自分の居場所って

先日の 「つれづれなるモナカ」「オットの立場」を読んでいて、
妙に納得したのが、
「女性にとって家庭は安らぎの場ではない」 という話。


s-P1150291.jpg


たしかに、家事なんて次から次とやることがエンドレスだし、
まして私のように自宅で仕事してると
家事と仕事を交互にやってるうちに日が暮れて、って
これじゃ安らぎの場どころか「職場」じゃないの。

で、今日本に帰ってきて。

久しぶりの母ちゃんの手料理は旨いし、日本のテレビは面白いんだけど、
これまた「安らぎの場」とはほど遠いのだ。

というのも、自分の両親の家というのは、両親の家であって、
わたしの家ではないから。当たり前か。
私の場合、親元を離れてもう長いし、
どうしても若干「お客さん」的な立場になってしまうので、
「自分の居場所」という感じはまるでしない。
だから、狭かろうが忙しかろうが、自分でカネ払って住んでいる
オークランドの家が、ちょっと恋しくなってしまったりするのだ。


s-P1150294.jpg


一方、普段オークランドにいて、夫と喧嘩をした時なんかによく思うのだけど、
例えば私がここでムカついて家出をしたいと思っても、
私には行くトコなんて無いんだなぁと。
つーかいい年こいて家出したいとか考えんなよって感じだけど、
主婦の皆さん、頭の片隅でそう思ってしまうことって、無いですか?

若かりし頃、デート中に彼氏と喧嘩したって、
自分のマンションに帰ることができたし、なんつーか、
あのマンションの小部屋は、まさに私の居場所だった。

でも結婚すると女は
「嫁に行った」ってことで、実家は自分の家ではなくなるし、
嫁に行った先では結局、よそから来た「嫁」だし。
どっちも自分の家という気がしない、と
旦那の両親と同居している友人が前に言っていたのを、ふと思い出した。

何かこういう「自分の居場所が無い」みたいなこと言うのって、
「自分探し中」の若者なんかが言うならまだしも、
あたしみたいないい年こいたオトナが言うなよバーカ、って
自分でも思うのだけど、年とともにこの「居場所が無い感」が
自分の中で強まってきている気がしてならない。

子供の頃は、人間オトナになればなるほど自分の居場所というのが
出来ていくものだと思っていた。
でも居場所というのは、当たり前だけど自分で作っていくものであって。
そして、既婚女性にとっては気が付いたら「そこにいるしかない」
みたいな場所になりがちなのが、家庭なのかも。

いや、こんな風に感じるのはあたしくらいかもしれないけど。


基本的に暗いんで。 ( ̄∇ ̄;)



s-P1150285.jpg


何年海外に住もうが、やっぱりいつかは帰ってきたいなと
どこかで思ってしまう日本大好きな私だけど、
健康保険とか住民票とか、そういう役所的なものが
一切日本に無くなってしまった今、住所が無いということで、
自分にとって日本が「アウェー」になってしまったと感じることがある。
かといってニュージーランドにいても、自分は所詮「外国人」で
アウェー感があるのだけど。

それって何だか寂しいなぁ。


そんなわけで今年もまた、日本での最後の砦である日本の免許を更新しに、
はるばる帰ってきたというわけだ。




←気が向いたらクリック

←こっちもよろしくね。




週末ちょっくらお出かけでレスできないのでコメ欄閉じます。m(_ _)m

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ

2002年7月9日生まれの
スムースチワワ、ぷく(♂)と
2005年12月3日生まれの
ロングチワワ、ソニック(♂)と
15年暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。

2009年8月1日より
ソニックが家族に加わりました。
ソニックを引き取ったいきさつは
コチラ。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 

 

フォトブログ
 

たまにボソっと

過去記事

スポンサードリンク

ブログ内検索

ブログ村

スポンサードリンク