• ほぼ洪水 【湯村温泉 弘法湯】



    別館更新してます。
    ぷはっ!! → 「P House」


    だいぶ暖かくなりましたね。

    暑い時期は温泉にゆったり浸かる
    こともしなくなりそうですけれど
    これからの季節に最高な
    極上のぬる湯があります。

    s-3304191.jpg

    甲府の駅から車で10分ほどの
    老舗の小さな温泉旅館 「弘法湯」

    全11室の小規模な旅館です。

    建物はだいぶ年季が入っています。
    ラグジュアリーとは対極な雰囲気。

    しかし泉質にこだわる温泉ツウの間
    ではおなじみの宿らしいのです。

    実は私も温泉マニアの友達に
    「お湯が新鮮で豊富な宿を教えて」
    と尋ね、こちらを教えられたのでした。

    s-IMG_3703.jpg

    私が宿を選ぶ上で外せないポイント、
    部屋のWi-Fi環境は良好でした。
    ワーケーションも大丈夫。

    あと建物は古いけれど
    お部屋のトイレは新しいもので
    バリアフリーにリノベされていました。

    「とにかくウチはすごく古いから ( ; ›ω‹ )」
    と女将さんがしきりに仰っていたけれど、
    エアコンも新しいものが設置されていたし
    宿側の努力を随所に感じます。

    さて、ここへ来た目的は極上湯です。

    s-2204195.jpg

    男女別の浴室がひとつずつ、
    そして貸し切り風呂がひとつあります。

    たまたまこの日は夕食前までの時間
    女性客が他にいないとのこと!
    つまりふたつとも貸し切りです!
    ラッキーーーー!

    まずは貸し切りの内に女湯へ。

    s-2204193.jpg

    尋常じゃないオーバーフロー。
    ほぼ洪水。


    湯があふれてあふれて
    もはや洗い場と湯船の境目がない。

    s-2204194.jpg

    湯量が豊富とは聞いてたけれど
    ここまでかけ流れているとは……。

    この勢い、お湯の量が伝わるでしょうか。

    オーバーフローの勢いがすごすぎて
    床にトラベル用のシャンプー置いたら
    流されていきました。

    排水溝がゴォーゴォー鳴ってます。。

    s-2204196.jpg

    こんなに新鮮なお湯に入れるのが嬉しい。

    そしてなんといっても38度のぬる湯。
    永遠に入っていられる温度なのです。

    身体に負担がなく、湯疲れしない。
    春夏にぴったりの極上湯であります。

    次はもうひとつの貸し切り風呂へ。

    s-2204197.jpg

    こちらも大洪水。

    期待を越えていく湯量。

    s-2204198.jpg

    浴槽がさほど大きくないのでその分
    お湯の入れ替わりも早くていいですね。

    私が大きなホテルの大浴場を苦手とする
    理由にはお湯の鮮度問題もあるので。。

    s-2204199.jpg

    どんどん新しいお湯に入れ替わる。
    こんな贅沢あるでしょうか。

    人生で最も長湯した一日でした。

    ちなみに男湯も洪水状態だそうです。

    リーズナブルなお宿だけど
    ゴハンも美味しかったよ。

    s-s-IMG_3708.jpg


    s-s-IMG_3714.jpg

    露天風呂とか無いし、
    建物も相当年季が入っているし
    正直なとこ万人受けしないだろうから
    ブログに書かないでおこうかとも
    思ったんですが、暑い季節にはやはり
    こちらのお湯は最高だと思うのです。
    泉質にこだわる方には特に。

    冬は熱めのお湯の温泉へ行くけれど
    暑い季節には毎年来たいくらい
    素晴らしいお湯でした。


    お風呂ソニぼん。
    人気blogランキング

    にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

    ↑ お風呂ぼんをひと押し
    下さると嬉しいです。
    いつもありがとう。。





    PVアクセスランキング にほんブログ村
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • りんごぷかぷか 【中棚荘】



    別館更新してます。
    じっと見た後にソニぼんは…… → 「P House」


    s-2203294.jpg

    冬季限定の「りんご風呂」行こう!
    と言われましても、正直なところ
    あまり食指が動きませんでした。

    お湯にりんご浮かんでることより
    泉質を重視したい。

    しかしりんご風呂だけでなく
    「食事がとても評判いい料理宿」
    なんですって。行きましょう!

    s-2203293.jpg

    長野県小諸市にあります
    島崎藤村ゆかりの宿 「中棚荘」

    藤村といえば
    「まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき」
    で始まる詩が浮かびますけれど

    なるほど!それでりんご風呂か!
    とやっと気付いた次第です。

    s-2203295.jpg

    クラシカルな雰囲気のラウンジ。
    建物は新しくはないですが
    落ち着いてくつろげる雰囲気でした。

    お部屋は一般的な温泉旅館の和室で
    個人的に気に入ったのが
    窓際に文机があったところです。

    s-2203296.jpg

    テーブルだけでなくこういうスペースが
    あるとワーケーションにも良いです。
    部屋のWi-Fi環境も良好で、今回
    パソコン持参で行った私にとって
    非常に快適なお部屋でした。

    さてお風呂に行くよ!

    s-2203297.jpg

    結構階段上がるんだな……と思いつつ
    上がっていくと辿り着いたのは男湯でした。

    女湯はそこからさらに進みまして

    s-2203298.jpg

    めっちゃ上がるじゃん。

    しかしこれだけ上っていくので
    お風呂は高い場所にあり、つまり
    露天風呂の見晴らしが良いのです。
    なので頑張って上がります。

    そして噂のりんご風呂は

    s-2203299.jpg

    やったー!誰もいない♪
    チェックイン時刻にすぐチェックインし、
    お風呂へ直行してよかった。

    小一時間入ってましたが
    最後まで誰もきませんでした。嬉しい。

    s-22032971.jpg

    ほのかにりんごの良い香りがします。

    でも私は内湯のりんご風呂より
    露天風呂が気に入りました。

    s-IMG_3346.jpg

    階段を上がってきた分
    見晴らしも良いです。

    s-22032972.jpg

    済んだ空を見ながら入る時間は格別。。

    s-22032975.jpg

    あぁ……ストレスが溶けてゆくよ。。

    私は温泉にゆっくり浸かることを
    第一の目的にしているけれど
    たぶんこの宿の売りは食事だと思います。

    ご当地食材を使っているだけでなく
    自社農園でもいろいろ栽培していて
    こだわりと工夫のあるお料理が並びます。

    s-s-IMG_3353.jpg

    評判通り大変美味しい。

    どちらかというと温泉マニアより
    食好きな方が楽しまれる宿なのかな
    という気がします。

    s-s-IMG_3356.jpg

    デザートはりんごプリンでした。
    ここでもりんご。

    混む時間帯を避けて深夜にお風呂へ
    行ったらまた誰もいなくて独占でした。

    真っ暗な星空の下でひとり入る深夜の
    露天風呂が私は大好きで、一番安らぐ
    特別な時間です。この時間が欲しくて
    温泉旅をしているといっていい。

    s-22032978.jpg

    特筆すべき特徴があるわけではないので
    どう説明していいかわからないのですが
    非常に居心地の良い宿でした。
    個人的には過去一くつろげた気がします。
    接客も完璧で、何かと行き届いてました。

    温泉という自然の恵みでチャージ完了。
    また明日から頑張る。


    唇がつきたてのお餅のよう。
    人気blogランキング

    にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

    ↑ 俺氏か私のデコをひと押し
    下さると嬉しいです。
    いつもありがとう。。





    PVアクセスランキング にほんブログ村
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 湯力にまいりました 【旅館深雪温泉】



    別館更新してます。
    答えは「ひとっ飛び」 → 「P House」


    温泉ガイド本を見ていて
    「是非ともこのお湯に入ってみたい!」
    と憧れる場所はいくつもあります。でも

    秘境すぎて携帯が圏外
    冬季は雪がすごすぎて閉鎖
    駐車場から宿まで山歩き2時間

    などと聞くと
    すごすご引き下がるしかありません。
    そんなガチ勢じゃないんです、と。

    しかし朗報です。
    私でもいけるお湯トップクラスの宿が
    ありました。

    s-2201201.jpg

    山梨県の「旅館深雪温泉」です。

    全15室の小規模旅館。

    とにかく私は混んでるお風呂が
    嫌いなので部屋数20以下がいい。

    s-2201205.jpg

    そしてなんといってもこちらは
    自家源泉を持つ宿なのです!

    自家って響き、良いですね。

    「自家製クッキー」とか「自家製味噌」
    とか聞くとつい買っちゃう私は
    「自家源泉」にも弱い。

    s-2201206.jpg

    深雪温泉は毎分1415リットルという
    圧倒的な湧出量を誇っています。

    温泉通なら知らない人はいない
    源泉ドバドバ温泉なのです。

    毎分1415リットルてドラム缶7本だそう。

    湧出量が豊富すぎて、
    プールみたいに広い浴槽から
    ザバザバとお湯が溢れっぱなし。

    s-2201204.jpg

    尋常じゃないオーバーフロー。
    洗い場も温泉浸しです……。

    これほど新鮮で豊富な湯が
    他にあるでしょうか。

    s-2201202.jpg

    「山梨県内でも、もっとも贅沢な温泉です」
    と強気な文言が書かれていますが
    それくらい言うだけのことはあります。

    加水なし、加温なし、循環なし、消毒なしの
    正真正銘の源泉かけ流し!そしてこの量!

    大量の源泉がドバドバ投入されているのを
    見ていたら、多少建物が古いこととかは
    どうでもよくなりました。

    s-2201207.jpg

    とはいえ三階建てでエレベーター無し、
    街中の宿なので窓からの眺望は良くない
    等の理由で、人によってレビューが
    分かれるところはありそう。

    客室のほとんどが三階にあり
    お風呂は一階なので、入りに行くたび
    階段を上り下りしなくてはならないので。

    部屋もシンプルな和室ですし
    ラグジュアリーさを求める方には
    不向きかもしれません。

    しかしお湯にこだわる方には最高な宿
    であることは間違いないと思います。

    s-2201211.jpg

    私が宿を選ぶ際に
    譲れないポイントである
    部屋のWi-Fi環境も良好でした。
    (譲れないの、そこかよ……)

    あとゴハンが美味しかったです!

    s-s-IMG_1773.jpg


    s-s-IMG_1778.jpg

    山奥の秘湯には行けないけれど。

    こんなアクセスの良い場所で
    こんな名湯に入れるってステキ。

    余談ですが松本人志さんのサインが
    飾ってあって、松っちゃんも来たのか
    と思いながらお湯に浸かりました。笑



    お風呂ぼん。
    人気blogランキング

    にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

    ↑ かわいい揚羽のお手々をひと押し
    下さると嬉しいです。
    いつもありがとう。





    PVアクセスランキング にほんブログ村
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ


ぷく スムースチワワ ♂
2002年7月9日~2017年7月9日

ソニック ロングチワワ ♂
2005年12月3日~

揚羽 スムースチワワ ♂
2017年9月28日~

ぷく、ソニックと15年
暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 


フォトブログ
 

過去記事

スポンサードリンク

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサードリンク