春のつぶやき




ソロ・ラン → 「P House」


犬の散歩をしていて目についたもの。
宴会やシートを広げての飲食の禁止
を呼びかける立て看板。

s-2103241.jpg

私は宴会形式のお花見は
コロナ前からしたことがなくて、

私にとってお花見とは
普段通りの犬の散歩中に
そこら辺に咲いてる花を眺める
日常のルーティンのことです。
イベント感は元からゼロ。

s-2103243.jpg

だから初めて見る看板に一瞬
「おおっ」となって世の中が変わって
しまったように束の間感じるのだけど、
考えてみれば私自身はいつも通りの
春を過ごしているわけです。

何が「おおっ」なんだか。

これはこれで置いてかれてる感も
若干ありますけど。( ; -᷄ ω-᷅)

s-2103242.jpg

4年前の春、ぷくが体調を崩し、
その後復活しました。

お散歩もできるまでになったけど、
ぷくと見る桜は今年が最後だろうと
悟りながらのお花見でした。

抱っこしたぷくの感触も重さも、
キレイな桜の景色も、空気の匂いも
絶対に忘れないで覚えていてねって
自分の体に頼み込むような気持ち。
ものすごく焦って、怖いという感情。

あの時の気持ちは結構強烈で
今でも鮮明に残っています。

s-2103244.jpg

だから毎年桜の季節は
ちょっと苦しいです。

今年はだいぶ薄れたかな?と
毎年期待するんだけどあんまり
変わらないものですね。

覚えていてね!とあれほど自分に
言い聞かせたぷくの感触は
だいぶ遠くなってしまったのに、
めっちゃ悲しくて焦るような気持ち
だけはハッキリ残ってる。

残ってほしいものが、逆。

s-2103247.jpg

でも犬と暮らすと季節毎にいっぱい
楽しい思い出が積もっていくけど、
この手の苦しさも絶対経験するもので
たぶん両方ギフトです。

どっちもぷくがくれた経験。

だからこれはこれでいいというか
犬と暮らす醍醐味かもしれません。

s-2103248.jpg

今日は散歩中ソニックの頭に
桜の花びらが乗っかってて
写真撮ろうと思った時にはもう
落ちて無くなっちゃってたんだけど、
後頭部にひとひらの桜の光景が
とても可愛かったです。



ぷざくら。
人気blogランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ ぷくの後頭部をひと押し
下さると嬉しいです。( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )
いつもありがとうございます!



トートバッグ。


PVアクセスランキング にほんブログ村
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ひゅうぼん

私自身で言えば、やはり五感の触覚が一番薄れやすいような気がしてます…。
この曲を聞くとあの頃に急に引き戻される、とか、この臭いはあの国で嗅いだ匂いだ、とか。
いつまで経ってもかなり鮮明。

桜の儚げな感じとぷくとのお別れがリンクしてしまったんでしょうか…。
思い出は大切にしまっておきつつ、アゲハパワーで桜の記憶が楽しく上書きされるといいな♡

じゅこん

「どんも悲しみや苦しみは時が癒してくれる」と、よく聞きますが、残念(?)ながらあの痛みだけは生涯消えることはありません。
ま、あくまでも私の経験上ですが。
その事実を受け入れることができなかった数日は、食事さえできず苦しかった。
たぶん受け入れることができたからなのか、食事ができるようになってから、心の中で生き返ってきたのかな、思い出に振り返られるようになりました。
もう大昔のことなのにあの子は今でも心の中に居続けてます。
醍醐味とは達観してらっしゃる。
私はまだそこにはたどり着いておりません。
そうなれるよう精進します。
今日の記事に鼻水が...

かとちゃ

私もいくつか、忘れないでおきたいような、
忘れてしまった方がいいような感情があります。
みんな、頑張って生きてますね!
寂しさは消えなくても、ふわっとあったかい想いも
一緒に思い出せればいいですね。
それでもやっぱり、犬と暮らすのは素晴らしい!

桜とぷくさんバナーが、春の楽しみ。
今年もありがとうございます。

みさき

おはようございます。
大好きだったぷくちゃんを思い出して朝から滂沱の涙です。

私ももう20年以上も前のことなのに、桜の木の下で弱った猫を抱きしめながら「こんなに花は美しいのに何故おまえは逝ってしまうのか」と悲しんだ気持ちを忘れることが出来ません。

ずっと後になって、小手鞠るいさんの『猫の形をした幸福』を読んだ時に、その悲しみが少し癒されるような思いがしました。
今日の記事も、自分の心にある犬や猫の形をした幸福と哀しみがしみじみと胸に迫りました。

ブログでノリさんからぷくちゃんの形をした幸福と哀しみをいただいて、私もとても愛おしく思っております。

長文失礼いたしました。

タマキタカコ

季節の変わり目になると、目を閉じて風の匂いを感じていたうちの子を思いだします。
悲しい瞬間はしっかり記憶されてるのに、楽しかった記憶がふんわりと甦ってきます。
20年も過ごしたのに、なんだこの記憶力😔
まだ、思い出の蓋を開けるのを拒否してるのかもしれません。
ぷくちゃんの後頭部にピンクの花びらが可愛い❤️
小さな春をありがとうございます😊

えもす

ぷくさん綺麗だなー。
花びらがついたぷくさんを見て、桜餅が
浮かびました。

クロちゃんタマちゃん

残ってほしいものが逆…
切ないですよね。
優しい想い出がふんわりと儚くて…
ても、ソニぼんとあげちゃんと一緒に、今年の春も優しい幸せな桜の記憶を重ねてください。

陸ママ

桜の季節は私も切ないと言うか苦しいような季節になりました。

2年前、ウチの子が癌だと分かったのが桜の季節。
1年前、一緒に見る桜は今年が最後だと悟った季節。
今年は楽しかった思い出と寂しさでちょっと胸が痛い季節になりました。
いつか、切なさ・寂しさを感じなくなればいいなと思ってます。時間薬が効いてくれないかな〜

のあ

ノリさん、こんばんは!

ぷくちんの桜の花びらが乗った後頭部…ポチっと押しておきました!( *´艸`)

私も桜の季節は切ない…と言うかその頃の記憶がありません。苦しかった記憶しか残ってないです…けど、それも大切な記憶で忘れることはこの先もないでしょう。

れりぱ

通勤途中に桜並木があるのですが、そういや昔は散歩を兼ねてお花見したな~と、思い出しました。
今の4匹はそこまで歩いてくれないだろうから、当時のワンコとの思い出なのに、こういう事でもない限り思い出すことが無くなったんだな~と、自分の海馬の軟弱さに呆れてます(-_-;)

いっちん

心の中に、記憶の中にその時々の風景や音、匂い、感情ってありますよね。肌の温もりは日々薄れていくけど一緒にいた時の思い出はフッと匂いや場面でよみがえってきます。でも一番忘れたくないのはやっぱり温もり…なんだけどな。
ソニぼんと過ごす日々は大切な1日1日になりますね。

ねこはは

片方が大きければ大きいほど、もう片方も大きくなるギフト。
あれだけ愛おしくてまっすぐに見てくれていた存在が消えようとしているのだから苦しくないわけがないですよね。
ぷっくんの後頭部からおでこにかけてのラインが愛おしすぎます(๑˃̵ᴗ˂̵)

ノリ@管理人

>ひゅうぼん様
確かにそうですね。触覚が一番薄れやすい。
残って欲しい感覚なのに。


>じゅこん様
達観してるとかじゃないですよ。
ただ悲しい類の感情にバツつけるのをやめただけです。


>かとちゃ様
桜ぷく、お気に入りです。
ぷくとソニックは桜が似合うんです。
アゲやんは……w


>みさき様
その本読んでみたいと思いました!
検索してみますね。


>タマキタカコ様
ぷくが外を駆け回っていた風景とか匂いとか
バッチリ覚えていますよ。
散歩のたびに思い出しています。


>えもす様
きれいでしょ~♪イケワンでした。お餅みたいだけど。


>クロちゃんタマちゃん様
ぼんと揚羽とも春の思い出が積み重なっていってるのが
楽しいです♪


>陸ママ様
私はもう諦めて寂しさを感じてもいいということにしました。
どっちの感情もわんこの思い出としてセットであっていいと思います。


>のあ様
あーそれめっちゃわかります!
私も2017年の記憶は結構ごちゃごちゃしてるんです。
苦しかったなということだけ漠然とあります。


>れりぱ様
なにげに「今の4匹はそこまで歩いてくれないだろうから」
がツボりましたw


>いっちん様
そうなんですよね。「温もり」とか抱っこした時の感触を
キープしときたいんですけどねえ……。


>ねこはは様
後頭部のライン最高でしょ!
まるいおでことベージュの柄が好きでした。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ


ぷく スムースチワワ ♂
2002年7月9日~2017年7月9日

ソニック ロングチワワ ♂
2005年12月3日~

揚羽 スムースチワワ ♂
2017年9月28日~

ぷく、ソニックと15年
暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 


フォトブログ
 

過去記事

スポンサードリンク

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサードリンク