• サングラス杯、惨敗
    s-P1210477.jpg


    昨日はクソ暑い中、この辺り↑に集合して、
    ブログを数週間も放置しながら最近は大根の葉っぱを育てることに
    夢中なピロティの誕生日をみんなで祝ってました。

    あら、3行で日記終わっちゃった。 (゚∀゚)ノ

    それにしてもここのところオークランドは、暑い日が続いている。
    今日のような日差しの強い夏日はちょうど、
    こんな感じのファッションが合うかもしれない。


    puku_sunglass.jpg
    うめもとさんが作って下さった画像。

    ほっかむりで髪の毛や首筋を紫外線から守りつつ、
    サングラスで夏っぽく。
    どろぼう顔に自信のある人は、結び目を鼻の下に持ってきてもОK。
                            (ぷくファッション通信)


    オゾンホールの真下とも言われているニュージーランドでは
    冗談抜きでサングラスが欠かせない。
    しかしわたくし、笑ってしまうくらいサングラスが似合わないのだ。


    niyaripuku.jpg


    ・・・・・(-゛-メ) ヒクヒク


    今まで色んな型のを試したけれど、どれも玉砕。
    それでも夏のオークランドでサングラス無しではいられないので、
    今年もまた、少しでも似合うものはないものかと、
    お店へ行ってあれこれ試してみる。

    それにしても、欧米人というのは、老若男女問わず
    どうしてこんなにサングラスが似合うのだろう。

    あたしの隣で大きめのサングラスを試しているオバちゃんも、
    マトリックスみたいなのかけてみてるおっちゃんも、
    悔しいくらい似合ってる。
    つーか何をかけてもサマになる。

    それに比べてあたしときたら、
    かけるものすべて、コントの小道具にしか見えない。


    ふん!アジア人顔なめんなよ! ヾ(*`Д´*)ノ

    テトリスだったらアンタ達に負けないからな!




    s-P1210484.jpg


    お願い、そんな目で見ないで・・・。
    分かってる、分かってるから。




    惨敗の私にどうかクリックを。
    人気ブログランキングにヨロヨロ参加中。

    ←こちらも応援よろしくね!


    コメントは承認後に公開となります。
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 足の踏み場もない
    週末出かけてたら、まだ行った事がない公園を見つけた。
    ニュージーランドにしては珍しく、犬立ち入り禁止のサインが出ている。
    ちょうどぷくは連れてなかったので、
    ちょっと車を降りて、散歩してみることにする。

    ・・・・・なるほど。
    ここが犬立ち入り禁止であることに、納得。 だって、



    s-P1210431.jpg



    鴨だらけ。 Ψ( ̄∇ ̄)Ψ



    s-P1210433.jpg



    鴨、多すぎ。 ┌(* ̄0 ̄)┐


    ネギしょってるやつ、いねが~?
    私の写真では一面のカモっぷりがイマイチ伝わらないのだけど、
    池の中も芝生も、見渡す限り、カモ、カモ、カモ。
    これじゃ犬立ち入り禁止も納得だ。
    足の踏み場も無いもんね。( ̄∇ ̄;)
    一面のカモ畑に圧倒されつつも、妙に癒された週末のひとときであった。


    s-P1210442.jpg


    ところで私は先週から、車の運転はなるべく控えるようにしている。
    例の脚の故障のせいで、長い時間シートに座って運転してると
    痛みがひどくなってしまうのだ。
    なので車に乗るのは、なるべく短い時間ですむ近場に行くときだけに
    している。

    先日どうしても行かなければいけないところがあって、
    幸い10分程度の近場だったので、車で行くことに。
    この程度なら、楽勝さ♪ ( ̄▽ ̄)ノ 
    無事用事が済んで、さー帰るぞと思ったそのとき。

    信号待ちをしている私の車の前に、突然おまわりさんが立ちはだかる。
    それから私に向かって、そっと止まれの合図をしたかと思うと


    約45分、まさかの通行止め。 )゚0゚(



    s-P1210445.jpg


    そう、この日はニュージーランドの英雄的存在、エドモンド・ヒラリー氏
    葬儀車が通るところで、この辺の道路が一時通行止めになったのだった。
    どーりで沿道に山ほど人が集まっていたわけだ・・・。( ̄∇ ̄;)
    (それ見た時点で普通は気付く)

    それからの数十分は脚をマッサージしたり、
    我慢できずに車降りて脚伸ばしてみたり
    予想外の出来事に一人、頭の中真っ白&顔面蒼白になる私。
    それはもう、マイケル・ジャクソンの顔色よりも白い。

    あぁ目の前をヒラリーさんの車が通るというのに。
    沿道の人々は、それはそれは厳かな雰囲気で
    拍手しながら見送っているというのに。

    私ときたら一人汗だくで怪しげに突然車を降り、
    脚伸ばしたりさすったりして、厳粛な雰囲気の中で
    こんな落ち着かない態度ですいませんすいません。


    s-P1210450.jpg


    どうも今年は出だしからつまづいているような気がするから
    今年の私の新年は、中国の旧正月からってことにしようかと。
    2月から運気が上昇ってことで、無理やりまとめようかと。
    そんな感じで、いこうかと。



    鴨をクリックして欲しいカモ。
    人気ブログランキングにヨロヨロ参加中。

    ←こちらはひとつ後退~。


    コメントは承認後に公開となります。
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 素敵なばぁちゃん達
    夫の祖母が、私の脚を心配して、
    カルシウムの錠剤やら何やらをせっせと送ってきてくれる。
    頻繁に電話してきては、あそこの医者がいいとか、
    寝るときはこういう姿勢にしてみたら楽なんじゃないかとか、
    どこそこのジムにいる○○さんというトレーナーは、
    そういった症状の人について指導していて詳しいから行ってみたらどうか、
    紹介してあげようか、などなど・・・。

    正直うっとおしいな、とも思いつつ、( ̄∇ ̄;)
    母親みたいに心配してくれる人がこの国にもいるということが、
    なんだかとても、ありがたい。


    s-P1210306.jpg


    夫は仕事で忙しかった母親の代わりに、
    一時期このおばあちゃんに育てられていた。
    私はこの人と話していると、
    まるで日本にいる私の母と話しているような感覚にとらわれる。
    口うるささとか、母親特有のおせっかいの仕方とか、
    本気で心配してくれている様子とかが、まるで一緒なのだ。
    ただ母との会話がそのまま英語になっただけ。
    そこがなんともおかしくて、不思議な感じがする。

    口うるさいと言っても、「義母」ではなく「母」という感じがする
    接し方をしてくる人で、そこがなんとも口で説明しがたいのだけど、
    彼女独特の暖かさがある。
    本当は「義理の祖母」だけれど。


    s-P1210307.jpg


    そういえば去年私が日本へ帰っているとき、
    ちょうどテレビで話題になっていたのがこの本。





    島田洋七氏の『佐賀のがばいばあちゃんシリーズ』
    正直タレントさんが書いた話題本、としか思わなかったのだけど、
    帰り飛行機搭乗10分前にふらっと入った空港内の本屋で目に付き、
    フライト中の暇つぶしにと買ってしまった。

    この本を読んで、素直に「そうね、お金が無くても幸せよね」
    とは思えなかったひねくれ世代の私であるが、
    でも「がばいばあちゃん」の魅力には文句なしに圧倒されたし、
    ど貧乏ながらも、このばあちゃんに育てられた島田洋七氏を
    うらやましいとも思った。


    s-P1180626.jpg


    私は幸い、一度も食うに困るようなお金の苦労はしたことが無い。
    もしそういう状況になったとして、「がばいばあちゃん」の様に
    笑って暮らせる自信はない。

    でもお金持ちマッダ~ム (* ̄Oノ ̄*) よりも、
    がばいばあちゃんのような女性に心から憧れるのは確かだ。
    キレイ事は結構だけど貧乏は嫌だ、心に余裕が無くなるだろう、
    と思っている私が、お金があっても幸せそうではない人もいて、
    「がばいばあちゃん」はお金なんかなくたって確かに幸せな人生を
    送っていたことを、文句なしに認めざるをえなかったところに
    完敗&乾杯。



    気が向いたらクリックしてね。
    人気ブログランキングにヨロヨロ参加中。

    ←こちらも応援してね♪

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 怖いのは、クシャミ
    私の右脚の怪我ネタが続いて申し訳ないが、
    アレ以来、くしゃみやせきをするのが怖くて仕方が無い。( ̄∇ ̄;)

    何かあるとすぐ「トラウマでー」と言うのはあまり好きではないし、
    そもそも私は見事なまでに喉元過ぎれば熱さを忘れるタチなのに
    (アホとも言う)、さすがに今回の「くしゃみ事件」は相当身体的に
    こたえたらしい。( ̄ー ̄;

    あの呼吸困難にすらなりかけた激痛地獄の数十分を再び♪てのだけは、
    どんなことをしてでも、裏金払ってでも避けて通りたい気分だ。
    誰に払ったらいいのか分かんないけど。
    あの痛みはなんというか、ギブギブギブ!ってタップしてるのに、
    攻撃を止めない、みたいな。
    そんなのルール違反だよ!


    s-P1210295.jpg


    お手しながらそんなドス黒いこと言うもんじゃないよ!(`◇´メ)
    リングサイドのセコンドの声だって拾われて、
    テレビで繰り返し流れちゃうんだからね!youtubeにも投稿されるよ!


    s-P1210301.jpg


    間違ったこと言ったら、謝罪。( ̄ω ̄)b

    とにかく、あの痛みだけはもう当分経験したくない。
    コメント欄でも、くしゃみした瞬間ギックリ腰になったという人が
    結構いらっしゃったし、くしゃみって意外と怖いのね・・・。

    というわけで、くしゃみが出そうになると
    「あわわわ!待った待ったー!」と一人慌てふためいている。
    挙動不振ですいません。


    s-P1210380.jpg


    それにしても、せっかく2ヶ月近く治療してきたのに、
    くしゃみごときのせいで、振り出しに戻るどころか
    マイナスになるなんてなぁーと凹み気味の患者を前にして、

    「くしゃみ事件のせいで症状が大分悪化しちゃったけど、


    しょうがないねぇ♪

    出ちゃったもんは。(* ̄∇ ̄*)
     」


    と笑顔で言い放つニュージーランドの医者が、嫌いじゃない。
    体調が悪いときって、意外とこのNZ人の明るさ&能天気さに
    救われるもんだな、と最近しみじみ感じる。
    そうだ、こういうときこそ、笑ってすごそう。
    ホントは笑えなくても。



    はっくしょん!とクリック。
    人気ブログランキングにヨロヨロ参加中。

    ←こちらも応援してね♪


    今日はお返事できないのでコメ欄閉じます。m(_ _)m
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • とにかく待ち合わせた
    Heath Ledger(ヒース・レジャー)が亡くなったというニュースは、
    脚の痛みと薬のせいで、ここ4日間ほど毎日1~2時間睡眠になって
    ひよってる今の私に、ボディーブローのようにきいている。( ̄ー ̄;
    (ニュース記事はコチラ

    「好きな俳優は?」と聞かれると真っ先に頭に浮かぶ人だったのになぁ。
    まだ28歳だったのに。小さな子供もいるのに。
    人間の寿命、命の長さというのは本当に予測できないもんなのだと、
    寝不足で麻痺した頭でぼんやりと考えた。

    ヒースの出演映画については、お薦めというより
    完全に私の趣味の世界になってしまうのだけど、
    一番好きなのはコレだろうか。





    他にもっと有名な作品はたくさんあるけど、あえてコレ。
    何度観ても、エンディングの一言でホロっとしてしまう。
    実話を映画化した作品で、(そもそも私はノンフィクションに弱い)
    主人公のネッドケリーは、25歳の若さで処刑されている。
    そのケリーを演じたヒースが、まさか28歳の若さで
    この世を去ることになるなんて、何だか皮肉な運命で、切ない。
    ご冥福をお祈りいたします。


    s-P1180683.jpg


    さて、脚の故障でストレス度数も上がりがちな私を、
    ご近所のきなこさんピロティがご飯に誘ってくれた。
    何でもこの辺に美味しいお店があるらしい。

    「じゃあ近所にあるらしいそのお店で6時半に」

    店の名前も正確な場所も言わずに待ち合わせをしていることに
    この時点で誰一人気付いていないおめでたい私たち。( ̄▽ ̄)


    しかもこの辺は、レストランがたくさん並んでいるのに。

    当日約束の時間になってからそのことにふと気付いた私は、
    多分ここじゃないかな・・・、というお店の前で立ってた。
    そしたらピロティが手を振りながらやって来るじゃないの!
    わー、ここで合ってた!良かったー。


    kakuninn.jpg


    しばらく二人で店の前できなこさんを待っていたが、
    時間に正確な彼女がなかなかやって来ない。
    もしやと思って店内を覗いたら

    一人美味しそうにワインを召し上がって

    らっしゃる。



    s-P1210288.jpg


    いやホント、店合ってて良かったわー♪(*´▽`*)ノ゛
    ってな感じで盛り上がる私たち。
    久しぶりに、楽しい夜でした。



    無事会えて良かったねクリック。
    人気ブログランキングにヨロヨロ参加中。

    ←こちらも応援してね♪


    コメントは承認後に公開となります。
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ


ぷく スムースチワワ ♂
2002年7月9日~2017年7月9日

ソニック ロングチワワ ♂
2005年12月3日~

揚羽 スムースチワワ ♂
2017年9月28日~

ぷく、ソニックと15年
暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 


フォトブログ
 

過去記事

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク

ブログ村

スポンサードリンク