My treasure




 P探検隊。 → 「P House」


 毎日たくさんあたたかいメッセージが
 届いています。ありがとうございます。

 今週は連日お花が届いていたので
 配達のおにーさんが何だこの家?
 と不思議そうな顔をしてらっさいました。
 
 自宅がお花だらけ。
 植物のチカラに癒されてます。

 s-1707147.jpg

 全体的にひまわり多め。
 夏男ぷくのイメージでしょうか。


 数年前に愛犬を亡くした友人の
 「犬がいつも散歩中にう○こしてた
 マンホールを見て急に外で号泣して
 はたから見て超怪しい人になった」
 というエピソードを思い出しました。

 彼女は半分笑い話として語ってたけど
 その状況が今の私はものすごくわかる。

 突然何かがトリガーになって
 目から滝が放出されるので
 特に外出時は油断なりません。

 でも辛いことがあってもゴハンは食べるし
 仕事もする。納期は待ってくれないもんなー
 社会人は辛いわー、とか言いながらも
 日々を重ねて人は生きていくのですね。

 1707148.jpg

 「P House」 にもUPしたこの写真。

 今となっては私にとって宝物の1枚で
 ぷくとふたりで撮った写真があまり無い
 ということもありますけれど、何より
 ぷくが私を見上げているところだから。
 
 単純に散歩中の犬とのアイコンタクト
 ということではなしに、ぷくとはもっと
 深い意思疎通がありました。

 たとえば綺麗な景色に遭遇し
 それをぷくと共有したいと思った瞬間
 強い視線を感じ、足元を見ると
 「キリッ (・`ω´・ ○)b グッ」てな顔で
 ぷくが私を見上げている。

 それで私も ( ・`ω・´)キリッとうなずく。

 そういう瞬間がぷくと歩いてるとよくありました。

 1707149.jpg

 15年間ぷくと私の間に
 数え切れないほど重ねたあの瞬間は
 何にも代えがたい奇跡みたいなもので

 それを失ってしまったことを嘆くより
 あんな奇跡を体験した幸福を大切に
 できる飼い主でありたいと思います。



 でも難しい。
 人気ブログランキング

 にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

 ↑ 旅立つ前日のぷくです。
 喋ったのはこの時が最後。



  これにしました。
  


スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ

2002年7月9日生まれの
スムースチワワ、ぷく(♂)と
2005年12月3日生まれの
ロングチワワ、ソニック(♂)と
15年暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。

2009年8月1日より
ソニックが家族に加わりました。
ソニックを引き取ったいきさつは
コチラ。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 

 

フォトブログ
 

たまにボソっと

過去記事

スポンサードリンク

ブログ内検索

ブログ村

スポンサードリンク