません。


s-1612252.jpg

上画像はカウチでくつろいでるところ。

ところがキャリーバッグを出した瞬間
病院行きを察知。
この世の終わりみたいに震え出します。

その様子を動画でどうぞ。
(少しですがぷくボイスも聞こえます)



「獣医さんに行きたくないぷく」


なんだよこれ
すんごいかわいそうな子
みたいじゃないか。 (。;゜▽゜)

私だって行きたくないよ。
でもしょうがないんだよ。
ほらおいで。


s-1612251 copy

つかとっても優しい先生なのに
なにをそんなに怯える!



いい加減慣れろ。
人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ 見送りのんきぼんをひと押し
下さると励みになります。 (*´~`*)σ



セールだー!


カテゴリ :動画 コメント:(17)
tag :
コメント:
うわ〜〜切ない
まさしくウチのちわわんも動物病院に行くと分かるとそんな震えをします。でも声は漏れません。
もちろん病院内でも激しく震え、他の飼い主さんに『どこが悪いんですか?』と気の毒そうに聞かれる始末。ただ爪切りに来ただけですのに(-_-;)
でも、先生曰く、診察は素直にさせてくれるので、本当に嫌がってる訳ではなく、演技じゃない?と。(゚ω゚)
[2016/12/26 08:15] | ターボえんじん #- | [edit]
ぷくお兄様、悲壮感が半端ないですね。
のんきぼんの笑顔との差が、また微笑ましいなぁ。
うちのチワワズは病院は嫌いですが、一人のお留守番はもっと嫌いなので、どちらの病院でも一緒に連れて行くことになり、大変なので私も病院嫌いです。
[2016/12/26 09:48] | ペーチョー師匠 #hJfjdzuo | [edit]
ぷくさんバイブスイッチON(  ̄▽ ̄)σポチットナ

いつかぷくさんが尻尾を振ってくれる日を、獣医さんは待っている…はずですから、ご一考をお願いしますよ?ね?ぷくさん( ̄▽ ̄;)
[2016/12/26 11:15] | 青森りんご #1O2DPKrI | [edit]
最強にかわいそう!笑
犬の上級編といった感じですね
だてに14歳じゃないですね、笑

獣医さんは避けられないから
好きじゃなくても、平気くらいになって欲しいですよね
[2016/12/26 11:27] | はなみま #- | [edit]
ぷくさん、そんなにイヤなの、、病院。
ワンワンじゃなくてキューキュー言うところがかわいい(*´ω`*)
うちのコたちは大喜び。キャリーケース出したらリードつけるのが大変なくらいハイテンションです。おかげで元気そうだけどどこが悪いの?って言われます。下の子は特に検査でお預かりの時もウキウキした足取りで中に消えていきます。。ヤツには緊張感というものは無いようです。
そうそう先日の有馬記念ですが当たりましたー。
1、2、3番人気そのまま来たので外す方が難しいですが。( ̄▽ ̄;)
[2016/12/26 11:44] | くまきちゃん #- | [edit]
ノリさんこんにちわ。

動画見ちゃいました。
すんごくかわいそう感出てました。
でも、思ってたのと違う。怯えている子馬みたいでした。
ちわわなのはわかっていますが、子馬が泣いてるみたい♪
ぷくがんば!!応援してますゾ。
[2016/12/26 12:05] | ポンちゃん #TIqT.YkE | [edit]
きゃぁ〜久々の動画に癒されました
うちの高齢チワワもブルブル震えます
高齢犬のストレスは病気に繋がるから心配ですよね
ぷくちゃん、雷も人混みも平気そうなのに病院だけって不思議ですねー
[2016/12/26 12:52] | いつも見てます #- | [edit]
きゃーーお耳がふるふるふるえてて、まさに可哀想なぷく兄さんに見えます。ホントに行くのやなんだねぇ💦
ノリさん、昨日のチーズケーキめっちゃ美味しそうです❣️食べたいっ❗️
[2016/12/26 13:22] | みゅー #- | [edit]
今年一番泣ける動画ですね。
可愛くて。
そんなに震えられても、
お体のためにも病院は行ってくださいね。
それにしても、なんたる可愛さ。
癒される…
ぷくさん、可愛くてありがとう。
[2016/12/26 15:08] | しろいぬ #Kv0HIxd6 | [edit]
Σ(・□・;)
こんなにか細くなくのね!
一生懸命にイヤだと伝えている!
やだ、ぷくちゃんにそんなんされたら
わたしの方が泣いちゃうよぉ(焦)

ウチの場合は定期検査で、お出かけだと思ってタクシーに乗車。◯◯方面へと告げ、降りる時になって、楽しいお出かけじゃなく動物病院だと気づき、わたしの膝の上のキャリーバックの中で、支払い中
「んきゅっ!んきゅっ!
んきゅっーー‼︎」
これがいつものパターンです。
( ̄▽ ̄;)
[2016/12/26 18:11] | くろまめ #- | [edit]
ぷくくん切ないー!
我が家のワンコも血液の病気で、月に一度検査のために行っていました。
病院じゃない日でも車で病院の近くを通る時は、
病院が近づくとキャウンキャウン鳴き出し、
病院を過ぎると、途端に落ち着いて外を見ていましたね。
わかるってすごいですよね。

ところで、ぷくくんの右耳のマークは去勢済みのタトゥーですか?
我が家のマルコも左耳に入っているんですよ。
[2016/12/26 20:33] | こたこ #qy.EibXQ | [edit]
ぷくちゃんのために、なのですが
切ないですね…
私ごとながら、家族犬が
何が何でも獣医を拒否して
行くだけで具合が悪そうになる姿に
診察を諦めたりしていました。
今から思えば、何かの方法で診てもらうようにできたなら、もう少しだけ、長く側にいれたかも
と考えたりします
ぷくちゃん、ノリさんのたくさんの愛で
コリン先生を引き継ぐ?
日本のvetさんを克復できることを
願っています‼




[2016/12/26 20:53] | じろー #IpsFpWPo | [edit]
この映像だけ見たら、何を苛めてるんですか!って誤解されちゃいますね~(;^ω^)
[2016/12/26 22:00] | れりぱ #- | [edit]
せっせつなーい(^^;
家の中からすでにその震えなのねー&その鳴き声!
がんばれ、ぷくさん!
[2016/12/26 22:56] | mimosa #JalddpaA | [edit]
皆さん、病院行きはいろいろご苦労なさってるんですねー。
ウチの子は2匹とも、病院まったく嫌がりません。
病院入口までの階段は、私より早く駆け上がります。
2匹とも病院の先生大好きですし、兄の方は注射も無反応なので、
本当に助かります。
ただ、恐れ知らずの妹が、院長先生のおでこ(先生のおでこは広くてピカピカです。汗)を毎回ペロペロ舐めようとして、私や看護師さんたちをその度に凍らせて困っています。
[2016/12/26 23:51] | みどり #z8Ev11P6 | [edit]
久しぶりの兄様動画UPありがとうございますm(__)m
待ってました!…が、子鹿のように震える兄様とは( *´艸`)クスッ♪

ウチの娘、最初は兄様と同じでしたが入院してから病院大好き♡になりました。
入院中に何があったのか(笑)
[2016/12/27 03:26] | ベルママ #- | [edit]
>ターボえんじん様
ぷくも診察は無抵抗でさせつつも、診察台の上ではガクブルです。
なにをされるわけでもないのに毎回見事な怯えっぷり。(-_-;


>ペーチョー師匠様
あ~それも面倒ですよね。
私もできることなら行きたくないのであります。


>青森りんご様
バイブスイッチをオフにするボタンはどこー?(T△T)


>はなみま様
そうなんですよ!好きになれとなんて贅沢は言わないから
今より平気になってほしい!o(T^T)o


>くまきちゃん様
あーっ!有馬記念当ててるー!
さ、さすが農高魂を持った方は勝負事も強いわ。( ̄ロ ̄;)


>ポンちゃん様
子馬!?(゚∇゚ ;) どの辺が子馬っぽかったかしら。。
生まれたての震えてる感じですかね。


> いつも見てます様
やーぷくは人見知りなので人混みはそんなに得意じゃないですよ。
犬混みは平気ですけどね。笑


>みゅー様
みゅーさん、あのチーズケーキやばいっすよ。( ̄∀ ̄)
激うまです。


>しろいぬ様
私だってできれば行きたくないのに
あんなに震えられて、毎回しんどいです。(T▽T)


>くろまめ様
わかりますー「んきゅっ!」って言う言う。
言ったって無駄なのに毎回言います。(-_-;


>こたこ様
どんなに誤魔化しても病院行きはバレますね。
いえ、タトゥーは入ってないです。(;^_^A


>じろー様
コリン先生の時よりはなついてるような気がしないでもないです。笑


>れりぱ様
そうなんですよ。
それで思わず説明めいた動画タイトルにしてしまいました。(^▽^;)


>mimosa様
バッグ出した瞬間にこのザマよ。
行きの車中でもずっと震えっぱなし。


>みどり様
ウチもソニックはそんな感じですね。


>ベルママ様
ものすごい待遇が良い入院生活だったのでしょうかね。笑
[2016/12/27 08:00] | ノリ@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
前のページ | 次のページ