• 揚羽の日に決めたこと



    複雑なトライアングル → 「P House」



    昨日はコメント欄やインスタグラム
    たくさんメッセージありがとうございました。

    本当に犬が好きな人たちから集まる
    温かい言葉ばかりで、心にしみました。

    ネットって汚い言葉も溢れてるけど
    ここに寄せられるメッセージは面白くて
    楽しい言葉ばかりでありがたいです。
    本当にいつもありがとう。

    s-2209287_202209282233477b4.jpg

    今日はダラダラ綴る呟き日記なので
    軽い気持ちで読み流してほしいのだけど。

    昨日Twitterでも呟いたのですが
    ツイートした時、どうしようもなく
    げんなりしていたのでした。


    s-IMG_6978 (1)


    私はテレビをほとんど観ないので
    せめてネットニュースくらいは見ないと
    世の中がわからなくなってしまいます。

    それでざっくりとチェックをするのですが
    それだけでメンタルが気付かぬ内に
    結構やられてることがある。

    見たことも会ったこともない人の意見に
    無駄にものすごく腹が立ったりして。

    そういう経験、ありませんか?


    s-IMG_6979.jpg


    顔も知らないどっかの他人に憎しみを
    感じるとかアホらしくて仕方がないです。
    でもそれを誘発する仕組みになってる。

    自分と考え方が違うからムカつくとか
    そういう次元の話ではなくて、
    びっくりするほどエグい言葉のやり取りが
    繰り広げられたりしてるのが嫌です。

    誹謗中傷は止めましょうなんて言葉、
    中傷する人には微塵も響いてないだろうし
    逆にそれしかないんじゃないの?ってくらい
    溢れてるし増えているように感じます。

    s-2209283.jpg

    Twitterでの誹謗中傷の規制が
    先月辺り厳しくなったとアナウンスがあり
    あーよかったなあと思いました。

    しかし実際は何も変わっていないし、
    有名人のSNSには、こんなこと許されるの!?
    っていう言葉がたくさん投げつけられてる。

    ある有名人のアカウントについたコメントで
    こ、これはさすがにマズいのでは??
    という汚物のような言葉の数々に驚き、
    実は通報してみたことがあります。

    でもTwitterからの返答は
    「Twitterポリシーに反していませんでした」

    ……マジで?

    あれが問題ないとするならばつまり
    明確な殺害予告でもない限り
    すべてOKなのだと思いました。

    その人の見た目を酷く侮蔑する言葉、
    暴力で脅す言葉、家族をけなす言葉、
    全部「ポリシー上問題なし」でした。

    そりゃ減るわけがないわ。

    そもそも炎上系のYouTubeが再生を
    集めるくらいなのだから
    あらゆるプラットフォームは要するに
    「誹謗中傷OK!むしろバズるよ!」
    という姿勢なんだとすら感じてしまった。

    ガーシーのチャンネルはBANされても
    他のガセネタ誹謗中傷チャンネルは
    絶対にBANされないのはなんでだろ?とか
    基準がファジーな世界でもありますしね。

    s-2209287_2022092822454514c.jpg

    私だって何かを見て猛烈にムカついて
    頭の中で誰かに対する罵詈雑言が
    バンバン飛び交うことはよくあります。
    嫌いな人間もたくさんいます。

    でもその暴言を投稿しようとは思わない。
    会ったこともないその人にぶつけようとは
    思わないです。

    だってそんなことやってたら、人死ぬよ。
    確実に。

    木村花さんの件を自分がやってることと
    結びつけずに罪悪感なく誹謗中傷してる
    人が世の中多いのでしょうね。

    それどころか自分の書き込みは
    正義だと勘違いしてる人すらいる。
    はたからみれば正義とは対極のものだが。

    あとあれだけ誹謗中傷で溢れてたら
    自分のコメントだけが訴えられるとか
    考えないでしょうしね。

    それでもし誰かが亡くなっても
    「書き込んでたの自分だけじゃないし」
    ってケロッとしてんだろうな。

    s-2209286.jpg

    あと私は「論破」って言葉も嫌いです。

    昨今の「論破」って必ずしも
    まともな方が的外れなほうを議論で
    破ってることを意味していないからです。

    単に口が達者なほうが口喧嘩に勝った、
    それだけなのに「ハイ論破」と勝ち誇る、
    そんなのを見てるとバカバカしくて
    厭世観が強くなる。

    s-2209287.jpg

    ……とダラダラ綴りましたが
    昨日のツイートの通り、
    揚羽の誕生日に決めたこと、

    ニュースを読んでも人のSNSでも
    好きな動画チャンネルを見ても
    コメント欄は見ない。

    これを心がけて生活しようと思います。

    自分のアカウントにきたメッセージは
    ちゃんと読んでるから送って下さった方は
    安心してね!皆さんいつもありがとう。



    穏やかな一日を。
    人気blogランキング

    にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

    ↑ 兄さんの頭をほぐすようにひと押し
    下さると嬉しいです。
    いつもありがとう。。



    袖リブスウェット。


    PVアクセスランキング にほんブログ村
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 色々焦げたり、日に当たったり



    別館更新しました。
    今回はセーフ → 「P House」


    最近の我が家のニュースは
    ケトルを焦がしまして。

    s-2209222 - コピー copy

    野田琺瑯のアムケトルの白で
    シンプルながらオシャレなヤツだった。

    かわいすぎない無骨なデザインで
    とても気に入っていたのです。

    s-1504204 copy

    しかし焦がしちゃったんでね……。(小声)

    長年使っていて愛着あったけど
    買い換えとなりました。

    滅多に買い換えないものなのに
    同じのをまた、ってのもなー……
    と迷い今回選んだのがコレです。

    s-2209223.jpg

    コロンとしたフォルムがかわいい。

    ゴリゴリスタイリッシュなデザインとか
    派手なカラーにしてみようかとも考えたけど
    結局ひよってシンプルなものになりました。

    正直、前のものより使いやすいです。

    キッチンアイテムが新しくなると
    ちょっと気分が上がりますね。

    s-2209225.jpg

    ひなたぼっこするアゲハです。→ 動画

    ひなたぼっこといえば我が家の伝統は
    お日様半分こだったので、→ コレね
    ソロでいると少し寂しく感じてしまいます。

    s-2209227.jpg

    チマッとひとりで日なたにいる姿は
    たまらなく可愛い。。

    だからいつも隣に横たわってしまうのです。

    s-2209229.jpg

    なにそのお顔w
    くるんと巻いたおてて。

    全身丸まっててかわいい。
    撫で心地も最高。

    隣に寝転んだ私を見る顔が

    s-22092261.jpg

    ぽへぇ~…っとしててかわいい。



    日なたは分け合うしきたり。
    人気blogランキング

    にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

    ↑ ひなたのふたりをひと押し
    下さると嬉しいです。
    いつもありがとう。。



    色迷ったけど結局白。


    PVアクセスランキング にほんブログ村
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • あの頃の私



    その構えは何のため → 「P House」


    今日の散歩中、自転車に乗っている
    女の子とすれ違いました。

    s-2209184.jpg

    幼稚園か、小1くらいかわからないけど
    小さな自転車を漕いでいました。

    私の前方で、ぴたりと漕ぐのを止めて
    アゲハをじ~っと見つめる女の子。

    自転車のカゴには犬のぬいぐるみが
    入っていました。

    s-2209185.jpg

    可愛くデフォルメされたものではなく
    リアルに作られた感じのぬいぐるみ。

    女の子は口を開けてアゲハを見つめ、
    それからカゴのぬいぐるみを見ました。

    私にはハッキリ伝わってしまった。

    カゴに乗せたぬいぐるみに向けられた
    コレジャナイ感。

    自転車に乗せて連れ歩くほどの
    お気に入りなはずなのに。
    生きてる犬には敵わない、というあの
    どうしようもなく湧き出る気持ち。

    子供時代の私がずーーーっと強烈に
    抱き続けた想いです。

    s-2209191.jpg

    犬が飼いたいと何百回と交渉したけど
    ダメだった私の子供時代は、
    犬のぬいぐるみを愛でる時代でもありました。

    できるだけリアルに作られたものがよかった。
    かわいくデフォルメされたものよりも、
    本物の犬に近いようなものをいくつか
    買ってもらった記憶があります。

    でもダメなんだよね。

    感情に上手く折り合いを付けて諦めても
    私が欲しいのは、血が通った犬。

    私の願いは本物の犬と、相棒みたいな
    信頼関係を築くことだったのです。

    ↑これマジで幼児の頃から真剣に何より
    願ってたましたからね。

    幼児の願いが「わんこ飼いたい」ではなく
    「犬と確固たる信頼関係を築きたい」って
    なかなか渋いと我ながら思うのですが
    ガチなんです。

    s-pp.jpg

    ぬいぐるみたちは確かに大切にしていたし
    犬を飼う妄想に付き合ってくれる宝物でした。

    でも一歩外に出て、散歩中の犬とすれ違うと
    もう認めざるをえなかった。

    ぬいぐるみに対して抱くコレジャナイ感。

    s-P1260828_20220918183754079.jpg

    そんな子供時代を過ごした私には
    女の子が自転車のカゴと揚羽を交互に
    見た時のなんともいえない複雑な表情が
    ものすごく刺さってしまった。


    わかるよ、本当に。


    まんま、あの時の私だから。

    s-2209186.jpg

    急にリードから伝わるアゲハの力から
    今、私の横を犬が歩いている幸福を
    強烈に自覚しました。

    私が彼女くらいの年齢だった頃から
    長い年月の後、ぷくと出会った幸運も。

    s-100_1664.jpg

    私が漕ぐカヤックの先に
    ソニックがいた日の煌めきも。

    s-2209175.jpg

    こんなの、小さい頃の私からしたら
    何より焦がれた世界です。

    将来こんな犬たちがあなたの傍にいると
    あの頃の私に言ってあげたい。

    強烈に願った子供時代から時を経て
    大人になった私の前に満を持して現れ、
    「ただのペット」ではなく「心通う相棒」に
    なってくれた犬たち。

    s-14012551_20220918183349299.jpg

    見て取れるほどションボリしてしまった
    自転車の女の子の背中に
    「安心しろ!とにかく待て!」
    と心の中で密かに声をかけました。

    彼女が望んでいればきっと
    満を持して相棒犬と出会えるから。

    ちなみに私が年齢一ケタの頃、
    将来出会う妄想をしていた犬種は
    グレートピレニーズでした。

    s-P1000960.jpg

    色は合ってた。



    サイズが違ったけど。
    人気blogランキング

    にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

    ↑ ぷくさんのおケツをひと押し
    下さると嬉しいです。
    いつもありがとう。。



    揚羽のハーネス。


    PVアクセスランキング にほんブログ村
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ


ぷく スムースチワワ ♂
2002年7月9日~2017年7月9日

ソニック ロングチワワ ♂
2005年12月3日~

揚羽 スムースチワワ ♂
2017年9月28日~

ぷく、ソニックと15年
暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 


フォトブログ
 

過去記事

スポンサードリンク

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサードリンク