目覚めたらそこは




目覚めの衝撃ぼん。→ 「P House」


例のデカクッション
ソニックが昼寝していました。

s-2104041.jpg

大きいからはみ出る心配無し、
厚みも絶妙で、座布団なみの
安定感があります。

s-2104042 copy

しばらくして目を覚ましました。

s-2104043 copy

寝起きでぼーっとした頭で、
ソニぼんは思いました。

s-2104045 copy

s-2104046 copy

s-2104047 copy

めっちゃ見られてるけど。

s-2104049 copy

私も落ちたところは見てないので
何が起きたのか不明ですが、
気付いたらソニぼんは下で寝てて
クッション上には揚羽がいました。

各自が好きな場所にいて休んでる、
そう捉えています。

誰も、悪くない。

s-2104051 - コピー

ただソニックが揚羽を見ていて、
揚羽が目を逸らし続けてる、それだけ。



目が泳ぐ俺。
人気blogランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ ベビぷくのデカ耳をひと押し
下さると嬉しいです。( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )
いつもありがとうございます!



これです。


PVアクセスランキング にほんブログ村
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ちびらっきぃ

向かないよね
あげちょん、結婚詐欺には向かないよね( *´艸`)
職業パイロット!って言ってもすぐばれちゃうもんね・・・

ひゅうぼん

…真相は闇の中ですが。

アゲちょんの態度は職質レベルww

恐らくシロとは思いますが、ソニぼの疑惑の視線が強い!(;^ω^)

やん

おそらく揚羽くんはシロ、ソニぼんは眠っているうちに転がり落ちてしまって、たまたま空席に揚羽くんが座る→ソニぼんと目が合う→ソニぼんの鋭い視線に揚羽くんビビる(もともとソニぼんに見つめられたい願望もあり)→お、俺?となる、と推察いたします。

えっ!の揚羽くん、首筋のつむじくっきり。人差し指でつんつんしたい可愛らしさ。でもぷく兄の胸元のつむじも大好きだし、ノリさんちはイケメン揃い( ´艸`)

かとちゃ

ぷくさんは派手に転げ落ちてましたが、
ぼんちゃんは少しずつズリ落ち系なので
本人も気づかないんでしょうね。

お兄ちゃんの温もりと残り香を楽しんでただけでしょ?
目を逸らすから怪しくなるんだよー。
カツオくんみたいに堂々と!

れりぱ

限りなく黒に近いけど、物的証拠が無いので逮捕できませんね^m^

いっちん

何もしていなくても兄にボーッと見つめられるとドキドキしちゃって舌が出ちゃうアゲハっち(笑)
何て可愛いんだろう~
アゲハっちの旋毛君綺麗に出てますね!人指し指を突っ込みたい(笑)

ねこはは

無実でもあんな曇りなき疑いのマナコで見つめられたら目そらしちゃいますよねー(´∀`*)

mike

アゲハくん
漫画だと顔に縦線が入って汗がだらだら流れていそう‥

ノリ@管理人

>ちびらっきぃ様
一番向かないですね~。
ウソついてなくても詰められると目が泳いじゃうんでw


>ひゅうぼん様
たぶんシロなんですけど、動揺しちゃうんですよね。
悪いことしてないのに職質されて挙動不審になっちゃう、みたいな。


>やん様
私もやんさんの推理で合ってると思います。
つむじ見えちゃったw


>かとちゃ様
そうなんです!堂々としてればいいのに!
すぐ慌てちゃうから怪しくなる。。


>れりぱ様
いやこれたぶんシロなんですよ。
ソニぼんが少しずつズリ落ちたんじゃないかと。
アゲハが挙動不審になるから怪しまれるのです。


>いっちん様
すぐベロ出ちゃうんですよね~。。
チャームポイントということにしてます。


>ねこはは様
何もしてないけど職質されたらドキドキする、
みたいな感じでしょうかね。


>mike様
まさにそれ!
汗を描き足したいくらいですね。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ


ぷく スムースチワワ ♂
2002年7月9日~2017年7月9日

ソニック ロングチワワ ♂
2005年12月3日~

揚羽 スムースチワワ ♂
2017年9月28日~

ぷく、ソニックと15年
暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 


フォトブログ
 

過去記事

スポンサードリンク

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサードリンク