どの子が特別?




ぷくとソニック → 「P House」



ぷくは私の初めてもわんこであり
バディ(相棒)のような存在だったので
天国へ見送った時の辛さは
言葉にできないものがありました。

ソニックよりぷくがカワイイんでしょ、
みたいなピントがズレたコメントを
されたこともあったし、唯一無二、
代わりのきかない存在だったのは
確かで、あれより大きな喪失感は
たぶん無いだろうと思ってました。


s-2109103.jpg


ではソニックを見送った時は
少しはマシだったのかといえば、
そんなこと全くなかった。

経験してるから免疫ついてたとか、
年齢的にも心の準備はあったから
ダメージ少ってこともなかった。


2109111.jpg


ソニックが苦しい時間はなるべく短く、
できるだけピンピンコロリで、という
願いには近い最期だったかもしれない
けど、だからといって失った悲しみが
軽減されるかといえば、それはまた
別の話だと今回知りました。


引き取った12年前のあの日から
大好きでしかたなかったわけだから。


そりゃこんな感じになりますよね、
っていうことなんです。


2109113.jpg


オークランドで過ごした年月も、
大好きな東京で過ごした年月も
めちゃくちゃ充実したわんこライフで
それを創ってくれたぷくソニコンビは
私にとって疑う余地無く特別でした。


では揚羽はどうなのか。


2109114.jpg


信じられないくらい可愛い。
唯一無二。

予想外なくらい
「コイツこそ我がわんこ!」な
存在です。

結局こうなるんですよ。

ぷくだけじゃなかった。

どの子もみんな大切に可愛がってます~
とかいうキレイゴトの次元じゃなくて、
出会っちゃったらもうアウトなんですね。

降参するしかない。

唯一無二で、全身全霊で
この犬が好き。大切。

だから見送った時は、地獄。
これが完全にセットなんです。

そこはあきらめるしかないんですね。


2109116.jpg


私は物心ついた時から動物が好きで
特に犬がほしくてほしくて
子供の頃から頭の中の結構な割合が
動物で占められてるという
ちょっとアイタタな人間です。

その動物愛、犬愛を人に語ると
引かれるレベルな自覚があるから
こんなブログをやっているわけで。

外で語るのを抑えている分、
ここでは思う存分、犬への愛を
ぶっ放して語れるので。

犬への興味が薄い人はこんな
犬愛がくどいサイト見に来ないから。


s-15071352_20210912194400051.jpg


だから強烈なロスを経験することも
私の人生はきっと折り込み済みで、
犬からたくさんギフトをもらってる。

そういうもんなんだろうと思いつつ
ぷくやソニぼんのことを未だに
毎日考えるし、今でも大切です。



子カバ爆誕。
人気blogランキング

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村

↑ 私を待つふたりをひと押し
下さると嬉しいです。
いつもありがとう。



サマーカーデ♥


PVアクセスランキング にほんブログ村
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ちわわん生活 VOL.2の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

青森りんご

どの子もオンリーワンでナンバーワン…その通りですよね(>ω<。)

たろママ

降参ですか!
とてもしっくりくる言葉でした。
ストンと落ちた。
出会ってから見送るまでがセット。
ペットショップに掲示してもらいたいですね。

いくみ

ノリさんすごい共感です!
それぞれのコに対する感覚は違っても、うちのコになったらどのコも唯一無二ですよね♡
そして私も小さい時から犬好きで、でも飼ってもらえず、さらに犬愛が増してアイタタです(;^ω^)
そのせいで仕事もお家も犬まみれです✨
ノリさんの文章はステキなので、これからも無理のない程度で続けて下さいね!

かとちゃ

お相手の犬もそれぞれだから、
相棒とか、息子とか、いろんな存在感があると思うけど、
いま一緒に暮らしてる子が可愛くて、
もう会えない子たちはずっと愛しいままですね。

アゲちゃんの上目遣い!可愛すぎて腰抜ける!
私は、犬愛あふれるブログに出会えて幸せです。

はなこ

ノリさんのサイトにたどり着いて早3年、それはワンコを病気で見送ってものすごい喪失感で犬情報をとにかく飲み込みたかったからでした。
毎日毎日拝読することで、またブログに出会う前の記事を遡ることでノリさん、ぷくくん、ソニックくん、揚羽くんに勝手に親近感をもってしまい家族にの話題にもさせて頂きました。
私はノリさんの今日のブログ、
丁寧に丁寧に、1つずつの文字を紡がれていて
心にすとんと、ああこういうことだったんだと
犬愛を再認識しました。
素敵なブログをありがとうございます。
わたしも今そばに居る2代目わんこが
とにかく愛おしい。
大事にします。

ままめる

一枚目の写真、素敵ですね。
ノリさんとプクさんが見つめ合ってて。
恋人のような、兄弟のような、親子のような、親友のような。
わんこの出会いも縁だと思います。
沢山の生き物がいるこの世界で出会った1人と1わんこ。
出逢うべくして出会った仔たち。
私も大切な大切なわんこをそれぞれ亡くしましたが、
今もそしてこれからもずっと心にいます。

Jin

そうですよね。
一言で言っちゃうと「ウチの犬」なんですけど
それぞれ違った存在でそれぞれ特別なんだと思います。

とはいえ死ぬっていうことをより理解してる分、
介護を重ねた分、
ちゃんとケアしてあげられるようになった気がします。
前の子の思い出が次の子に繋がって…。
ただ、人生初の次を迎える前にお別れしてしまったところ、
いまだに巡り会えないまま過ごしてますね…
この喪失感よ……

のん

関係性ってありますね♪
こんにちは。
人同士と同じく、犬×人でも関係性ってありますね~
尊敬してやまなかった私の相棒はず-っと前に亡くなり、半身を失った様な痛みでした。
けど見送る事が嫌じゃない。と感じるのは一人暮らしの私が見送られたら大変!と思うから。
闘病中の疲弊も含めて、動物を家族に出来て幸せです♪

えもす

犬愛くどい 最高です😁
私もコッテリしている自覚あります。
意識してたワケじゃないけど、親しい友人は
やはり動物好きが多いですね。
今日のぷくさんもソニックも揚げやんも
いい顔しています✨


せらちょん

愛にランクなんてありません。
目の前の子が一番なのは当たり前です。
だからと言って他の子が二番とか、そんな話ではないですよね( ・̀ꈊ・́ )

出会えばどんな形であれ必ず別れはやってきます。
色々な感情、全てを受け入れるしかないのですが、これが生きるということなんでしょうね。

犬愛ダダ漏れのブログ大好きです💓

ゆがみ

のりさん、約9年前から毎日欠かさずブログを読んでます。
のりさんの言葉、すごく共感できます。
私も3匹わんこがいて、どこの子も特別なんです。大好きです。なくてはならない存在。
でも、この永遠みたいな時間は永遠でないこともわかってます。だから今が大切。
わんこと暮らすのってかわいい、楽しいだけではないですよね。どの家庭もそれなりに大変なこともあるし、うまくいかないこともある。側から見たら、簡単なことのように思えるけど、それだけじゃない。出会って、暮らして、お別れするまで大事に大事に生活する。
喋らないからこそ、楽しいって、幸せって思ってくれてたらいいなって、私の気持ちがちゃんと伝わってたらいいなって思う毎日です。

メロンパン

コッテコテの犬愛、どの子が1番とかそーゆー次元ではないですよね。私も動物愛が溢れ出ちゃうタイプなので、幼少期に飼ってた亡きインコも未だに愛してやみませんし、今は12歳のチワワを猛烈に超絶愛してます。人間の男にはこんな感情抱いたことがないのがちと寂しいところではあります。

iBouncer

何かわかります。自分で飼った動物は1匹としていませんが

でもノリさんはツヨイですね。家の母ならどうにかなってるかも。

ウチは母親が、ザ・地方の農家って感じの農家の出で、子供の頃いやというほどネコやウサギや犬を飼っていたので、車にひかれるとか、死別とか別れが寂しいので自ら飼わないし、自分たちがねだっても飼わせてもくれない人で、今もそれは貫かれています。
まあもっとも母方の祖父は一部食料的に飼っていたのが母にはトラウマな可能性もありますがw

いずれにしてもそれは愛情深いがゆえの事で、それは動物だけじゃなく、母の姉(自分から見たら伯母)がガンで闘病の末、早世した時はすごかった。よくメンタルやられなかったと思う。

で、自分にはその時の和尚の一言が今でも印象深いです。当時中学生のガキには全くわからない事が多かったけど、今となっては深いなと思います。

人にはそれぞれ役割があり、その人が背負えるだけのモノしか神・仏はお預けにならないんだ、と
寿命も同じでその人がなすべき事をなすのに十分な、見合った長さになってる的な事をいってました。
(もう20年ぐらい前で一言一句までは覚えていないけど)

こういうのを業とでもいうのでしょうか...

みゆまま

いつもありがとうございます!
私も子どものころから生きものたちのことで頭がいっぱいなので
どんどん動物愛をさらして下さい!お願いです笑

どの子も特別ですよね!

ビビママ

ノリさんのブログに出会ってしまって、私の犬人生がまた動きだしましたが、子供の頃から飼ってきた犬も今の犬も、どの子もみんな可愛いです。出会えた事に感謝〜 順番付ける必要なんてないなっし〜
ノリさん、気持ちが落ち着いてきたら、ぜひアゲハ君の相棒をお迎えしてみてもいいのではないでしょうか?きっとすばらしいニイチャンになると思います。それは身代わりでも何でもなくて、ただただハッピーが何倍にもなるって事知ってますから(^-^)

めぐみ

そうですよね、そうでしょうとも!
神様に頂いたうちの子は、みんな特別で、みんな唯一無二で、みんな一番です!!

Sabikappa

分かりますー
凄く分かります!

そのこそのこ1頭1頭がオンリーワンの存在で何のにも替えがたく、見とる地獄を知っていても、出会ってしまったら、覚悟決めるしかない。その日が来るまでは、出会えたことに感謝してうちの子になってくれてありがとうっていつも思っています。

if

何とでも言ってくれ
自分の年齢や心の成長に関係しているのか 第一子は相棒の様になりますよね。
まぁ…そうじゃない方もいらっしゃるのでしょうけど。

私は第一子を看取ってから20年になりますが、まだまだ 会いたくてしょうがないし、まだまだ涙も出ます。
誰に何と言われても 会いたいし寂しいし悲しくて仕方ないんですもの。

共感なんてして欲しくないし。

しかし…のりさんの文章力には驚きますね
人を引き込む力があります。
もしかして本職ですか?
だとしたら納得ですが。
これからもクスっと笑わせてくださいね。

「1日に一回は笑う」
私はこれを大事にしています。

のあ

ノリさん、こんばんわ!

昔、『人との出会いは偶然でなく必然だ』と言われたことがあります。
わんことの出会いもそんな気がします。

ノリさんのブログとの出会いもニュージーランド時代、ブログを始められてからですから長いです。
ノリさんを通してぷくちんやソニぼんを知り、あげちょんも。。こんなに長い間ノリさんのブログにお邪魔させてもらって勝手に『偶然じゃなく必然なのかなぁ』って思ってます…(;^∀^)

すいか

ジ~ンって感動して読んでたら
あげやん爆誕の写真でブハッと
笑ってしまった(╥﹏╥)

うずまき母

カバやん、最高〜〜i-278

私もうちの子の子カバ時代に会ってみたかったな〜♪

AI

1枚目の写真、本当にステキです。人と飼い犬じゃなく、カップルですね❤️是非カレンダーに😊

5枚目の写真、手が、お化けだじょ、こわいじょっていってるみたい笑
10月のカレンダーに載るかな😊

れりぱ

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
どの子も可愛い、色んな可愛さがあってどれが一番なんて順番はつけられません。

でも犬側からはどうなんだろうって、時々考えます。
多頭飼いしてると、ベタベタに甘えに来る子をやっぱり一番撫でてるような気がします。
その子が『ボクが一番(^^)v』って勘違いしてそうで、ちょっと反省(^-^;

ほむこ

ブログ、ありがとうございます!

私も、ワンコ大好きで、生まれた時から側にいました。
みんな大好きで、新しい子が来たから前の子を忘れるわけじゃなくて、どの子も唯一無二の存在なんです。

出会ってしまったら、アウト!わかります。
見送るときの苦しみもわかっているのに…

と、いつも以上に強く共感させていただきました。

大福ママ

犬飼の覚悟ですね

私もトイプードルの大福さんが初めての子です
小さな頃から犬が飼いたくてようやくお迎えしました。
まだまだ若いですが今からその時の覚悟を想像してみたりしています。
きっと想像以上なんだろうな。とか
あたしはその時大丈夫なのか?と考えてしまいますが、後悔しないように大切に大切にしていこうと思います!!

プクさんの時からずっとみさせていただいているので、色々参考にさせて貰ってます!

あげちょんにもよろしくですw

とこ

私も引かれるレベルな
自信(自負⁈)あります!ヽ(´▽`)/

ぽち☆

もの凄く共感しながら読ませて頂きました。
そしてコメントする方々の言葉にも共感したり納得したり。。。

ノリさんは文章力高い方で、今日の記事のように凄く文字におこし、表現する事ができる方だと思っていますが、クレバーな分、敢えて書ききれないor書かれていないことが有ると思います。
Pukuちゃんやソニぼんが旅立った後、私は大丈夫です的に書かれていた時、逆に
(勝手に)その喪失感や深い悲しみを感じてしまいました。(勝手な解釈でごめんなさい。)

私自身もわんこと暮らし始めてから、ペットという言葉じゃなく、
まさしく家族、相棒という感覚がしっくりくるようになりました。
また、失った悲しみや心に空いた穴の痛みもわんこと暮らした方なら多少なりともわかると思います。

初代わんこ(♂)を失った後、他の知人(その人は別れが辛すぎて2度とわんこ飼わなくなりました)
”よく、また飼う気になるね”みたいな事を言われましたが・・・
結局、女の子ばかりですがペアで現在も暮らしています。
この愛しい日々の先に、あの慟哭の日々が待つことを知っていながら・・・私は究極のMか?と思いつつ、でも、こんなに愛おしい存在と出会ってしまったら・・・ノリさん語録じゃないですが、
未来の地獄もセットで受け入れてしまうしかないんですね。

初代わんこは我が家の裏庭で眠っていて、その横で現在のわんこ達が走っています。
本当は初代わんこをノビノビ遊ばせてやりたかったんですが、少しだけ夢を実現に移せたのはまさしくわんこ達のお陰。
おかげで老後は不安だらけだけど、わんこのいない人生は考えられない。

我が家のわんこ達同様、このBlog&プクソニちゃん、アゲハちゃん達との出会いはまさしく運命。そして、最高の幸せです。
なんか支離滅裂ですみません。
これからも、ノリさんのBlogを読み続けたいと思う私です。
ありがとう、ノリさん。


いまこ

唯一無二
わかります。。。
愛犬を見送るのは、何回体験しても慣れない。
2回目だから、大丈夫ってことは無かったです。
ソニックよりぷくの方が可愛いなんて事、ある訳ないのに。。。どの子が一番なんて、順位つけられるわけないよね。多頭飼してる人、みんなそうなんじゃないかな。。。?

蘭s's母

ぷくくん=かけがえのない相棒
ソニックくん=最高の癒し(一番おっとり見えるけど実はサンニンの中で一番頑固) 
揚羽くん=やんちゃで可愛い最愛の息子

なのかなあと推測しては、勝手に我が家と重ねて拝見していました。

私にとってソニックくんのポジションが昨年逝った花蘭。
ぷくくんのポジションのハナコと花蘭は会ったことすらありませんが、
ぷくくんとソニックくんの仲良さを見ては
ハナコと花蘭が一緒に生活しているのを想像してほっこりしていました。

そんなこともあり、ソニックくんの訃報は、
花蘭の二度目の旅立ちのようで空虚感が増しています。

同時に、ヒトリになった蘭丸と揚羽くんを重ねて見ては
なんとかフタリだった時の表情戻れば幸せだな、と勝手な希望をもったりしています。

蘭s's母

2投失礼します。
頑固なんて言ったらソニックくんにも花蘭にもおこられます。
(何か言ってるけど、まあいいか、とスルーされるかもですが)

ふわふわマイペースちゃんです。
ソニックくん、花蘭、失礼しました。

ねこはは

1枚目の写真が本当に素敵過ぎて!
刺繍で残したい!と思いました。刺繍したことないけどw
とあるCMの「凄い順位とか気にするよね」というセリフを思い出しました。
順位なんて、もしあったとしてもどうでもいい事だと思うんだけどなぁ…大事な事って人それぞれなんですね。
ぷく兄もぼんくんもあげちょんもいつだって幸せそうで、でも誰よりもノリさんが幸せそうに見えます(*´꒳`*)

サカママ

昔、ソニぼんが来た後にも
ぷくちゃんとソニぼんの愛情がどうのこうのと言ってた方いましたよね。
今回も思いましたけど、
どの子にどのぐらいの愛情とか他人が気にする必要ないのに。
私も縁があって3匹のわんこと暮らしました。
なのでどっちがどう、とかないの理解できます。
そういう問題じゃないし、好きな順番が仮にあったとしても別にいいのに。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

ノリ

Author:ノリ
メールはコチラ


ぷく スムースチワワ ♂
2002年7月9日~2017年7月9日

ソニック ロングチワワ ♂
2005年12月3日~

揚羽 スムースチワワ ♂
2017年9月28日~

ぷく、ソニックと15年
暮らしたニュージーランド
から日本へ引っ越しました。

犬との生活のあれこれを
ダラダラ綴ってます。


ブログ内の画像の無断使用・
転載はご遠慮ください。



連載中
 


フォトブログ
 

過去記事

スポンサードリンク

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ内検索

スポンサードリンク