あの日の自分に言いたいこと




 キャプテンP → 「P House」
 

 今日は私の懺悔のお話なので
 読んでて楽しくない内容かもです。
 気持ちの整理日記になります、ごめんなさい。

 s-1707171.jpg

 ぷくが噛んでできた人差し指の傷が
 気付いたら治っていました。

 ああそんなに時間が経ったのか……
 としばし呆然。

 ぷくが自力でゴハンを
 食べることができなくなってから
 私がペースト状のフードを指で掬って
 ぷくの口に入れて食べさせてました。

 最初はなかなか大変だったのが
 段々お互いにコツを掴んできて
 最近は「餅をつく人」と「こねる人」
 のように絶妙な間合いとリズムで
 上手に口に運べるようになってた。

 s-1707172.jpg

 ぷくが旅立つ3日前でしょうか。

 いつも調子良く食べられてたのに
 突然リズムが合わなくなりました。
 
 あの時なんだか胸がざわざわした。

 元気そうにしているぷくのなかで、
 何かが大きく変化した気がしました。
 
 そして私の指が口に入った瞬間
 ぷくががっちり口を閉じ、思わず
 「痛い!もー!」と言ってしまった。

 s-1707174.jpg

 人差し指の爪の付け根から
 出血してその日は結構痛かった。

 ぷくがゴハンを食べられたのは
 その日が最後になりました。

 もしも時間を戻せたら
 あの日の自分に言いたいです。

 黙れ、と。

 たとえ指が取れようが痛いとか言うなバカ。

 1707175.jpg
 
 ぷくが私を噛むなんてあり得ないんです。
 あの時はぷくの意図に反して
 上手に食べられなくなっていて
 それでも頑張って食べようとしてた。
 それで一生懸命口を閉じた、それだけ。

 なのに「痛い!」なんて言ってしまったことを
 ものすごく後悔しています。

 ていうと皆「痛いとか熱いとかは反射的
 に出るんだから自分を責めることはない」
 と言ってくれます。頭ではわかるんです。
 
 でもあの場面を思い出す度どうしても
 自分に腹が立ち許すことができません。

 s-16061072.jpg

 どんなに頑張って何をしても
 いざ別れの時がきたら必ず
 後悔が残ることはわかっています。

 それで自分を責めていたら
 キリがないということも。

 でも膝の上にぷくを乗せたまま
 必死で食べようとしてるぷくに
 「痛い!」と言ってしまったのは
 悔やんでも悔やみきれないことのひとつです。



 I miss you terribly.
 人気ブログランキング

 にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

 ↑ 旅立つ前日のぷくです。
 


  これもプリザ。
  


スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ

2002年7月9日生まれの
スムースチワワ、ぷく(♂)と
2005年12月3日生まれの
ロングチワワ、ソニック(♂)と
15年暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。

2009年8月1日より
ソニックが家族に加わりました。
ソニックを引き取ったいきさつは
コチラ。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 

 

フォトブログ
 

たまにボソっと

過去記事

スポンサードリンク

ブログ内検索

ブログ村

スポンサードリンク