老いていくわたしたち




イヴのお願いごと→ 「P House」


ニュージーランドに住んでいた頃の
ぷく&ソニックと、晩年の彼らの写真を
比べると結構違うなと改めて思います。


s-m6.jpg


生き物なのだから老いていくし、
老いは当然見た目にも出ます。

当時は「変わらず若々しいね」という
温かいお言葉もたくさん頂きましたが、
14歳過ぎてからはやはり老犬っぽさは
出ていたと思います。

目の色は薄くなっていったし。
仕草もシニアらしくなった。


s-2112232.jpg


それを一般的には「ヨボヨボになった」
と呼ぶのかもしれないけれど、
そうなってからの可愛さが凄まじいという
あの感覚は、飼った人にしかわからない
のかもしれません。

子イヌは誰が見たって可愛いけど
飼い主の目にはガチで子イヌの頃より
老いた姿が可愛く見えているんですよ。

これは親ばかメガネというより
感覚の違いだと思っています。
価値観というか。


s-1703151.jpg


ところで、女性の価値は若さと美貌が
大きく関わるという概念は露骨に言うと
女性蔑視だと怒られる世の中になった
とはいえ、がっつり世に根付いてます。

そういう価値観の元に出てくる発言が
あちこちで見られるし、テレビ点ければ
そういう考えのベースが溢れてくる。

だけど私が肌のハリが衰えても
シワができても脳天気に生きていて、
「ちょっとは気にしろw」とか言われても
「……なんで?」と本気で思ってるのは
「老い=醜い」と定義していないからだと
気付きました。

何で気にしないのって言われても
老化を悪とも醜いとも定義してないし。。

外でお年寄り、おばあちゃんたちを見ても
美しくないとは思わないし。

これは美容に気を遣わなくていいという
話ではなくて、別に年齢を重ねることを
自分の価値が落ちていく、みたいに
わざわざ捉えなくてもいいんじゃないか
というユルい話です。。


2112233.jpg


でも言われてみれば昔は私も
若さは保たなければならぬ!
女性はなおさら!みたいな観念を
抱えていたような気がするし

一体いつから
「老い=自然」
「自然=美しいこと」
という定義になったのかと振り返れば
おそらく犬たちがとてもとても自然に
私の頭に植え付けてくれたのでしょう。


s-1412247.jpg


だってわたしたちは生き物だから。

そしてぷくとソニックが老いてゆく
過程はすべてとても愛しくて
尊いものだったから。

だから女性たちよ、
せっせと美容に励みつつも
同時にできてしまう肌の衰えや諸々で
自分に×をつけなくてもいいことにしない?
という提案をイヴに世界の片隅から
ひっそりとしてみる。



皆さまステキなイヴを☆
人気blogランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ ケーキぷくとぼんサンタをひと押し
下さると嬉しいです。
いつもありがとう。。



アゲハのアウター。


PVアクセスランキング にほんブログ村
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ひゅうぼん

そのご提案、助かります!笑

Kiho

年相応の美しさが一番綺麗です。
人間以外の動物は容姿や老いを取り繕ったりしない自然が綺麗なのだろうと。
容姿、服装、言動など、年齢相応に整えて行けたら良いと思っています。

ふゆみ

賛成賛成!
家にもチワワの男子16歳と2か月がおります。
お水を飲む姿、ひょこひょこ歩く姿、ベットによいしょと上がる様子、
もう何をしていても愛おしさしかなく、可愛くて可愛くて悶絶です。
老犬がこんなにも愛おしい可愛いなんて感覚、自分でも驚きで。
のりさんの言いたいこと、よおおおおおおおおくわかります。

かとちゃ

いま自分と親の老いについて、むにゃむにゃ悩み中です。
自分の老化は、もう受け流す時期に来ました。
諦めたわけでもないし、それなりに努力するけど、
抗う気はなくなって、とてもラクです。
ただ、親の老化は思いの外スピード速くて、受け入れ難い部分があります。
優しく支援しよう!と、もうちょっと頑張ってよ!が
ぶつかり合って会うたびに重くなります。ああ、グチってすみません。

が、似合いすぎるチキンやブッシュドノエル姿を見て、
気力出します。Very Merry Christmas!

Ryu

とてもとても共感します。
あるがままを受け入れるって、潔くて美しくて逞しくて格好いいと思います。
間違いなく私も、17年半共に暮らした犬から教えてもらった一人です。

ぷく兄さん、今年のソリ検定はどうなりましたか?

くきまま

ありがとう❣️
とても愛おしくて尊いもの
老いてなお可愛い我が子
ソニぼんと同じ歳で11月に突然逝ってしまいました。
ノリさんの言葉一つ一つに頷いています。
犬族は老いるのが早いから仕方ないけど
一緒に過ごしたどの時代も愛おしくて
宝物です。
ブログいつも楽しみにしてます。

-

今年14歳を看取りました。
シニアの可愛さがとにかく愛おしくて、こんなに可愛いものだと思いませんでした。
これが、この感覚は何なんだろうと思っていました。

シニアになって、病気になって、体も思うように動かせなくなっていって、いわゆる介護的な状況になっても可愛いはどんどん増していくばかりで。

個人的には特に白くなったお顔が愛おしいです。

今は8歳から一緒に生活を始めた女子がいますが、まだまだ若さを感じます。
シニア老いる。どんとこいです。

これからもたまに(すみません)ブログ拝見させて頂きます。

ran

メリークリスマス
去年愛犬を15歳で看取ってからも毎日楽しみに拝見してますいつも癒されています。

老犬の凄まじいかわいさ、分かります分かります。。
毎年ぷくちゃんと映ってる可愛いミニツリーはどこのですか?

じゅごん

気高さとは、人より優れているということではなく、真の気高さとは過去の自分を超えることである。
と、あるお方が仰ったそうです。
そうですねぇ、とも思います。
が、やはり時と共に老いていくのもまた摂理。
若い頃は速く走り高く飛べました。
今は全力疾走すると自分の足にもっれちゃったりして。
やはり体は歳と共に衰えたとしても、心だけは成長できる(はず)。
今の自分は過去の自分より、多くのことを受け容れることができるようになった(気がします)。
だから老いなど気にしていません(ハッタリ6割で)。
うちのわんこはまだ老犬とまでは言ってませんが、子イヌの頃よりも年数を経た今の方がかわいい。
表情も一挙手一投足もすべてが愛おしいです。

ぽち☆

うん、うん・・・と頷きながら読ませて頂きました。
自分の脳内とフォルダ内に残っている仔犬時代の可愛さも
年老いてきた事を感じる日々の愛しさも、とてもとても大事でかけがえないもの。
シニアになっていくわんこ達がこんなに愛おしいものだと、暮らし始めた頃は判らなかった。

毎年、カウントダウンにあわせてソリをひくことに悩んで?いたpukuちゃんを見るのが本当に楽しみでした。
今日、Puku&ソニちゃんの揃った姿を見れてすごく嬉しくなりました。
一応、仏教徒だけど(笑)・・・世間のクリスマスに乗っかって、夕食のチキンとケーキを買いに行かねば★

皆さまにも素敵な一日でありますようにv-344v-354v-352v-315

のなね

「さびは、見た目の美しさについての言葉です。この世のものは、経年変化によって、さびれたり、汚れたり、欠けたりします。一般的には劣化とみなされますが、逆に、その変化が織りなす、多様で独特な美しさをさびといいます。

一方、わびは、さびれや汚れを受け入れ、楽しもうとするポジティブな心についての言葉です。つまり、さびの美しさを見出す心がわびなんです」
茶人・木村宗慎さんの言葉より

わびさびの境地ですね。同意します。

私も桜は老木が一番美しいと思いますし、木で作られた楽器は出来たてが
一番どうにもならなくて最低10年は引き込んでやらないと音が美しくなりません。

ジブリを見ていてもシータの可憐さよりもドーラのかっこよさに美しさを
感じる今日この頃です。

陸ママ

私もシニアのワンコが一番可愛いと思ってます。
飼い主にしかわからない感情でしょう(^^)
老いることを自分のワンコから教えられ、自分の老化をすんなり受け入れられました。
人間くらいでしょう。外見や若さとか気にするのは。ワンコ達動物は老化とか気にすることなく只々、日々を過ごしていると思います。
あるがままを受け入れていると思います。
ワンコ達から教えられることはいっぱいありますね。

いっちん

その提案に1票!
朝寝起きに鏡に映る女性を見て「あっ母さんおはよう」と言いそうになる自分に毎朝笑いが止まりません…日々年を取って母に激似してきております(笑)背筋だけは曲がらないようそれだけを気をつけております!あとは自然に任せ抗うことなく流れに任せておりまする(笑)

tamapi

ワタクシ、年齢を聞かれてもホイホイ答えます
世間でいう高齢者枠ですけど~なにか?と
16歳と5か月の愛猫はフワフワと軽くなり
顔はますます、可愛くなっております、ハイ!

腹黒烏龍茶

メッチャ同感です。
前の子が亡くなった時には子犬より成犬の方がめっちゃ可愛くて、何処かで成犬引取れないか考えたのですけど母の反対にあってしまい断念しました。
やっぱみんなそんな風に感じますよね。

アゲハちゃんも可愛がってくださいね。
凄く元気だから一匹は寂しい感じかな。

とらお

他人と比べる必要もなく、それぞれの個性が愛おしいですよね。

れりぱ

おっしゃる通りです。
白髪頭でも、内面が美しい人はグレーヘアーって行って貰えますね^m^

クロちゃんタマちゃん

クリスマスイヴの昨日、ぷくさんとソニぼんが一緒に…!
ぷくさん、ついに検定合格した!?
遅くなりましたがMerry Xmas🎄

お話、まさにまさにでした。

jmママ

大賛成!

れな吉のおかん

ボラボ~!
メリークリスマス★
毎日楽しく拝見しています!
よくぞ言ってくださいました!
全てに共感です!
老いる=醜いではないですよ。
滅多にコメントしませんが思わず書いてしまいまさした\(^o^)/
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ


ぷく スムースチワワ ♂
2002年7月9日~2017年7月9日

ソニック ロングチワワ ♂
2005年12月3日~

揚羽 スムースチワワ ♂
2017年9月28日~

ぷく、ソニックと15年
暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 


フォトブログ
 

過去記事

スポンサードリンク

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサードリンク